【Movie】「GT4真剣勝負」……自動車メーカー代表によるマジバトル開催!

2005.03.05 自動車ニュース

【Movie】「GT4真剣勝負」……自動車メーカー代表によるマジバトル開催!

2005年3月2日、東京は六本木泉ガーデンギャラリーで、自動車メーカー&インポーターの代表が『グランツーリスモ4』でマジバトルを繰り広げる、「GT4真剣勝負」(GT4マジバトル)が開催された。
テレビCMでも告知されたこのイベントに、国産車メーカー、外国車メーカー合わせて9社が参加。「実在のクルマ! 実在の社員! 本物のプライド!」のキャッチコピーどおり、自社の威信をかけた戦いの模様は動画にて!

参加メーカーは、スズキ、ダイムラー・クライスラー(メルセデスベンツ)、マツダ、ダイハツ、日産、フォルクスワーゲン、トヨタ、フォード、富士重工の9社。3ブロックに分かれて筑波サーキットで予選を行い、それぞれのトップが、できたばかりの富士スピードウェイ2005にて決勝レースを行う。

予選Aブロックは、スズキ、ダイムラークライスラー、マツダという、製品カテゴリーがかみ合わない3社の対決。コンパクトカー、ラクシャリーオープン、スポーティセダンという、メーカーの性格を反映したマシンチョイスによって、他では見られないバトルロワイヤルが始まった。

【予選Aブロック〜スズキVSマツダVSダイムラー・クライスラー】

予選Bブロックは、軽ターボ、Bセグメントコンパクト、Cセグメントコンパクトの戦い。性能はドングリの背比べ、ファニーキャラクターの3台だが、ドライバーは本気。レースは熱い展開となった。

【予選Bブロック〜ダイハツVS日産VSフォルクスワーゲン】

筑波サーキットでのレース企画が有名なビデオを彷彿とさせる、スポーツカーがそろった予選Cブロック。もっともレースらしいレースが繰り広げられた。

【予選Cブロック〜トヨタVSフォードVS富士重工業】

予選ブロックを勝ち抜いた3メーカーは、トヨタ、日産、マツダの国産メーカー3社。決勝は、F1レースが開催できる新生FISCOを、ルマンカー3台による豪華レースになった。

【決勝戦】


(撮影/編集=カネヨシ)

【Movie】「GT4真剣勝負」……自動車メーカー代表によるマジバトル開催!の画像

予選の舞台は筑波サーキット。2ラップ、グリッドスタート方式でレースを行い、トップが決勝に進出する。予選Aブロックの参加車種は、「スズキ・コンセプト-S2」「ダイムラー・クライスラーSL500」「マツダスピード・アテンザ」。クルマの性能差は、タイヤを変えてバランスをとったという。

予選の舞台は筑波サーキット。2ラップ、グリッドスタート方式でレースを行い、トップが決勝に進出する。予選Aブロックの参加車種は、「スズキ・コンセプト-S2」「ダイムラー・クライスラーSL500」「マツダスピード・アテンザ」。クルマの性能差は、タイヤを変えてバランスをとったという。

予選Bブロックの参加車種は以下の通り。「ダイハツ・コペン デタッチャブルトップ」「日産キューブEX」「フォルクスワーゲン・ニュービートル2.0」

予選Bブロックの参加車種は以下の通り。「ダイハツ・コペン デタッチャブルトップ」「日産キューブEX」「フォルクスワーゲン・ニュービートル2.0」

予選Cブロックは、ビデオで見たことがあるラインナップ!? 「トヨタ・スープラRZ」「フォード・マスタングSVTコブラR」「スバル・インプレッサセダンWRX STi スペックC」。

予選Cブロックは、ビデオで見たことがあるラインナップ!? 「トヨタ・スープラRZ」「フォード・マスタングSVTコブラR」「スバル・インプレッサセダンWRX STi スペックC」。

決勝レース会場は新生FISCO、マシンはいずれもルマンカーという、夢の対決。車種は以下の通り。「ミノルタ トヨタ 88C-V レースカー」「日産R89C レースカー」「マツダ787B レースカー」

決勝レース会場は新生FISCO、マシンはいずれもルマンカーという、夢の対決。車種は以下の通り。「ミノルタ トヨタ 88C-V レースカー」「日産R89C レースカー」「マツダ787B レースカー」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。