第200回:「MINIコンバーチブル日記」(その2)つくづく凄いBMW

2005.03.14 エッセイ

第200回:「MINIコンバーチブル日記」(その2)つくづく凄いBMW

 
第200回:「MINIコンバーチブル日記」(その2)つくづく凄いBMWの画像
ボディカラーは、MINIクーパーコンバーチブル専用色「ホットオレンジ」「クールブルー」と、ソリッドカラー3色、メタリック7色の計12色。「MINIクーパーS コンバーチブル」はこれに加え、「ハイパーブルー」「ダークシルバー」の専用色が用意される。幌は3色で共通。
ボディカラーは、MINIクーパーコンバーチブル専用色「ホットオレンジ」「クールブルー」と、ソリッドカラー3色、メタリック7色の計12色。「MINIクーパーS コンバーチブル」はこれに加え、「ハイパーブルー」「ダークシルバー」の専用色が用意される。幌は3色で共通。
 
第200回:「MINIコンバーチブル日記」(その2)つくづく凄いBMWの画像

■BMWだからできた

「MINIクーパー・コンバーチブル」に乗り始めて2ヶ月ちょい。毎日乗って思うのは、これを作ったBMWの凄さかな。マジメな話、普通に乗ってて楽しい。これって結構、大変なことで、こういう感想を抱ける乗用車って今はメルセデスベンツとBMWぐらいにしかないのだ。
その理由はハンドリングに尽きる。別にオープンだからどうのこうのじゃなくて、「BMW 1シリーズ」の時も書いたけど、毎日食べるいいおコメのようにシミジミと楽しい。ベンツ、BMWに“ハマる”ってこういうことなんだろうなぁ。俺は正直、ベンツを買おうなんて一度も思ったことなかったけど、今は買おうかなと思っております。あれだけ人をハマらせるには、なにか秘密があるはず! と見ました。

ところでMINIのハンドリングの魅力なんだけど、この話を日産の某テストドライバーさんとしたら「魅力的なのはわかりますよ。でも今の日本車じゃ作れないでしょうね」と言われた。
簡単に言えば、FFなのにFR的なセッティングをしてるそうだ。「おそらくコーナーを思いっきり攻めたら、普通にスピンするでしょう」。要するにフロントグリップがかなり高く、相対的にリアが低めだから、運転の仕方によっては最終的にスピンに至る、というのがMINIのセッティング。つまり、BMWと同じなのよ。たぶん。

ちなみに、日本じゃそんなセッティングは許されないという。今の国産FFの場合、どこをどうやってもスピンしないくらいにアンダーステア傾向のセッティングになっており、裏を返せば、それが乗っててつまらない原因の一つでもある。MINIの場合、「おそらくそれを無視している」そうだ。
他のエンジニアはこうも言っていた。「BMWはFFを作ったことがないから、あの足まわりができたんでしょう。それはFR的ってこともあるし、手のヌキどころを知らなかった、ということでもある」と。
うーむ、伊達に日本だけで年間1万台以上を売る車種じゃありません。

 
第200回:「MINIコンバーチブル日記」(その2)つくづく凄いBMWの画像
荷室容量は、ソフトトップを閉じた状態で165リッター、開けると120リッター。加えて、開口部高さ&面積を拡大できる「イージー・ロード・システム」や、後席フォールディング機構(容量は605リッター)が備わる。
荷室容量は、ソフトトップを閉じた状態で165リッター、開けると120リッター。加えて、開口部高さ&面積を拡大できる「イージー・ロード・システム」や、後席フォールディング機構(容量は605リッター)が備わる。

■実用だけがクルマじゃない

あとね、個人的に勉強になったのは色選び。実は MINIクーパー・コンバーチブルは、ボディカラーが全12色、幌が3色から、ほとんど自由に組み合わせられるんだけど、なかなかピッタリくるのがない。本当は水色のメタリックか白ボディが欲しかったんだけど、残念ながらコンバーチブルに設定はなかった。

そこで元々好きな黒メタをベースに、ダークグリーン幌というなんとも渋い組み合わせに決定。オシャレっぽいのは満足してるけど、シブ過ぎたかなぁとも思っております。赤ボディにダークブルーの幌ってのも良かったかなぁ……とかね。MINIってつくづく洋服みたいなクルマなんで、色は性能以上に大切なのであーる。

ってなワケで、クルマってホントにいろんな面を持ってることを実感。実用だけじゃ語れない。マジ、楽しいですよ。

(文と写真=小沢コージ/2005年3月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIコンバーチブルの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

関連記事
  • MINIクーパーS コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.5.18 試乗記 新型「MINIクーパーS コンバーチブル」に試乗。そのつくりも世界観も完成の域に達した感がある“BMW MINI”のオープンモデルは、われわれにいかなる走行体験をもたらしてくれるのだろうか。
  • MINIクーパー コンバーチブル(FF/6AT)【試乗記】 2016.4.25 試乗記 3代目となる現行型「MINI」に、待望の「コンバーチブル」が登場。従来モデルから変わったところ、受け継いだところを確かめながら、MINIならではのユニークなスタイリングとオープン・エア・ドライブが織り成す魅力にどっぷりとひたった。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
ホームへ戻る