“クーペの精神をもつ”ベントレーのハイパフォーマンスサルーン【ジュネーブショー05】

2005.03.03 自動車ニュース
【ジュネーブショー2005】“クーペの精神をもつ”ベントレーのハイパフォーマンスサルーン

【ジュネーブショー05】“クーペの精神をもつ”ベントレーのハイパフォーマンスサルーン

ベントレーは、2005年のジュネーブショーに、新型4ドアサルーン「Continental Flying Spur」(コンチネンタル フライング スパーを世界初公開すると発表。2005年2月22日に、車両説明や写真を公開した。




【ジュネーブショー2005】“クーペの精神をもつ”ベントレーのハイパフォーマンスサルーン

「コンチネンタル フライング スパー」は、その名前、姿から想像されるとおり、「コンチネンタルGT」の4ドアバージョン。クーペ以上にラクシャリーな空間と、ニューコンチネンタルシリーズのスタイル、パフォーマンスを融合したという。ベントレー最高責任者のDr.フランツ・ヨセフ・ペフゲンいわく、「ハイパフォーマンスクーペの精神をもつ、贅沢な4ドアサルーン」だ。




【ジュネーブショー2005】“クーペの精神をもつ”ベントレーのハイパフォーマンスサルーン

幅と高さは2ドアのGTとほぼ同じだが、全長が503mm、ホイールベースは320mm延長され、全長×全幅×全高=5307×2118×1479mm/3065mmの堂々たる体躯を誇る。サブフレームなどにアルミニウムを採用して軽量化し、車重は90kg増しの2475kgに抑えた。




【ジュネーブショー2005】“クーペの精神をもつ”ベントレーのハイパフォーマンスサルーン

そのおかげか、エンジンはコンチネンタルGTと同じ6リッターV12気筒(560ps/6100rpm、66.3kgm/1600rpm)だが、0-100km/h加速はわずか5.2秒でこなし、最高速度は312km/hに達するという。

(webCGオオサワ)

ベントレー:
http://www.bentleymotors.com/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

コンチネンタルフライングスパーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ベントレー・フライングスパーV8 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.1.16 試乗記 「ベントレー・フライングスパーV8」の高性能仕様「V8 S」に試乗。21psと20Nmのエクストラを得た「S」モデルで印象的だったのはバランスの良さ。端正さとスポーティーさがジェントルに釣り合った、きめ細かなドライバーズカーだった。
  • レクサス・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.1.19 試乗記 新型ラグジュアリークーペ「LC」の投入や、旗艦セダン「LS」のフルモデルチェンジなど、ビッグイベントを控えるレクサスがオールラインナップ試乗会を開催。サーキットと公道で、レクサスの現時点での立ち位置を確かめた。
  • レクサスLS 2017.1.10 画像・写真 レクサスが、デトロイトショーで5代目となる新型「LS」を世界初公開した。新世代プラットフォーム「GA-L」や自動操舵機能つきプリクラッシュセーフティーなど、先進技術が採用されたフラッグシップセダンの姿を写真で紹介する。
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • 設計一新 スズキが新型「スイフト」を発表 2016.12.27 自動車ニュース スズキが新世代プラットフォーム「ハーテクト」を採用した新型「スイフト」を発表。従来モデルから大幅な軽量化を実現したほか、直噴ターボ車やマイルドハイブリッドを設定するなど、パワーユニットの拡充も図られている。
ホームへ戻る