“クーペの精神をもつ”ベントレーのハイパフォーマンスサルーン【ジュネーブショー05】

2005.03.03 自動車ニュース
【ジュネーブショー2005】“クーペの精神をもつ”ベントレーのハイパフォーマンスサルーン

【ジュネーブショー05】“クーペの精神をもつ”ベントレーのハイパフォーマンスサルーン

ベントレーは、2005年のジュネーブショーに、新型4ドアサルーン「Continental Flying Spur」(コンチネンタル フライング スパーを世界初公開すると発表。2005年2月22日に、車両説明や写真を公開した。




【ジュネーブショー2005】“クーペの精神をもつ”ベントレーのハイパフォーマンスサルーン

「コンチネンタル フライング スパー」は、その名前、姿から想像されるとおり、「コンチネンタルGT」の4ドアバージョン。クーペ以上にラクシャリーな空間と、ニューコンチネンタルシリーズのスタイル、パフォーマンスを融合したという。ベントレー最高責任者のDr.フランツ・ヨセフ・ペフゲンいわく、「ハイパフォーマンスクーペの精神をもつ、贅沢な4ドアサルーン」だ。




【ジュネーブショー2005】“クーペの精神をもつ”ベントレーのハイパフォーマンスサルーン

幅と高さは2ドアのGTとほぼ同じだが、全長が503mm、ホイールベースは320mm延長され、全長×全幅×全高=5307×2118×1479mm/3065mmの堂々たる体躯を誇る。サブフレームなどにアルミニウムを採用して軽量化し、車重は90kg増しの2475kgに抑えた。




【ジュネーブショー2005】“クーペの精神をもつ”ベントレーのハイパフォーマンスサルーン

そのおかげか、エンジンはコンチネンタルGTと同じ6リッターV12気筒(560ps/6100rpm、66.3kgm/1600rpm)だが、0-100km/h加速はわずか5.2秒でこなし、最高速度は312km/hに達するという。

(webCGオオサワ)

ベントレー:
http://www.bentleymotors.com/

関連キーワード:
コンチネンタルフライングスパーベントレージュネーブモーターショー2005イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ベントレー・ベンテイガV8(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.1 試乗記 ベントレー初のSUV「ベンテイガ」のラインナップに加わった4リッターV8モデルが日本に上陸。W12とのパワー差は58ps。その走りには、どんな違いがあるのか? 2台を比較し、「V8」を選ぶ理由について考えた。
  • メルセデス・ベンツG500(4WD/9AT)/メルセデスAMG G63(4WD/9AT)【海外試乗記】 2018.5.15 試乗記 ヘビーデューティーSUV「メルセデス・ベンツGクラス」が1979年のデビュー以来、初のフルモデルチェンジ! スクエアなデザインを受け継ぎながらも、フロントサスペンションなどは大幅に刷新された。軽やかで強烈な走りを報告する。
  • ベントレー・コンチネンタルGT(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.28 試乗記 新世代プラットフォームを基に開発された、第3世代の「ベントレー・コンチネンタルGT」にオーストリアで試乗。ベントレーの伝統を継承しつつ革新的な進化を目指したという新型は、驚くほどシャープなモデルに仕上がっていた。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
  • ランボルギーニ・ウルス(4WD/8AT)【海外試乗記】 2018.5.11 試乗記 ランボルギーニ初の“スーパーSUV”「ウルス」に試乗。新しいタイプのファイティングブルには、ほかの高性能SUVとは違った持ち味があるのか。その走りをサーキットから一般道、オフロードまで、さまざまな道でチェックした。
ホームへ戻る