「スバル・レガシィ」、16年で300万台がラインオフ

2005.03.16 自動車ニュース
 

「スバル・レガシィ」、16年で300万台がラインオフ

富士重工業は、同社の主力車種である「スバル・レガシィ」の世界累計生産台数が300万台に到達したと、2005年3月14日に発表した。

 

“遺産”という名を与えられた「スバル・レガシィ」は、「レオーネ」の後継車として1989年に国内デビューを飾った。スバル伝統の水平対向エンジンを心臓とするセダン&ツーリングワゴンは、富士重工業の技術力を結集したモデルとして市場に投入され、以後、スバルの看板車種として成長を遂げた。特にワゴンバージョンは、このクラスのベンチマーク的存在として定評を得るに至った。


「アウトバック」現行車
 

初代から欧米市場でも販売され、また1989年9月からは米国の生産拠点スバル・いすゞオートモーティブインク(SIA/現スバルオブインディアナオートモーティブインク)でもつくられるようになった。

ワゴンとSUVのクロスオーバー「アウトバック」(当初は「グランドワゴン」「ランカスター」のネーミング)は、1995年に発売。レガシィ・シリーズの台数増に一役買った。

現行車は2003年5月発売の4世代目にあたる。

【累計300万台の内訳】
国内生産/SIA/生産合計
初代(1988年11月発売)62万444台/20万4168台/82万4612台
2代目(1993年10月発売)49万5471台/46万6354台/96万1825台
3代目(1998年6月発売)43万4624台/46万7447台/90万2071台
4代目(2003年5月発売)20万4776台/10万6716台/31万1492台
累計 175万5315台/124万4685台/300万台

(webCG 有吉)

 


スバル:
http://www.subaru.co.jp/

関連キーワード:
レガシィB4レガシィアウトバックスバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • スバルが「インプレッサ」を一部改良 アイサイトの機能強化 2017.9.11 自動車ニュース スバルは2017年9月11日、「インプレッサ」に一部改良を実施し、同年10月5日に発売すると発表した。先進運転支援システム「アイサイト」の夜間走行における歩行者認識性能を強化したほか、後退時自動ブレーキシステムを追加した。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
ホームへ戻る