さほど高くない? 4ドア版「ベントレー・コンチネンタルGT」【ジュネーブショー05】

2005.03.03 自動車ニュース
【ジュネーブショー2005】さほど高くない? 4ドア版「ベントレー・コンチネンタルGT」

【ジュネーブショー05】さほど高くない? 4ドア版「ベントレー・コンチネンタルGT」

2005年3月1日、100周年を迎えた第75回ジュネーブ国際自動車ショーが、プレスデイで開幕した。フォルクスワーゲングループ傘下、初のニューモデル「コンチネンタルGT」が好調のベントレーは、その4ドアサルーンバージョン「コンチネンタル フライング スパー」を発表した。




【ジュネーブショー2005】さほど高くない? 4ドア版「ベントレー・コンチネンタルGT」

■「コンチネンタル」は絶好調

昨2004年、6000台を超える「コンチネンタルGT」を販売し、市場によってはいまだに1年以上のウェイティングリストをもつベントレーが、ニューモデルをローンチ。コンチネンタルGTをストレッチして4ドアにした「コンチネンタル フライングスパー」がそれである。

いかにもブリティッシュな名前をもつニューベントレーは、全長×全幅×全高=5307×2118(左右ミラー間)×1479mm。ホイールベースは、クーペより30cm以上長い3065mmに延ばされた。
フォルクスワーゲングループ肝いりの6リッターW12はターボで過給され、クーペと同じ560psを発生。6ATと組み合わされ、約2.5トンのボディを、停止から100km/hまで、わずか5.2秒でもっていく。四角い印象からは意外なことに、ドラッグ係数は、CD=0.31と悪くない。

日本へは、秋口に導入されそう。価格は「GTからさほど高くない」というから、2000万円+アルファといったところか。
なお、販売好調のベントレーは、英国クルー工場に加え、ドイツはドレスデンのフェートン用工場で、フライングスパーをノックダウン生産(!)することを発表した。

(webCG青木禎之)

関連キーワード:
コンチネンタルフライングスパーベントレーコンチネンタルGTジュネーブモーターショー2005イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 「ベントレー・ベンテイガ」にV8エンジン搭載モデル 2018.1.17 自動車ニュース 英ベントレー・モーターズは2018年1月12日(現地時間)、SUV「ベンテイガ」のV8エンジン搭載モデル「ベンテイガV8」を発表した。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
  • アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。
  • 第7回:「XC60」で行く吉田由美の爽快ドライブ 2018.1.9 徹底検証! ボルボXC60 カーライフエッセイストの吉田由美が新型「ボルボXC60」で、東京近郊の渓谷までドライブ。9年ぶりにフルモデルチェンジしたボルボの売れ筋SUVはどんなクルマに仕上がっているのか、その走りや使い勝手について詳しく報告する。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る