【スペック】2.0XT:全長×全幅×全高=4485×1735×1585mm/ホイールベース=2525mm/車重=1460kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4DOHC16バルブターボ・インタークーラー付き(220ps/5500rpm、31.5kgm/3500rpm)/価格=242万5500円(テスト車=288万2250円/HIDロービームランプ+ビルトインHDDナビゲーションシステム+VTD&VDC+セルフレベライザー+スポーティパッケージ+クリアビューパックのセット)

スバル・フォレスター2.0X(4AT)/2.0XT(4AT)【試乗記】

そっけない?いや、頼もしい 2005.03.15 試乗記 スバル・フォレスター2.0X(4AT)/2.0XT(4AT)……256万2000円/288万2250円2005年1月27日、スバルのクロスオーバーSUV「フォレスター」がマイナーチェンジされた。内外装の変更に加え、機能面の向上も図られたニューモデルに、自動車ジャーナリストの笹目二朗が乗った。

“ポロポロ”はないけれど

「フォレスター」は1997年に登場、北米市場を主たる市場として、累計87万台が販売されている。この度、外観上は写真でご覧のようにランプ類やラジエーターグリルなど前後の表情を一新し、エンジンやサスペンションも改良を受けた。

エンジンは等長のエグゾーストマニフォルドが採用され、従来の排気干渉による“ポロポロ”という、独特のスバルサウンドはなくなってしまったが、吸排気効率を高めて低中回転域のトルクを向上させ、市街地などで多用する実用加速を使いやすいものにした。
フォレスターに用意されるチューンは2種。2リッター水平対抗4気筒SOHCの140ps/5600rpm、19.0kgm/4400rpmと、ターボ版DOHC260ps/6000rpm、35.0kgm/2400rpmである。

NAが好印象

乗った印象を簡単に述べよう。車両重量をみると、NAは1400kg、ターボは1460kg。前後重量配分では、前輪40kg後輪で20kgの違いとなる。ノーズの重さは回頭性に直接影響を与えるが、この場合にも例外ではなく、NAエンジン車はターボ車より軽快な操縦特性を得ている。エンジンパワーに関しては、たしかにターボの圧倒的な威力は認められるものの、2リッターの動力性能もなかなか。排気音などはNAが澄んだ快音を発するのに対して、ターボはややザワザワした感じの粗い音となる。価格差は25万2000円。
……というようなことから、総合的にはNAエンジンの2.0Xの方に良い印象をもった。

フォレスターの美点はいろいろあろう。フラットで快適な乗り心地のよさであるとか、高い視界による運転の安楽さとか、路面を選ばない走破性の高さとか。SUVというジャンルにこだわらず、普段の実用的なアシとしても便利なクルマで、サイズも持て余すほど大き過ぎないから、レガシィワゴンのような感覚で普通に使える。日常生活でも、NAエンジンの素直でジェントルな特性は受入れやすい性質である。

使える小業

ATは4段ながら、そのディメンションごとにきっちりした仕事をするタイプで、マニュアルシフトして回してやっても、高回転を維持しても、エンジンはけしてへこたれない。また全車種に5MTも用意されているから、マニュアル派の要求にも応える。

スバルは使う人の身になって、自分も欲しいと思うような、こまごました装備にも親切に対応した。サンバイザーの裏にはハイウェイカードや通行券を入れておくために便利な入れ物が3つもあるし、自分の記憶を信じれば、電源ソケットをシガーライター部以外に設置した最初のメーカーだ。フォレスターのトランク部にも、もちろん設置されている。リアシート用のドリンクホルダーは2つ、中央コンソール後部に小綺麗に仕舞いこまれてセットしてある。シートの撥水加工なども気の利いた装備のひとつ。使える小業も、また堂に入っている。
新しい顔はシンプルでそっけないが、それもスバルらしいトコロか。素朴で力強く頼もしそうにも見える。

(文=笹目二朗/写真=峰昌宏/2005年3月)

【スペック】
2.0X:全長×全幅×全高=4485×1735×1590mm/ホイールベース=2525mm/車重=1400kg/駆動方式=4WD/2リッター水平対向4SOHC16バルブ(140ps/5600rpm、19.0kgm/4400rpm)/価格=202万6500円(テスト車=256万2000円/HIDロービームランプ+ビルトインHDDナビゲーションシステム+運転席8ウェイパワーシート+セルフレベライザー+スポーティパッケージ+クリアビューパックのセット)

自動車ジャーナリストの笹目二朗

2リッターターボエンジン





この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォレスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・フォレスター2.0XT EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.1.11 試乗記 安全装備の強化や運動性能の向上、快適性の改善など、スバルのミドルサイズSUV「フォレスター」が大幅な改良を受けた。進化を遂げた現行モデルの実力を、280psを発生する直噴ターボエンジンを搭載した最上級グレード「2.0XT EyeSight」で確かめた。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • スバル・フォレスターS-Limited/フォレスター2.0i-L EyeSight/フォレスター2.0XT EyeSight【試乗記】 2015.10.22 試乗記 スバルの屋台骨を支えるミドルサイズSUV「フォレスター」が、デビューから3年を経てマイナーチェンジを受けた。安全装備の強化や内外装の変更、シャシー性能の向上など、全方位的に改良されたという同車の実力を、テストコースで試す。
  • スバル・レガシィアウトバック リミテッド(4WD/CVT)【試乗記】 2015.1.14 試乗記 「ツーリングワゴン」がベースの派生モデルという出自でありながら、今や「レガシィ」シリーズの主軸を担うまでに成長を遂げたクロスオーバーSUV「レガシィアウトバック」。新型の実力を、上級グレードの「リミテッド」で試した。
ホームへ戻る