ルノー、日産ディーゼルの全株式を売却

2005.03.09 自動車ニュース

ルノー、日産ディーゼルの全株式を売却

仏ルノーは、同社が保有していた日産ディーゼル株17.88%(4360万株)すべてをJPモルガン証券に売却すると、2005年3月8日に発表した。JPモルガン証券は追って市場に売却する。

ルノーは、1999年3月、日産ディーゼルの株式を取得した。これはルノー・日産自動車アライアンスの一環として、日産ディーゼルの再建プランを支援するためであり、戦略的投資でなかったため、今回、日産ディーゼルが再建したとの判断を経て、株式売却に至った。

日産自が23.84%の株式を保有している日産ディーゼルは、国内大型トラックメーカー第4位というポジション。2003-04年度の売上高は4530億円(34億ユーロ)で、営業利益は売上高の6.2%にあたる282億円(2億1270万ユーロ)を計上した。同期におけるトラックの販売台数は3万9353台、うち42%がアジアとアメリカの海外市場におけるものだったという。

(webCG 有吉)

日産ディーゼル工業:
http://www.nissandiesel.co.jp/
日産自動車:
http://www.nissan.co.jp/
ルノー(グローバルサイト):
http://www.renault.com/

ルノー、日産ディーゼルの全株式を売却の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。