【スペック】全長×全幅×全高=4720×1815×1470mm/ホイールベース=2800mm/車重=1570kg/駆動方式=FF/2.4リッター直5DOHC20バルブ(170ps/6000rpm、22.9kgm/4500rpm)/価格=499万5000円(テスト車=同じ)

ボルボV70 2.4ダイナミックエディション(5AT)【試乗記】

「モード系」の「商品力」 2005.03.09 試乗記 ボルボV70 2.4ダイナミックエディション(5AT)……499万5000円 ボルボの「V70」に、特別仕様車が登場した。1200台限定で販売される「V70 2.4ダイナミックエディション」は、「モード系」を謳う鮮烈なインテリアがウリである。その商品力を、NAVI編集委員鈴木真人が検証する。

熾烈を極める4位争い

2004年、ボルボの日本での登録台数は1万3953台だった。ブランド別では4位となる。なかなか立派な数字だと思うが、計画では1万4000台を売る予定だったそうで、わずかに届かなかった。計画未達成なのは日本だけだったとか、さぞかし肩身の狭い思いをしていることだろう。

ちなみに1位は盤石のフォルクスワーゲン、2位3位はメルセデス・ベンツ、BMWというドイツ勢である。それぞれ5万5380台、4万3743台、3万8861台という数字で、まだまだ相当差がある。逆に下を見ると、5位にアウディの1万3815台、6位にMINIの1万3042台、7位はプジョーが1万2693台で続く。さらにその下は6000台を切る数字だから、この4ブランドが熾烈な戦いを演じているわけだ。

競争が激しくなると、日本車ならば「お得バージョン」を投入して販売促進を図るのが常道だ。最近は、輸入車といえども同様な策を講じるらしい。なかでも、ボルボの特別限定車「V70 2.4ダイナミックエディション」は、超お買い得モデルである。さまざまな特別装備を追加しているのに、なぜかベースモデルよりも4万5000円安いというのだからただごとではない。しかし、これでは誰もベースモデルを買わなくなってしまう、というわけでもないのが面白いところである。なぜなら、この特別仕様車は、乗り手を選ぶ。なにせ、「モード系」なのだ。



【ダイナミックエディション特別装備】
メタリック/パールペイント/クローム・ドアミラーカバー&ドアハンドル/スペシャルデザイン”Cassiopeia”7.5J×17アルミホイール/リアルーフスポイラー/フロントフォグランプ/バイキセノンヘッドライト/チルトアップ機構付電動ガラス・サンルーフ/デュアルカラーコーディネート・インテリア<プレミアム・ソフトレザー・スポーツシート><プレミアム・ソフトレザー・ドアパネル><フロアマット>/3本スポーク・アルミインレイ・スポーツステアリング/アルミニウム・パネル(メッシュ仕上げ)/ラゲッジカバー/CD/MD付ハイパフォーマンス・オーディオシステム/フロントパワーシート

コンサバ派には薦められない

ドライブトレインや足まわりには手を加えておらず、特別装備は内外装や便利な機構を対象にしている。専用デザインのアルミホイールやクロームのドアミラー、ドアハンドルが採用されているのもさることながら、いちばん特徴的なのは「デュアル・カラーコーディネート・インテリア」と称するシートとドアパネル、フロアマットの配色である。赤と黒、青と黒の2種類のカラーでコーディネートされているのだ。

プレミアム路線を突き進むボルボではあるが、また一つ次のステージに足を踏み入れたようである。モダンというか、エキセントリックというか、旧来のボルボのイメージは跡形もない。運転している時は忘れているが、ふと信号待ちなどで視線を落とすとギクッとする。革自体はアストンマーチンやジャガーにも製品を供給しているというBridge of Weir社の高級な素材を使用しており、風合いは自然で心地よい。だからこそ、視覚とのギャップに戸惑ってしまうのだろう。

というわけで、コンサバな趣味を持つ向きに無理強いして薦めようとは思わない。しかし、我こそはモード系と自任するならば、絶好の選択肢であろう。モードといえばアウディ、というんじゃありきたりにすぎて面白みがない。モダンなボルボというのは、ちょっとお洒落な外しワザではないか。

搭載するエンジンはベーシックな2.4リッターのNAなので、非常に温和でゆったりした乗り味である。追い越しの時などには力不足を感じることがあるが、むやみに速く走ろうなどという気も失せてくる。スローなモード系、というのは新しいかもしれない。





輸入車だってガチンコ勝負!

インテリア以外にも、フロント・パワーシート、電動ガラスサンルーフ、バイキセノンヘッドライト、ハイパフォーマンス・オーディオシステムなど、特別装備はてんこ盛りである。趣味さえあえば、とんでもなくお買い得だ。コンサバ派は今回お気の毒だが、ガッカリすることはないかもしれない。少し待てば、おとなしめの「特別限定車」だって登場する可能性はあるのだ。

台数拡大にしのぎを削るインポーターには申し訳ないが、選ぶ側としてはうれしい状況だ。ぜひとも競争相手の3社、アウディ、MINI、プジョーにも参戦していただきたい。魅力的なモデルが続々と出てくれば、輸入車市場全体が活気づく。ブランドも大事だけれど、そろそろ輸入車も「商品力」でガチンコ勝負をする時期が来たのである。上位のドイツ車勢だって安閑としてはいられないぞ……、と煽っておくことにしよう。

(文=鈴木真人/写真=河野敦樹/2005年3月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

V70の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ボルボV90クロスカントリー 2016.9.28 画像・写真 スウェーデンのボルボはパリモーターショー2016(プレスデー:2016年9月29日~9月30日、一般公開日:10月1日~10月16日)で「V90クロスカントリー」を公開する予定。その姿を画像で紹介する。
  • ボルボS90 T6 AWD/V90 D5 AWD【海外試乗記】 2016.8.2 試乗記 ボルボの新しいフラッグシップモデル「S90/V90」に試乗。ジャーマンスリーが牛耳るラグジュアリークラスに投じられた“スカンジナビアの良心”は、われわれの期待にしっかり応えてくれる実力派だった。南スペイン・マラガからの第一報。
  • ボルボXC60 T5 AWDクラシック(4WD/8AT)【試乗記】 2016.10.31 試乗記 デビューから8年。モデルサイクル終盤を迎えた「ボルボXC60」に、装備充実のグレード「クラシック」が設定された。ボルボの新世代エンジンと4WDシステムの組み合わせは、どのような走りを実現したのか。特別装備の使い勝手を含めてリポートする。
  • マツダ・アテンザワゴンXD Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.11.10 試乗記 デビューからおよそ4年がたち、マツダのフラッグシップモデル「アテンザ」にマイナーチェンジが施された。“人間中心の開発哲学”に基づき最新の技術を投入したという、改良版の仕上がりやいかに? ディーゼルのワゴンモデルで確かめた。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
ホームへ戻る