フォード、新型「フォーカス」に早くもST登場【ジュネーブショー05】

2005.03.03 自動車ニュース
【ジュネーブショー2005】フォード、新型「フォーカス」に早くもST登場

【ジュネーブショー05】フォード、新型「フォーカス」に早くもST登場

2005年3月1日のプレスデイで開幕した、第75回ジュネーブ国際自動車ショー。欧州にも拠点をもつフォードは、フルモデルチェンジしたフォーカスのハイパフォーマンスバージョン「フォーカスST」や、スポーティなモノスペースカーのコンセプト「フォードSAVコンセプト」などを発表した。


スポーツタイプのシートは、本革とファブリックのコンビネーション。ファブリックカラーは、ボディ色とコーディネートされている。

【ジュネーブショー2005】フォード、新型「フォーカス」に早くもST登場

■「フォーカスST」はスポーティなオールラウンダー

2004年9月のパリサロンでお披露目された、新型「フォーカス」ハイパフォーマンスバージョン「フォーカスST」が、ジュネーブに登場した。
新しいフォーカスSTは、2.5リッター5気筒ターボユニットを搭載。最高出力は、従来のフォーカスST170より50psアップ、220psを発生するという。トランスミッションは6段MTが組み合わされる。

エクステリアは、バンパーに台形型のロワーグリルを埋め込み、重心の低さを演出。メッシュを張ってメカニカルな雰囲気を盛り上げたほか、サイドモールやテールゲートスポイラーなどを装着する。タイヤは225/40の18インチと、けっこうアグレッシブだ。インテリアは、ターボブースト計、油温計、油圧計を配した、ST専用のインストゥルメント・ポッドを採用。パフォーマンスカー好きの心をくすぐりそうなアイテムである。

ベース車がフルモデルチェンジしてから、1年をまたずに発表されたフォーカスST。デビューは、2005年末が予定されている。フォーカスシリーズは、これに加えて「ワゴン」と、欧州限定の「フォーカス4ドアモデル」、水素エンジンを搭載する試作車「フォーカスC-MAX H2-ICE」を出展した。




【ジュネーブショー2005】フォード、新型「フォーカス」に早くもST登場

■実験は見た目のみならず

「フォードSAVコンセプト」は、スポーティなデザインと走りを特徴とするモノスペースカーのデザインコンセプト。実験的なのは見た目だけでなく、共有アーキテクチャーを使った新車開発により、車種展開の可能性を模索するモデルでもある。




【ジュネーブショー2005】フォード、新型「フォーカス」に早くもST登場

SAVコンセプトは、フォードの共用アーキテクチャーを用い、ミニバン「ギャラクシー」とミディアムサルーン「モンデオ」の間にある量販モデルとして開発された。たとえるなら、「シビック」「ストリーム」や、「アクセラ」「プレマシー」だろうか。エクステリアデザインは、ダイナミックなドライビング性能が感じられる、未来のフォードデザインを表現したという。

(webCGオオサワ)

フォード:
http://www.ford.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.28 試乗記 欧州フォードのベストセラーモデルである「フィエスタ」が、いよいよ日本に上陸。注目の「1リッターEcoBoost」エンジンを搭載する新型は、どんな走りを見せるのか? 
  • ジュネーブショー2017の会場から(その27) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フォードのブースを画像で紹介する。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドSL(FF/5AT)【試乗記】 2017.7.28 試乗記 スポーティーな走りが身上の「スズキ・スイフト」に、待望のフルハイブリッド車が登場。スズキ独自のハイブリッド機構の出来栄えは? 好評価だったドライバビリティーに影響は? 7000文字(!)もの字数を費やし、その仕上がりを徹底的に検証する。
  • シトロエンC3(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.30 試乗記 ユニークな顔つきが印象的なシトロエンの新型「C3」。特別に速くもなければ、豪華なわけでもない。しかし小型実用車としての基本は外さぬ、フランス車らしい実直さに満ちていた。日本試乗向けのプリプロダクションモデルに試乗した。
  • 第10回:「フィエスタ日常劇場」にする?
    日常劇場番外編~フィエスタに一週間乗ってみて
    2016.2.3 フォード・フォーカス日常劇場<PR> ちょい乗りのつもりが、結局「フォード・フィエスタ1.0エコブースト スポーツアピアランス」と一週間も過ごしてしまった。小さなボディーならではの、街中での取り回しの良さや小気味いい走りに、すっかり夢中になってしまったからである。
ホームへ戻る