ホンダ、“超”ワイド&ローのニュー「シビック」【ジュネーブショー05】

2005.03.02 自動車ニュース
【ジュネーブショー2005】ホンダ、“超”ワイド&ローのニュー「シビック」

【ジュネーブショー05】ホンダ、“超”ワイド&ローのニュー「シビック」

2005年3月1日、100周年を迎えた第75回ジュネーブ国際自動車ショーが、プレスデイで開幕した。各社が意欲的なモデルを投入する、激戦区のCセグメントに、ホンダは幅広く低いフォルムをもつ、ニュー「シビック」(5ドア、欧州モデル)を発表した。『webCG』青木禎之が報告する。




【ジュネーブショー2005】ホンダ、“超”ワイド&ローのニュー「シビック」

ホンダは、シビックのコンセプトカーを展示した。あたかもクーペのようにみえる5ドアハッチで、「プレミアムCセグメントの新しいスタンダード」とホンダは主張する。

英国はスウィンドンで生産される欧州仕様で、日本へはリリースされない。140psを発生する2.2リッターディーゼル「i-CTDi」エンジンをはじめ、各種ガソリンユニットが用意される。
これまでより「低く」「幅広い」ニューシビック。「コンセプトカーが市販モデルにどれくらい反映されるのか?」とのリポーターの質問に、関係者は「70〜80%」と答えた。

(webCG青木禎之)

関連記事 ホームへ戻る