「スマート・フォーフォー」、上級車の衣を纏った1.3リッター新グレード

2005.03.02 自動車ニュース

「スマート・フォーフォー」、上級車の衣を纏った1.3リッター新グレード

ダイムラー・クライスラー日本は、5ドアハッチバック「スマート・フォーフォー」に、新グレード「1.3パッション」を追加設定、2005年2月28日に発売した。

「フォーフォー」の1.3リッターモデルに、上級1.5リッターの内外装を配したのが「フォーフォー1.3パッション」だ。
スマートの特徴「トリディオンセーフティセル」とラジエーターグリル、ドアミラーカバーをシルバーとし、ルーフには「パノラミックグラスルーフ」を採用、開放感を演出した。加えて、フロントフォグランプや15インチアルミホイール(1.3は14インチ)を与えた。

インテリアには、本革巻きステアリングホイールなどを配し、スポーティさを出した。

価格は、ベース車の12.6万円高、197.4万円。1.5リッターモデル比では、31.5万円安い。

(webCG 有吉)

スマート:
http://www.smart-j.com/

関連キーワード:
フォーフォースマート自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(前編)【試乗記】 2016.10.10 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。試乗記の前編ではトゥインゴにスポットライトを当て、その実力を浮き彫りにする。
  • ルノー・トゥインゴ インテンス/スマート・フォーフォー ターボ(後編)【試乗記】 2016.10.11 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」と「スマート・フォーフォー」、国籍もメーカーも違うコンパクトカーだが、この新型から基本構造を共有する“兄弟車”になったのはご承知のとおり。後編はトゥインゴとフォーフォーを乗り比べ、それぞれの特徴を明らかにする。
  • スマート・フォーフォー パッション(RR/6AT)【試乗記】 2016.1.26 試乗記 新しい顔を得て、一段と立派に生まれ変わった新型スマートシリーズ。その本命ともいえる4人乗りの「フォーフォー」に試乗した。ドイツからやってきた新しいシティーコンパクトは、こんな人にお薦めだ。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2017.11.11 試乗記
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.11.23 試乗記