2シーターヤングアストン「V8ヴァンテージ」お披露目【ジュネーブショー05】

2005.03.04 自動車ニュース
【ジュネーブショー2005】2シーターヤングアストン「V8ヴァンテージ」お披露目

【ジュネーブショー05】2シーターヤングアストン「V8ヴァンテージ」お披露目

2005年3月1日、100周年を迎えた第75回ジュネーブ国際自動車ショーが、プレスデイで開幕した。
アストンマーチンでは、「V8ヴァンテージ」のプロダクションモデルがお披露目された。『webCG』青木禎之のリポート。 




【ジュネーブショー2005】2シーターヤングアストン「V8ヴァンテージ」お披露目

ポルシェ911に真っ向勝負を挑むアストンマーチン、「V8ヴァンテージ」のプロダクションモデルが、正式にお披露目された。昨2003年のデトロイトショーでコンセプトが披露された「ナインイレブン・イーター」は、ヨーロッパでは晩夏、北米その他の地域では、今年中に販売が開始される。

2シーターのヤングアストンは、380psのアウトプットを誇る4.3リッターのオールアルミV8をフロントミドに搭載、グラツィアーノ製の6段MTは、デフの前に置かれる。トランスアクスルレイアウトの恩恵で、前後重量配分は、非常に良好な49:51を実現したという。




【ジュネーブショー2005】2シーターヤングアストン「V8ヴァンテージ」お披露目

オールアルミの8気筒は、吸気側可変バルブタイミング機構を備えた32バルブ“ドライサンプ”ユニットで、1570kgのボディを、0-100km/h=5.0秒の勢いで押し出す。
アルミニウムの構造材に、スティール、アルミ、マグネシウムと、各種素材を用いたボディのサイズは、全長×全幅×全高=4383×1866×1255mm。ホイールベースは、兄貴分DB9より140mm短い2600mmとなる。

(webCG青木禎之)

関連キーワード:
V8ヴァンテージアストンマーティンジュネーブモーターショー2005イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • アストンマーティンDB11 V8(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.26 試乗記 アストンマーティンの主力モデル「DB11」に仲間入りした、V8エンジン搭載車に試乗。メルセデスAMGの手になるパワーユニットを与えられた新型は、この英国ブランドの将来性を感じさせるエネルギーに満ちあふれていた。
  • アストンマーティンDB11ヴォランテ(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.3.15 試乗記 「アストンマーティンDB11」のラインナップに「ヴォランテ」が加わった。510psの4リッターV8ツインターボがもたらす速さは、もちろんこのクルマの魅力には違いない。しかし、ヴォランテならではの魅力は、優雅に走ってこそ際立ってくるだろう。
  • アストンマーティンDB11ローンチエディション(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.15 試乗記 アストンマーティン伝統の、「DB」の2文字を車名に冠したニューモデル「DB11」。端々に伝統を感じさせるデザインで、新開発の5.2リッターV12ツインターボエンジンと先進のエアロダイナミクスを包んだ新世代アストンの実力を試す。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.2 試乗記 ランボやロールス、アストンなど、ラグジュアリーブランドのSUVが続々とデビューを果たした後も、「ベンテイガ」は孤高の存在であり続けられるのか? 大阪・京都へのちょっとぜいたくな旅を通して感じたのは、少し意外な“スゴさ”だった。
  • アストンマーティン・ヴァンテージ(FR/8AT)【海外試乗記】 2018.4.16 試乗記 スタイルも中身も一新! 攻めのデザインをまとって登場した、新型「アストンマーティン・ヴァンテージ」。アストンきってのリアルスポーツは、どれほどの走りを見せるのか? ポルトガル・アルガルベサーキットで、その実力を解き放った。
ホームへ戻る