「スバル・レガシィ」、16年で300万台がラインオフ

2005.03.16 自動車ニュース
 

「スバル・レガシィ」、16年で300万台がラインオフ

富士重工業は、同社の主力車種である「スバル・レガシィ」の世界累計生産台数が300万台に到達したと、2005年3月14日に発表した。

 

“遺産”という名を与えられた「スバル・レガシィ」は、「レオーネ」の後継車として1989年に国内デビューを飾った。スバル伝統の水平対向エンジンを心臓とするセダン&ツーリングワゴンは、富士重工業の技術力を結集したモデルとして市場に投入され、以後、スバルの看板車種として成長を遂げた。特にワゴンバージョンは、このクラスのベンチマーク的存在として定評を得るに至った。


「アウトバック」現行車
 

初代から欧米市場でも販売され、また1989年9月からは米国の生産拠点スバル・いすゞオートモーティブインク(SIA/現スバルオブインディアナオートモーティブインク)でもつくられるようになった。

ワゴンとSUVのクロスオーバー「アウトバック」(当初は「グランドワゴン」「ランカスター」のネーミング)は、1995年に発売。レガシィ・シリーズの台数増に一役買った。

現行車は2003年5月発売の4世代目にあたる。

【累計300万台の内訳】
国内生産/SIA/生産合計
初代(1988年11月発売)62万444台/20万4168台/82万4612台
2代目(1993年10月発売)49万5471台/46万6354台/96万1825台
3代目(1998年6月発売)43万4624台/46万7447台/90万2071台
4代目(2003年5月発売)20万4776台/10万6716台/31万1492台
累計 175万5315台/124万4685台/300万台

(webCG 有吉)

 


スバル:
http://www.subaru.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レガシィB4の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサ プロトタイプ(4WD/CVT)【試乗記】 2016.9.10 試乗記 発売が間近に迫った新型「スバル・インプレッサ」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。スバルのこれからを担う次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」や、直噴化された「FB20」型エンジンの出来栄えを確かめた。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
  • スバルWRX S4 tS NBR CHALLENGE PACKAGE(4WD/CVT)【レビュー】 2016.11.30 試乗記 STI史上最強の「S207」に準ずる運動性能を身につけながら、快適性も考慮されたというコンプリートカー「スバルWRX S4 tS」。STIのスポーツパーツを全身にまとったその走りを、「NBR CHALLENGE PACKAGE」で試した。
  • スバル・レヴォーグ2.0STI Sport EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.10.17 試乗記 スバルのワゴン「レヴォーグ」に、「STI Sport」を名乗る最上級グレードが登場。一体、どんな走りを見せるのか? 排気量の異なる2タイプのうち、よりパワフルな2リッターモデルで、その実力を試した。
ホームへ戻る