メルセデス・ベンツの新顔「B」クラス登場!【ジュネーブショー05】

2005.03.04 自動車ニュース
【ジュネーブショー2005】メルセデス・ベンツの新顔「B」クラス登場!

【ジュネーブショー05】メルセデス・ベンツの新顔「B」クラス登場!

2005年3月1日、100周年を迎えた第75回ジュネーブ国際自動車ショーが、プレスデイで開幕した。
メルセデス・ベンツは、コンパクトハッチのAクラスより長いボディーをもった、コンパクトワゴン「B」クラスを発表した。『webCG』青木禎之が現地からリポート。




【ジュネーブショー2005】メルセデス・ベンツの新顔「B」クラス登場!

メルセデスから、新たなクラスが登場。「革新的コンパクトツアラー」と謳われるBクラスがそれ。Aクラスと同じ二重床を採り、2778mmのホイールベースに、ニューAクラスより50cm近く長いボディを載せる。

エンジン、トランスミッションといった機関部を、フロントおよび床下に置くことで、大型セダンと同等の広い室内を確保した、というのがメルセデスの主張。リアシートのニュールームは、Sクラス並だという。後席は、分割可倒式のうえ、脱着可能。助手席も取り外しが可能で、「快適ツーリングカーから実用バンまで簡単に変化します」(プレスリリース)。




【ジュネーブショー2005】メルセデス・ベンツの新顔「B」クラス登場!

エンジンは、新開発の2リッター直4ターボ、同ディーゼルターボなど4種類。トランスミッションは、6段MTを標準に、CVT「AUTOTRONIC」がオプションで設定される。
ステアリングは、電動パワステ。アンチスピンデバイス「ESP」と連動して、挙動が乱れた際にドライバーの操作を助け、また、左右でグリップが異なる路面でのブレーキ時には、自動でステアリングホイールを修正する機構も備わるようになった。

(webCG青木禎之)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Bクラスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツA45 AMG 4MATIC(4WD/7AT)【試乗記】 2013.10.15 試乗記 「メルセデス・ベンツAクラス」で初のハイパフォーマンスモデル「A45 AMG 4MATIC」に試乗。0-100km/h加速4.6秒、車両価格640万円の“コンパクトハッチ”が持つ、本当の価値とは?
  • 「メルセデスAMG A45 4MATIC」に600万円を切る限定モデル 2016.7.21 自動車ニュース メルセデス・ベンツが、381psの2リッターターボエンジンを搭載した高性能モデル「メルセデスAMG A45 4MATIC」の特別仕様車「レーシングエディション」を発表。装備を簡素化することで価格を583万円に抑えたもので、100台の限定販売となる。
  • ホンダS660 MUGEN RA(MR/6MT)【試乗記】 2016.11.18 試乗記 ホンダのミドシップ・マイクロスポーツカー「S660」をベースに、無限が独自の改良を施したコンプリートカー「S660 MUGEN RA」。モータースポーツ直系のノウハウが注ぎ込まれた、660台限定のチューンドカーの走りを報告する。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • メルセデス・ベンツA250シュポルト 4MATIC(4WD/7AT)/メルセデスAMG A45 4MATIC(4WD/7AT)【海外試乗記】 2015.10.8 試乗記 デビューからはや3年が経過した「メルセデス・ベンツAクラス」がマイナーチェンジを受けた。快適性とダイナミックさという相対する要素を同時に高めたという最新型の実力やいかに? 日本での発売に先んじて、本国ドイツで試乗した。
ホームへ戻る