「ジープ・チェロキー」05年モデル、内外装リフレッシュ

2005.03.04 自動車ニュース

「ジープ・チェロキー」05年モデル、内外装リフレッシュ

ダイムラー・クライスラー日本は、「ジープ・チェロキー」の2005年モデルを、2005年3月5日に発売する。

「チェロキー」05モデルの特徴はエクステリア。新型のフロントバンパー、フロントグリル、フォグランプ、ウィンカーランプ内蔵のオーバーフェンダー、ボディサイドモールディングなどでタフさを演出した。
インテリアでは、乗員の快適性と利便性の向上を図りフロントシート形状を変更。ウィンドウスイッチ位置の改善などが行われた。

個々のグレードでは、
・ベーシックな「スポーツ」では、ボディ同色フロントグリル、「ツインチューブ」形状のフロントバンパーを装備
・上級「リミテッド」では、グリル、サイドモールディングやルーフレールをクロームメッキ処理し高級感をアップ
・中間「レネゲード」は、よりフラットになったボンネット、オフロード用フォグランプ、テールランプガード、ボルトオンされたようなオーバーフェンダー、新設計のアルミホイールなどでオフロード性能を強調
などが従来型との違いだ。

全車に搭載される3.7リッターV6エンジンは、圧縮比とカムシャフト開閉タイミングを変更し低回転域での最大トルクを確保するなど、改良が施された。

価格は、スポーツが313万9500円、レネゲードが352万8000円、リミテッドは367万5000円となる。

(webCG 有吉)

ジープ:
http://www.jeep-japan.com/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ジープ・レネゲード」の4WDモデルに“砂漠色”の新色登場 2017.8.10 自動車ニュース 「ジープ・レネゲード」の4WDモデル「トレイルホーク」のボディーカラーに、新規設定色の「モハベサンド」が追加された。広大な砂漠にインスピレーションを得たというベージュ系のボディーカラーで、これまでにも一部の特別仕様車などに設定されていた。
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
  • ホンダ・フィット ハイブリッドS(FF/7AT)/ハイブリッドL(FF/7AT)/RS(FF/6MT)【試乗記】 2017.7.22 試乗記 デビューから約4年を経て、3代目「ホンダ・フィット」がマイナーチェンジ。声高にうたわれるのはデザインの変更と先進安全装備の充実だが、試乗して感じたのは、クラスのレベルに収まりきらない、クルマとしての基本性能の向上だった。
  • ジープ・レネゲード トレイルホーク(4WD/9AT)【試乗記】 2016.4.18 試乗記 アーバンサイズ。アドベンチャークラス。がテーマの最新ジープ、「レネゲード トレイルホーク」の出来栄えは? 標準装着タイヤ「グッドイヤー・ベクター4シーズンズ」の印象と合わせてリポートする。
  • 100台限定、「フィアット500Xラウンジ」発売 2017.8.10 自動車ニュース 「フィアット500X」に100台限定の特別仕様車「ラウンジ」が登場。FFモデルの「ポップスター/ポップスタープラス」に準じたボディーに、1.4リッターターボエンジンをはじめとした、4WDモデル「クロスプラス」のパワープラントが搭載されている。
ホームへ戻る