鈴鹿に2万人――「モータースポーツファン感謝デー」開催

2005.03.15 自動車ニュース

鈴鹿に2万人――「モータースポーツファン感謝デー」開催

世界屈指の名コース、三重県・鈴鹿サーキットで、2005年3月12、13日、「第18回モータースポーツファン感謝デー」が開催された。
両日とも、冬型の気圧配置の影響で真冬並みの寒さ。雪や霰が降るという悪天候の中、二輪、四輪のモータースポーツを愛するファンや家族連れなど約2万人がつめかけた。

■ファンが喜ぶ催し目白押し

グランドスタンド裏の広場「グランプリスクエア」では、エンジン始動体験、コックピット体験、メカニック体験や親子バイク教室、キッズカート試乗会など、触れる楽しさあふれるイベントが繰り広げられた。

一方のコースでは、8耐&JSB1000、ホンダコレクションホール秘蔵のヒストリックレーシングマシン、スーパーGT、フォーミュラ・ニッポンなどのマシンのデモ走行や、サーキットカートで二輪、四輪選手と一緒に東コースを一周する体験同乗が行われた。

またメインストレート散策ができるようコースを開放。ピット、パドックでは、オフィシャル体験やコントロールタワー見学、F1をはじめビッグレースの表彰式が開かれるパルテノン体験など、普段は足を踏み入れることができない場所も開放された。

ライダー、ドライバーのトークショーやキャンギャル・オン・ステージも人気のイベント。ピットでは、MotoGPマシンにまたがってみたり、アイルトン・セナもドライブしたマクラーレン・ホンダMP4/6のコックピット体験もあったりと、ファンが喜ぶ催し目白押し。

フォーミュラ・ニッポンのデモ走行後には、マシンをグリッドに並べ、さらに二輪のマシンもまじえての、模擬グリッドウォークも催され、コースはファンであふれ返った。

さらに雪が降る中、自分の愛車で国際レーシングコースをマーシャルカーの先導で体験走行する「マイカー・マイバイクラン」なども人気だった。

13日は特に寒さが厳しく、断続的に雪が降り、晴れ間がのぞく時間があったものの午後4時を過ぎたありから、本格的に大粒の雪が降り出し、サーキットを白く包み込んでいた。

(文&写真=KLM Photographics J)

鈴鹿に2万人――「モータースポーツファン感謝デー」開催の画像

レーシングコースを流すのは、ホンダF1第1期のマシン「RA273」

レーシングコースを流すのは、ホンダF1第1期のマシン「RA273」

雪の鈴鹿を駆け抜ける、フォーミュラ・ニッポンのブノワ・トレルイエ(mobilecastIMPUL)

雪の鈴鹿を駆け抜ける、フォーミュラ・ニッポンのブノワ・トレルイエ(mobilecastIMPUL)

フォーミュラ・ニッポンのデモランでの1シーン。ドーナツターンを披露するのは服部尚貴(DoCoMo DANDELION)。「フォーミュラ・ニッポンではドーナツターンをあまり見ることがありませんね」とのインタビューに、「クラッチが弱いのですぐ壊れるんですよ。チームから怒られちゃいますよね」

フォーミュラ・ニッポンのデモランでの1シーン。ドーナツターンを披露するのは服部尚貴(DoCoMo DANDELION)。「フォーミュラ・ニッポンではドーナツターンをあまり見ることがありませんね」とのインタビューに、「クラッチが弱いのですぐ壊れるんですよ。チームから怒られちゃいますよね」

観客の前をウイリーで駆け抜ける2004年8耐覇者の宇川徹(セブンスターホンダ)

観客の前をウイリーで駆け抜ける2004年8耐覇者の宇川徹(セブンスターホンダ)

模擬グリッドウォークの様子。ファンでグリッドがあふれかえる。

模擬グリッドウォークの様子。ファンでグリッドがあふれかえる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。