注目のレクサス、新型プレミアムスポーツ「IS」を出展【ジュネーブショー05】

2005.03.03 自動車ニュース
【ジュネーブショー2005】注目のレクサス、新型プレミアムスポーツ「IS」を出展

【ジュネーブショー05】注目のレクサス、新型プレミアムスポーツ「IS」を出展

2005年3月1日、100周年を迎えた第75回ジュネーブ国際自動車ショーが、プレスデイで開幕した。
今年8月に日本での販売が開始される「レクサス」では、新型「IS」が出展された。『webCG』青木禎之のリポート。




【ジュネーブショー2005】注目のレクサス、新型プレミアムスポーツ「IS」を出展

間もなく日本でも展開がはじまるレクサスブランドのニューカマーは、「IS」。先代の邦名「アルテッツァ」の後継モデルで、先代より90mm長く、75mm幅広いボディをもつ。昨今、各メーカーからリリースされる“プレミアム”モデルと比較すると、エクステリアデザインの“線が細い”印象は拭えないが、そこに“和風な繊細さ”を見いだす向きもあるかもしれない。

欧州戦略のため、レクサスブランドとして、はじめてディーゼルエンジンをラインナップ。2.2リッターコモンレールのそれは、177psを発生、6段MTと組み合わされる。ガソリンユニットは、2.5リッターV6(204ps)で、こちらのトランスミッションは、6段MTあるいはパドルシフトが可能な6段ATとなる。
ステアリングは、電動式。

フロント:ダブルウィッシュボーン、リア:マルチリンクの足まわりをもつ。大きくなったボディの軽量化のために、アルミのボンネット、サスペンションメンバー、そしてエンジンが採られた。

(webCG青木禎之)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ISの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る