【カーナビ/オーディオ】大阪のカーオーディオショップ「リバイズ」が新装オープン

2005.03.14 自動車ニュース

【カーナビ/オーディオ】大阪のカーオーディオショップ「リバイズ」が新装オープン

2005年2月27日、大阪は箕面市にカーオーディオ、カーナビ、セキュリティの専門ショップ「リバイズ」がオープンした。

「リバイズ」は、もともと大阪は摂津市にあったリバイズの西田氏と、奈良県橿原市でライズ・オーディオ&ビジュアルを営んでいた岩畦(いわうね)氏がタッグを組み、新生「リバイズ」としてスタートした。

お店は、カーオーディオ・プロショップとしては異例の約100坪もの広さを持つ。広々した店内には、厳選した高級機と中級機に分かれた2つのスピーカー&アンプのデモボードと、5.1chサラウンドが楽しめるシアターコーナー、カーナビコーナーを設置。アルパインの最上級カーオーディオ、ニューF#1 Statusを搭載したデモカーも展示し、じっくりと音を確かめながらカーオーディオシステムを選ぶことができる。

また、3パターンのデッドニング(防振処理)を施したものと、デッドニング無しのドアスピーカーの音の違いを体験できるコーナーは、ぜひ聞き比べてもらいたいもの。これを聴けば、プロショップがクルマでいい音を実現するための努力とワザがわかるというものだ。

西田氏と岩畦氏の2人は、数々のカーオーディオコンテストで多くの上位入賞実績を持つ。若手インストーラーの中でも注目株だ。「2軒が合体して1+1が2になるのではなく3になるように努力したい」という言葉に期待したい。

(文=石田 功)

【カーナビ/オーディオ】大阪のカーオーディオショップ「リバイズ」が新装オープンの画像

明るく広々した店内。中央の棚はケーブルなど、小物の展示コーナー。その裏がスピーカー&アンプの試聴コーナー。

明るく広々した店内。中央の棚はケーブルなど、小物の展示コーナー。その裏がスピーカー&アンプの試聴コーナー。

西田氏(右)と岩畦氏は次世代を担う若手インストーラーの注目株。

西田氏(右)と岩畦氏は次世代を担う若手インストーラーの注目株。

オープン前日の2月26日、プレオープンのセレモニーが盛大に行なわれた。テープカットも緊張気味!?

オープン前日の2月26日、プレオープンのセレモニーが盛大に行なわれた。テープカットも緊張気味!?

実際にドアにスピーカーを装着したデッドニングによる音の違いが聞き比べできる。左端はスペシャルチューニングを施したもの。

実際にドアにスピーカーを装着したデッドニングによる音の違いが聞き比べできる。左端はスペシャルチューニングを施したもの。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。