ホンダF1最強エンジン「RA168E」の技術講座、青山で開催

2005.03.07 自動車ニュース

ホンダF1最強エンジン「RA168E」の技術講座、青山で開催

ツインリンクもてぎは、2005年3月12日(土)、東京・青山にある「Hondaウエルカムプラザ青山」において、「モータースポーツワークショップ2005 vol.3 史上最強のF1エンジン・RA168E 技術講座〜元ホンダF1総責任者よるエンジン技術講座〜」を開催する。

講師として、元ホンダF1総責任者の市田勝己氏を迎え、1988年にマクラーレン・ホンダで16戦15勝したエンジン「ホンダRA168E」が誕生したプロセスを、貴重な資料とともに解説する。モータースポーツ・エンスージアスト垂涎のこのイベントは、入場無料だ。

「モータースポーツワークショップ2005 vol.3
史上最強のF1エンジン・RA168E 技術講座
〜元ホンダF1総責任者よるエンジン技術講座〜」
日時:2005年3月12日(土) 14:00-
場所:Hondaウエルカムプラザ(本田技研工業株式会社本社1F・東京都港区南青山2-1-1)
受講料:無料(お土産付き)
入場方法:講義当日、Hondaウエルカムプラザ青山開館時刻から、インフォメーションカウンターにて整理券を配布。
定員:150名
展示エンジン:1986年「RA166E」、87年「RA167E」、88年「RA168E」など

(webCG 有吉)

ホンダF1最強エンジン「RA168E」の技術講座、青山で開催の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。