【スペック】2.0XT:全長×全幅×全高=4485×1735×1585mm/ホイールベース=2525mm/車重=1460kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(220ps/5500rpm、31.5kgm/3500rpm)/価格=242万5500円(テスト車=288万2250円/HIDロービームランプ+ビルトインHDDナビゲーションシステム+VTD&VDC+セルフレベライザー+スポーティパッケージ+クリアビューパックのセット)

スバル・フォレスター2.0X(4AT)/2.0XT(4AT)【試乗記】

そっけない?いや、頼もしい 2005.03.15 試乗記 スバル・フォレスター2.0X(4AT)/2.0XT(4AT)……256万2000円/288万2250円2005年1月27日、スバルのクロスオーバーSUV「フォレスター」がマイナーチェンジされた。内外装の変更に加え、機能面の向上も図られたニューモデルに、自動車ジャーナリストの笹目二朗が乗った。

“ポロポロ”はないけれど

「フォレスター」は1997年に登場、北米市場を主たる市場として、累計87万台が販売されている。この度、外観上は写真でご覧のようにランプ類やラジエーターグリルなど前後の表情を一新し、エンジンやサスペンションも改良を受けた。

エンジンは等長のエグゾーストマニフォルドが採用され、従来の排気干渉による“ポロポロ”という、独特のスバルサウンドはなくなってしまったが、吸排気効率を高めて低中回転域のトルクを向上させ、市街地などで多用する実用加速を使いやすいものにした。
フォレスターに用意されるチューンは2種。2リッター水平対抗4気筒SOHCの140ps/5600rpm、19.0kgm/4400rpmと、ターボ版DOHC260ps/6000rpm、35.0kgm/2400rpmである。

NAが好印象

乗った印象を簡単に述べよう。車両重量をみると、NAは1400kg、ターボは1460kg。前後重量配分では、前輪40kg後輪で20kgの違いとなる。ノーズの重さは回頭性に直接影響を与えるが、この場合にも例外ではなく、NAエンジン車はターボ車より軽快な操縦特性を得ている。エンジンパワーに関しては、たしかにターボの圧倒的な威力は認められるものの、2リッターの動力性能もなかなか。排気音などはNAが澄んだ快音を発するのに対して、ターボはややザワザワした感じの粗い音となる。価格差は25万2000円。
……というようなことから、総合的にはNAエンジンの2.0Xの方に良い印象をもった。

フォレスターの美点はいろいろあろう。フラットで快適な乗り心地のよさであるとか、高い視界による運転の安楽さとか、路面を選ばない走破性の高さとか。SUVというジャンルにこだわらず、普段の実用的なアシとしても便利なクルマで、サイズも持て余すほど大き過ぎないから、レガシィワゴンのような感覚で普通に使える。日常生活でも、NAエンジンの素直でジェントルな特性は受入れやすい性質である。

使える小業

ATは4段ながら、そのディメンションごとにきっちりした仕事をするタイプで、マニュアルシフトして回してやっても、高回転を維持しても、エンジンはけしてへこたれない。また全車種に5MTも用意されているから、マニュアル派の要求にも応える。

スバルは使う人の身になって、自分も欲しいと思うような、こまごました装備にも親切に対応した。サンバイザーの裏にはハイウェイカードや通行券を入れておくために便利な入れ物が3つもあるし、自分の記憶を信じれば、電源ソケットをシガーライター部以外に設置した最初のメーカーだ。フォレスターのトランク部にも、もちろん設置されている。リアシート用のドリンクホルダーは2つ、中央コンソール後部に小綺麗に仕舞いこまれてセットしてある。シートの撥水加工なども気の利いた装備のひとつ。使える小業も、また堂に入っている。
新しい顔はシンプルでそっけないが、それもスバルらしいトコロか。素朴で力強く頼もしそうにも見える。

(文=笹目二朗/写真=峰昌宏/2005年3月)

【スペック】
2.0X:全長×全幅×全高=4485×1735×1590mm/ホイールベース=2525mm/車重=1400kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4SOHC16バルブ(140ps/5600rpm、19.0kgm/4400rpm)/価格=202万6500円(テスト車=256万2000円/HIDロービームランプ+ビルトインHDDナビゲーションシステム+運転席8ウェイパワーシート+セルフレベライザー+スポーティパッケージ+クリアビューパックのセット)

【スペック】2.0X:全長×全幅×全高=4485×1735×1590mm/ホイールベース=2525mm/車重=1400kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4SOHC16バルブ(140ps/5600rpm、19.0kgm/4400rpm)/価格=202万6500円(テスト車=256万2000円/HIDロービームランプ+ビルトインHDDナビゲーションシステム+運転席8ウェイパワーシート+セルフレベライザー+スポーティパッケージ+クリアビューパックのセット)
自動車ジャーナリストの笹目二朗

自動車ジャーナリストの笹目二朗
2リッターターボエンジン

2リッターターボエンジン


スバル・フォレスター2.0X(4AT)/2.0XT(4AT)【試乗記】の画像


スバル・フォレスター2.0X(4AT)/2.0XT(4AT)【試乗記】の画像
関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • オーテックから「セレナ」ベースの特別仕様車が登場 2017.5.25 自動車ニュース 日産自動車の関連会社であるオーテックジャパンは2017年5月24日、ミニバン「セレナ」の「ライダー」および「ステップタイプ」に、特別仕様車「Vセレクション」を設定し、同日販売を開始した。
  • 「日産セレナ」の特別仕様車「Vセレクション」登場 2017.5.25 自動車ニュース 日産自動車は2017年5月24日、「セレナ」に特別仕様車「X Vセレクション」、「ハイウェイスター Vセレクション」を設定し、同日販売を開始した。
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】NEW 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ホンダが改良型「グレイス」の情報を先行公開 2017.5.11 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月11日、同年7月上旬にマイナーチェンジを予定しているコンパクトセダン「グレイス」に関する情報を、ホームページで先行公開した。今回のマイナーチェンジでは、先進の安全運転支援システムと、内外装のリフレッシュが実施される。
ホームへ戻る