「PIAA NAKAJIMA」、新シーズンへ向けて発進!

2005.03.18 自動車ニュース

「PIAA NAKAJIMA」、新シーズンへ向けて発進!

中嶋悟総監督率いるレーシングチーム「PIAA NAKAJIMA RACING」の体制発表会が、2005年3月17日に行われた。


中嶋悟総監督とは長い付き合いとなるPIAAは、今年も「NAKAJIMA RACING」をサポート。スーパーGTの「EPSON NSX」には、ランプなどの製品面での支援も行うという。写真は、体制発表会に華をそえた「ミスPIAAガール」たち。

PIAA NAKAJIMA RACINGといえばフォーミュラ・ニッポンとGT選手権。2002年にラルフ・ファーマンがタイトルを取って以来栄冠から離れているフォーミュラ・ニッポンでは、アンドレ・ロッテラーと小暮卓史のコンビで引き続き戦う。
昨年、ロッテラー2勝、小暮1勝と計3回の勝利を手に入れたものの、最終戦のタイトル争いでロッテラーが破れ、惜しくもランキング2位という成績に終わった。その雪辱を晴らすべく、昨年同様「5勝」というターゲットを中嶋総監督は掲げた。

一方の全日本GT選手権(JGTC)改めスーパーGTには、カーナンバー32「EPSON NSX」で参戦。ドライバーは変わらず、ロッテラーと松田次生のペアで臨む。
昨年、日産、トヨタの後塵を拝し苦戦を強いられたホンダ勢のなかで、EPSON NSXは名門チームの意地を見せ1勝を勝ち取った。今年は、3リッターV6ツインターボを熟成させ、シャシー面ではコーナリング特性を向上させたというNSXで復活を遂げたい。

(webCG 有吉)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。