プジョーの新型クーペコンセプト「407プロローグ・クーペ」【ジュネーブショー05】

2005.03.01 自動車ニュース
【ジュネーブショー2005】プジョーの新型クーペコンセプト「407プロローグ・クーペ」

【ジュネーブショー05】プジョーの新型クーペコンセプト「407プロローグ・クーペ」

第75回ジュネーブ国際自動車ショー(2005年3月1日から13日まで開催)に、プジョーは新型ミドルクラス「407」のクーペバージョン「407プロローグ・クーペ」などを出展する。




【ジュネーブショー2005】プジョーの新型クーペコンセプト「407プロローグ・クーペ」

「407プロローグ・クーペ」は、406クーペの跡を継ぐモデルのコンセプト。クーペならではの滑らかなボディラインを、ウエストラインや19インチホイールなどが、アグレッシブに演出する。407の特徴たる巨大なフロントエアインテークは、クロムメッキのフロントグリルで覆った。


1936年に出展された「アンドリュー402」

【ジュネーブショー2005】プジョーの新型クーペコンセプト「407プロローグ・クーペ」

インテリアは、レッドレザーやシートのパンチングレザー、アルミなどの高級素材を採用。前後ともフルサイズのシートに外からの光が差し込む、明るく広い室内だという。

エンジンは、最高出力200ps以上、最大トルク44.9kgmを発生するV6コモンディーゼルターボ。トランスミッションは、ポルシェのティプトロニック式を採用した6段ATが組み合わされる。


「107」

【ジュネーブショー2005】プジョーの新型クーペコンセプト「407プロローグ・クーペ」

2005年は、ジュネーブショーがスイス国内の見本市として開催されてから100年、“国際ショー”を名乗るようになってから、75周年にあたる。“節目の年”ということで、プジョーは1936年の同ショーに出展した、プジョー初の流線型ボディをもつ「アンドリュー402」を展示。ほかに、トヨタと共同開発したというコンパクト「107」などを出展する。

(webCGオオサワ)

プジョージャポン:
http://www.peugeot.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • プジョーRCZ R(FF/6MT)【試乗記】 2014.4.17 試乗記 プジョースポールが手がけたハイスペックな「RCZ」に試乗。270psを生み出す1.6リッターターボユニットを搭載する「RCZ R」は、ドライバーに何を語りかけてくるのか? 箱根のワインディングロードを行く。
  • プジョーRCZ(FF/6MT)【試乗記】 2013.7.16 試乗記 デビューから3年を経て、マイナーチェンジが施された「プジョーRCZ」。新たな顔を得た“個性派クーペ”の実力を、あらためてチェックした。
  • プジョー3008GTライン デビューエディション(FF/6AT)【試乗記】 2017.6.20 試乗記 クルマの実用性能には一家言を持っているプジョー。彼らが本腰を入れて作ったSUVとなれば、期待はおのずと高まるというものだ。新型「プジョー3008」の限定モデル「GTライン デビューエディション」に試乗し、その“実用車力”を探った。
  • プジョーRCZ(FF/6AT)【試乗記】 2010.10.28 試乗記 プジョーRCZ(FF/6AT)
    ……399万円

    プジョーの超個性派クーペ「RCZ」は、乗ってみても印象的? 右ハンドルのオートマモデルで、走りと乗り心地を試した。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
ホームへ戻る