「ジープ・チェロキー」05年モデル、内外装リフレッシュ

2005.03.04 自動車ニュース

「ジープ・チェロキー」05年モデル、内外装リフレッシュ

ダイムラー・クライスラー日本は、「ジープ・チェロキー」の2005年モデルを、2005年3月5日に発売する。

「チェロキー」05モデルの特徴はエクステリア。新型のフロントバンパー、フロントグリル、フォグランプ、ウィンカーランプ内蔵のオーバーフェンダー、ボディサイドモールディングなどでタフさを演出した。
インテリアでは、乗員の快適性と利便性の向上を図りフロントシート形状を変更。ウィンドウスイッチ位置の改善などが行われた。

個々のグレードでは、
・ベーシックな「スポーツ」では、ボディ同色フロントグリル、「ツインチューブ」形状のフロントバンパーを装備
・上級「リミテッド」では、グリル、サイドモールディングやルーフレールをクロームメッキ処理し高級感をアップ
・中間「レネゲード」は、よりフラットになったボンネット、オフロード用フォグランプ、テールランプガード、ボルトオンされたようなオーバーフェンダー、新設計のアルミホイールなどでオフロード性能を強調
などが従来型との違いだ。

全車に搭載される3.7リッターV6エンジンは、圧縮比とカムシャフト開閉タイミングを変更し低回転域での最大トルクを確保するなど、改良が施された。

価格は、スポーツが313万9500円、レネゲードが352万8000円、リミテッドは367万5000円となる。

(webCG 有吉)

ジープ:
http://www.jeep-japan.com/

関連キーワード:
チェロキージープ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ロサンゼルスショー2017」の会場から(ジープ) 2017.12.4 画像・写真 いよいよ登場した新型「ラングラー」に、700psオーバーのモンスターSUV「グランドチェロキー トラックホーク」の姿も。ロサンゼルスオートショー2017の会場から、話題満載のジープブースの様子を写真でリポートする。
  • ホンダ・フリード ハイブリッド モデューロX Honda SENSING(6人乗り)(FF/7AT)【試乗記】 2018.1.20 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に、走りの質を高めるチューニングが施されたコンプリートカー「モデューロX」が登場。「N-BOX」「N-ONE」「ステップワゴン」と、すべてのモデューロX車をテストしてきた河村康彦が、その出来栄えを報告する。
  • 【LAショー2017】ジープ、新型「ラングラー」をお披露目 2017.11.6 自動車ニュース FCAがロサンゼルスオートショーで新型「ジープ・ラングラー」を世界初公開すると発表した。今回の新型は、従来モデルから伝統的な意匠を受け継ぎつつ、より低燃費なパワートレインや、先進の安全装備などが取り入れられるという。
  • ジープ・コンパス リミテッド(4WD/9AT)【試乗記】 2018.2.8 試乗記 「レネゲード」とともにジープのエントリーレベルを担う都会派SUV「コンパス」が、2代目にフルモデルチェンジ。世界4大陸の工場で生産されるグローバルモデルの出来栄えを、車内の利便性や乗り心地、運転のしやすさなど、さまざまな視点から確かめた。
  • フォルクスワーゲン・アルテオンRライン4MOTIONアドバンス(4WD/7AT)【試乗記】 2018.1.22 試乗記 フォルクスワーゲンから新しい上級モデル「アルテオン」が登場。カッコよさに使いやすさ、そして快適な乗り心地と、およそジドーシャに求められるすべての要素を満たしたニューモデルに触れ、資本主義社会における商品のあり方について思いを巡らせた。
ホームへ戻る