さほど高くない? 4ドア版「ベントレー・コンチネンタルGT」【ジュネーブショー05】

2005.03.03 自動車ニュース
【ジュネーブショー2005】さほど高くない? 4ドア版「ベントレー・コンチネンタルGT」

【ジュネーブショー05】さほど高くない? 4ドア版「ベントレー・コンチネンタルGT」

2005年3月1日、100周年を迎えた第75回ジュネーブ国際自動車ショーが、プレスデイで開幕した。フォルクスワーゲングループ傘下、初のニューモデル「コンチネンタルGT」が好調のベントレーは、その4ドアサルーンバージョン「コンチネンタル フライング スパー」を発表した。




【ジュネーブショー2005】さほど高くない? 4ドア版「ベントレー・コンチネンタルGT」

■「コンチネンタル」は絶好調

昨2004年、6000台を超える「コンチネンタルGT」を販売し、市場によってはいまだに1年以上のウェイティングリストをもつベントレーが、ニューモデルをローンチ。コンチネンタルGTをストレッチして4ドアにした「コンチネンタル フライングスパー」がそれである。

いかにもブリティッシュな名前をもつニューベントレーは、全長×全幅×全高=5307×2118(左右ミラー間)×1479mm。ホイールベースは、クーペより30cm以上長い3065mmに延ばされた。
フォルクスワーゲングループ肝いりの6リッターW12はターボで過給され、クーペと同じ560psを発生。6ATと組み合わされ、約2.5トンのボディを、停止から100km/hまで、わずか5.2秒でもっていく。四角い印象からは意外なことに、ドラッグ係数は、CD=0.31と悪くない。

日本へは、秋口に導入されそう。価格は「GTからさほど高くない」というから、2000万円+アルファといったところか。
なお、販売好調のベントレーは、英国クルー工場に加え、ドイツはドレスデンのフェートン用工場で、フライングスパーをノックダウン生産(!)することを発表した。

(webCG青木禎之)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コンチネンタルフライングスパーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【海外試乗記】 2015.12.26 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」がいよいよ公道に降り立った。スピードとパワー、そしてラグジュアリー性において、他をしのぐべく開発された“世界最高峰のSUV”の実力を南スペインで試した。
  • アストンマーティン・ヴァンキッシュ(FR/8AT)【試乗記】 2016.11.8 試乗記 アストンマーティンのフラッグシップクーペ「ヴァンキッシュ」に試乗。6リッターのV12自然吸気エンジンを搭載するヴァンキッシュには神性すら漂う。人生の最後にはこんな車に乗るに相応(ふさわ)しい男になりたいものである。
  • ベントレー・ミュルザンヌ(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.7.29 試乗記 2009年に発表された「ベントレー・ミュルザンヌ」。その“フェイスリフト版”の国際試乗会が、ドイツ南部のシュロス・エルマウというホテルを本拠地に催された。アルプス山麓でのドライビングを通して感じた、ベントレーの旗艦が放つ魅力を報告する。
  • ベントレー・フライングスパーに635psの高性能モデル登場 2016.9.8 自動車ニュース ベントレーが4ドアモデル「フライングスパー」シリーズの新たなフラッグシップとして「W12 S」を発表。エンジンの最高出力は635ps、最大トルクは83.6kgmに高められており、最高速度は325km/hと公称されている。
ホームへ戻る