“クーペの精神をもつ”ベントレーのハイパフォーマンスサルーン【ジュネーブショー05】

2005.03.03 自動車ニュース
【ジュネーブショー2005】“クーペの精神をもつ”ベントレーのハイパフォーマンスサルーン

【ジュネーブショー05】“クーペの精神をもつ”ベントレーのハイパフォーマンスサルーン

ベントレーは、2005年のジュネーブショーに、新型4ドアサルーン「Continental Flying Spur」(コンチネンタル フライング スパーを世界初公開すると発表。2005年2月22日に、車両説明や写真を公開した。




【ジュネーブショー2005】“クーペの精神をもつ”ベントレーのハイパフォーマンスサルーン

「コンチネンタル フライング スパー」は、その名前、姿から想像されるとおり、「コンチネンタルGT」の4ドアバージョン。クーペ以上にラクシャリーな空間と、ニューコンチネンタルシリーズのスタイル、パフォーマンスを融合したという。ベントレー最高責任者のDr.フランツ・ヨセフ・ペフゲンいわく、「ハイパフォーマンスクーペの精神をもつ、贅沢な4ドアサルーン」だ。




【ジュネーブショー2005】“クーペの精神をもつ”ベントレーのハイパフォーマンスサルーン

幅と高さは2ドアのGTとほぼ同じだが、全長が503mm、ホイールベースは320mm延長され、全長×全幅×全高=5307×2118×1479mm/3065mmの堂々たる体躯を誇る。サブフレームなどにアルミニウムを採用して軽量化し、車重は90kg増しの2475kgに抑えた。




【ジュネーブショー2005】“クーペの精神をもつ”ベントレーのハイパフォーマンスサルーン

そのおかげか、エンジンはコンチネンタルGTと同じ6リッターV12気筒(560ps/6100rpm、66.3kgm/1600rpm)だが、0-100km/h加速はわずか5.2秒でこなし、最高速度は312km/hに達するという。

(webCGオオサワ)

ベントレー:
http://www.bentleymotors.com/

関連キーワード:
コンチネンタルフライングスパーベントレージュネーブモーターショー2005イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・ベンテイガ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.2 試乗記 ランボやロールス、アストンなど、ラグジュアリーブランドのSUVが続々とデビューを果たした後も、「ベンテイガ」は孤高の存在であり続けられるのか? 大阪・京都へのちょっとぜいたくな旅を通して感じたのは、少し意外な“スゴさ”だった。
  • BMW M5(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.19 試乗記 初代のデビューから30年以上の歴史を持つ、BMWのハイパフォーマンスセダン「M5」に試乗。6代目にして初めて4輪駆動システム「M xDrive」を採用した、その走りとは? 最高出力600psオーバーを誇るライバル車との比較を交えつつリポートする。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ/S560 4MATICロング【試乗記】 2018.3.27 試乗記 話題の新型直列6気筒エンジンを搭載する「メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ」に試乗。20年ぶりに帰ってきた直6は、ISGと48V電気システムという新機軸を得て、懐かしくも新しい仕上がりを誇っていた。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • ジャガーFタイプ400スポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2018.3.28 試乗記 「Fペース」に「Eペース」、さらには発売が待たれる電気自動車の「Iペース」と、いよいよもって充実してきたジャガーのSUVラインナップ。この潮流の中における、ピュアスポーツカー「Fタイプ」の“立ち位置”とは? 2018年限定グレードに試乗した。
ホームへ戻る