「シボレー・トレイルブレイザー」、最上級の5.3リッターV8モデル追加

2005.03.14 自動車ニュース

「シボレー・トレイルブレイザー」、最上級の5.3リッターV8モデル追加

スズキは、ゼネラルモーターズはシボレー・ブランドのSUV「トレイルブレイザー」に、5.3リッターV8エンジン搭載の最上級グレード「EXT LTZ」を追加設定、2005年3月25日に発売する。

既存4.2リッター直6ユニット搭載車に加わる「トレイルブレイザーEXT LTZ」。心臓部の5.3リッターV8「VORTEC」は、305psの最高出力と、46.0kgmの最大トルクを発生。「可変気筒装置」付きで、平坦な道など力を必要としない時に、アクセルペダルを軽く踏み込むことで、8気筒のうち4気筒を休止させて走行することができるという。

ボディは、全長5.3mのストレッチ版で、3列シート7人乗りレイアウトを採用。トランスミッションは4段AT、もちろん4WDとなる。

価格は、480.9万円。

(webCG 有吉)

シボレー「トレイルブレイザー」:
http://www.chevrolet.co.jp/lineup/brazer/

関連キーワード:
トレイルブレイザーシボレー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • シボレー・トラバースLS(FF/6AT)【試乗記】 2009.6.15 試乗記 シボレー・トラバースLS(FF/6AT)
    ……498.0万円

    全長5.2m超、ホイールベース3m超! 圧倒されそうな巨体に乗り込んでみると、意外やその乗り味は……。
  • フォルクスワーゲン・パサートヴァリアントTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.3.5 試乗記 クリーンディーゼルエンジンを搭載する「フォルクスワーゲン・パサート」が、いよいよ日本上陸。その乗り味にはどんな特徴があるのか、ワゴンの上級モデル「パサートヴァリアントTDIハイライン」に試乗して確かめた。
  • ブラックでキメた「シボレー・キャプティバ」限定発売 2017.5.30 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・ジャパンは2017年5月30日、ミドルサイズSUV「シボレー・キャプティバ」の特別仕様車「キャプティバ パーフェクトブラック エディションII」を発表した。同年6月3日に15台限定で発売される。
  • シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)【試乗記】 2003.3.4 試乗記 シボレー・トレイルブレイザーEXT LT(4AT)
    ……391.6万円

    2001年9月販売開始以来、日本市場において輸入SUV販売台数1位の「トレイルブレイザー」に、ホイールベースと全長を410mm延長し、4.2リッター直6エンジンを搭載する「EXT LT」が追加された。『webCG』エグゼクティブディレクターの大川悠が報告する。


  • シボレー・ブレイザーLS(4AT)【試乗記】 2001.9.8 試乗記 シボレー・ブレイザーLS(4AT)
    ……298.0万円

    1983年に登場したシボレー・ブレイザー。息の長いこの手のクルマのなかにあっても、いよいよモデル末期。熟成なったシェビーのSUVに、自動車ジャーナリスト、笹目二朗が乗った。


ホームへ戻る