「ロードスター」誰でも乗れる奥深いクルマ (MINIクーパーS)


月刊webCGセレクション7月号

「ロードスター」誰でも乗れる奥深いクルマ









【スペック】
全長×全幅×全高=3655×1690×1455mm/ホイールベース=2465mm/車重=1180kg/駆動方式=FF/1.6リッター直4SOHC 16バルブ・スーパーチャージャー・インタークーラー付き(170ps/6000rpm、22.4kgm/4000rpm)/価格=295万500円(テスト車=353万5350円/17アロイホイール205/45R17=16万8000円/自動防眩機能付ルーム・ミラー=1万8900円/インテリア・サーフェス ウッド調=1万500円/コクピット・クロノ・パッケージ=2万6250円/ナビゲーションシステム=28万3500円/CDチェンジャー=4万6200円/ホワイトインジケータライト=8400円/ETC=2万3100円)




受け継がれた「包容力」



MINIクーパーS(6AT)
……353万5350円

老若男女、趣味嗜好を(ほぼ)問わず愛され続ける「MINI」のキャラクターは、今も昔も変わらない。走ってヨシ、魅せてもOKのMINIとロードスターに通ずるモノとは……?

なんでもアリの個性派

MINI……といっても今の“MINI”ではなくクラシックMINIが本当に長い間、人気を維持してきた秘訣は、ここでサラッと語れてしまうようなものではない。とはいえ、その数多ある理由のひとつに、オーナーの好みや個性に合わせて、どんな風にでも乗る、あるいは魅せることができる、“たたずまいの懐の深さ”とでもいうようなものが挙げられることは間違いない。

たとえばドライバーに焦点をあわせれば、Tシャツにジーンズ、レザーのグローブまでしてスポーツテイストで乗るのも似合うし、ツイードのジャケットでパリッとキメてもイイ雰囲気だ。クルマそのものも、今っぽいメタリックカラーだろうがノスタルジックなソリッドカラーだろうと違和感なくハマるし、サーキットから飛び出してきたようなレーシーなモディファイも、ウッドとレザーでまとめた伝統的な着こなしもサマになってしまう。
決して無味無臭ではなく、クルマ自体しっかりとした個性があるのに、さらにこうした個人の色を濃厚に反映させることができる。そんな存在だからこそ、時代や流行に左右されることなく、性別や年齢も問うことなく、クラシックMINIは愛され続けてきたわけだ。


















“MINIとはなにか”

思えばロードスターも、初代モデルはそんな匂いを濃厚に漂わせていた。個人的にも当時、カスタムバイクに乗る友人が次なる素材として当時のMINIを買うかロードスターを買うか迷っていたことをよく覚えている。MINIと同じようにロールケージを組んでサーキットに向かうのも、革内装の「Vスペシャル」で都市を闊歩するのも、初代ロードスターはどちらもよく似合った。そんなキャラクターは、しかし残念ながら2代目では大きく後退してしまったのだが……。たとえば、あの肉感的なボディには、もはやVスペシャルは似合わなかったという具合に。

一方、クラシックMINIの系譜を受け継ぐ新しいMINIは、そのあたりを実にうまくやってのけた。その姿かたちは、もちろん往年のMINIをモチーフにしているものの、実はラインの1本にすら同じところは無い。なのにあの頃のMINIと同じように、どんな着こなしでも、どんな乗りこなしでもスルッと受け入れて、うまく着こなしてしまうのである。その包容力はホント大したものだと感嘆せずにはいられない。

結局、現行MINIを生み出し育ててきたスタッフたちは、“MINIとはなにか”を深く深く理解していたのだろう。だからこそ最初のうちはマニア筋から聞こえてきた否定的な声もすぐにかき消され、厚い支持へと結びついた。なにしろMINIは今、ここ日本で毎月1千台前後をコンスタントに売り上げているのだ。これはいうまでもなくロードスターより断然多い。あの頃のように自由に楽しめる懐の深さをもち、そしてどの時代ともシンクロできる魅力を持っていたロードスターだったら、そのうちの何割かはなびいていたんじゃないかと思うのだが……。
今そういうクルマを選ぼうとしたら、世界中見回してもMINIただ1台しかないのである。

(文=島下泰久/写真=高橋信宏/2005年7月)




戻る



トップへ戻る
| TOP | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |


  • mixi
  • linkedin
  • rss
注目の記事
Editor's Pick Up
メールマガジン「webCG通信」配信中!