メルセデス・ベンツの新顔「B」クラス登場!【ジュネーブショー05】

2005.03.04 自動車ニュース
【ジュネーブショー2005】メルセデス・ベンツの新顔「B」クラス登場!

【ジュネーブショー05】メルセデス・ベンツの新顔「B」クラス登場!

2005年3月1日、100周年を迎えた第75回ジュネーブ国際自動車ショーが、プレスデイで開幕した。
メルセデス・ベンツは、コンパクトハッチのAクラスより長いボディーをもった、コンパクトワゴン「B」クラスを発表した。『webCG』青木禎之が現地からリポート。




【ジュネーブショー2005】メルセデス・ベンツの新顔「B」クラス登場!

メルセデスから、新たなクラスが登場。「革新的コンパクトツアラー」と謳われるBクラスがそれ。Aクラスと同じ二重床を採り、2778mmのホイールベースに、ニューAクラスより50cm近く長いボディを載せる。

エンジン、トランスミッションといった機関部を、フロントおよび床下に置くことで、大型セダンと同等の広い室内を確保した、というのがメルセデスの主張。リアシートのニュールームは、Sクラス並だという。後席は、分割可倒式のうえ、脱着可能。助手席も取り外しが可能で、「快適ツーリングカーから実用バンまで簡単に変化します」(プレスリリース)。




【ジュネーブショー2005】メルセデス・ベンツの新顔「B」クラス登場!

エンジンは、新開発の2リッター直4ターボ、同ディーゼルターボなど4種類。トランスミッションは、6段MTを標準に、CVT「AUTOTRONIC」がオプションで設定される。
ステアリングは、電動パワステ。アンチスピンデバイス「ESP」と連動して、挙動が乱れた際にドライバーの操作を助け、また、左右でグリップが異なる路面でのブレーキ時には、自動でステアリングホイールを修正する機構も備わるようになった。

(webCG青木禎之)

関連記事 ホームへ戻る