「ジープ・チェロキー」05年モデル、内外装リフレッシュ

2005.03.04 自動車ニュース

「ジープ・チェロキー」05年モデル、内外装リフレッシュ

ダイムラー・クライスラー日本は、「ジープ・チェロキー」の2005年モデルを、2005年3月5日に発売する。

「チェロキー」05モデルの特徴はエクステリア。新型のフロントバンパー、フロントグリル、フォグランプ、ウィンカーランプ内蔵のオーバーフェンダー、ボディサイドモールディングなどでタフさを演出した。
インテリアでは、乗員の快適性と利便性の向上を図りフロントシート形状を変更。ウィンドウスイッチ位置の改善などが行われた。

個々のグレードでは、
・ベーシックな「スポーツ」では、ボディ同色フロントグリル、「ツインチューブ」形状のフロントバンパーを装備
・上級「リミテッド」では、グリル、サイドモールディングやルーフレールをクロームメッキ処理し高級感をアップ
・中間「レネゲード」は、よりフラットになったボンネット、オフロード用フォグランプ、テールランプガード、ボルトオンされたようなオーバーフェンダー、新設計のアルミホイールなどでオフロード性能を強調
などが従来型との違いだ。

全車に搭載される3.7リッターV6エンジンは、圧縮比とカムシャフト開閉タイミングを変更し低回転域での最大トルクを確保するなど、改良が施された。

価格は、スポーツが313万9500円、レネゲードが352万8000円、リミテッドは367万5000円となる。

(webCG 有吉)

ジープ:
http://www.jeep-japan.com/

関連キーワード:
チェロキージープ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
  • ジープ・コンパス ロンジチュード(FF/6AT)/コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2017.11.10 試乗記 ジープの都会派SUV「コンパス」がフルモデルチェンジして2代目に。オンロード走行もソツなくこなす“アーバン系ジープ”の最新モデルの出来栄えやいかに? 他ブランドのSUVにはない、ジープならではの魅力を探った。
  • ロータス・エリーゼ スプリント220(MR/6MT)【試乗記】 2018.5.19 試乗記 ロータスの軽量スポーツカー「エリーゼ」に、さらなる軽量化によって運動性能を高めた「スプリント」シリーズが登場。ファンにとって懐かしいモデル名をよみがえらせた新グレードは、どのような走りを見せるのか? 過給機付きの「スプリント220」で確かめた。
  • メルセデス・ベンツG500(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【海外試乗記】 2018.5.15 試乗記 ヘビーデューティーSUV「メルセデス・ベンツGクラス」が1979年のデビュー以来、初のフルモデルチェンジ! スクエアなデザインを受け継ぎながらも、フロントサスペンションなどは大幅に刷新された。軽やかで強烈な走りを報告する。
  • マツダが「アテンザ」を大幅改良 2018.5.24 自動車ニュース マツダがフラッグシップモデル「アテンザセダン/ワゴン」に大幅改良を実施。内外装のデザインを一新したほか、ゆとりある走りと快適な乗り心地、高い静粛性を実現するため、エンジンや足まわり、ボディーにも手を加えている。
ホームへ戻る