【スペック】カレラカブリオレ:全長×全幅×全高=4427×1808×1310mm/ホイールベース=2350mm/車重=1480kg/駆動方式=RR/3.6リッター水平対向6 DOHC24バルブ(325ps/6800rpm、37.7kgm/4250rpm)

ポルシェ911カレラカブリオレ/カレラSカブリオレ【海外試乗記】

サプライズはこれから 2005.02.26 試乗記 ポルシェ911カレラカブリオレ/カレラSカブリオレ911水冷モデルの2代目「997」型に、カブリオレが加わった。リトラクタブル“CC”全盛のなかソフトトップを採用したポルシェ最新のオープンモデルに、自動車ジャーナリストの河村康彦が乗った。
自動車ジャーナリストの河村康彦

自動車ジャーナリストの河村康彦
【スペック】
カレラSカブリオレ:全長×全幅×全高=4427×1808×1310mm/ホイールベース=2350mm/車重=1505kg/駆動方式=RR/3.8リッター水平対向6 DOHC24バルブ(355ps/6800rpm、40.8kgm/4600rpm)

【スペック】カレラSカブリオレ:全長×全幅×全高=4427×1808×1310mm/ホイールベース=2350mm/車重=1505kg/駆動方式=RR/3.8リッター水平対向6 DOHC24バルブ(355ps/6800rpm、40.8kgm/4600rpm)

“CC”全盛のなかで

成田からヒコーキを2回乗り継いで、丸一昼夜をかけてはるばるやって来たのは、スペインはセビリアの地。朝晩の冷え込みはまだ厳しくても、太陽が上れば「2月でも20度以上になることが珍しくない」という、恵まれた気候が当地の売り物だ。
ここでのネタは、オープンスポーツカー・フリークなら誰もが羨望の眼差しを注ぐであろう、ポルシェの新型「911カブリオレ」(997型)である。

先代の「メルセデス・ベンツSLKクラス」が、“バリオルーフ”なる名称で一気にメジャー化を推し進めて以来、世のオープンモデルのルーフシステムは、いわゆる“クーペ・カブリオレ”方式が勢力を拡大しつつある。“大”はメルセデスベンツSLクラス級から、“小”はわれらが「ダイハツ・コペン」まで、まるで「クーペ・カブリオレでなければ最新のオープンカーにあらず」といわんばかりに(?)隆盛を誇るタイプだ。

たしかに、人気が高まるのも当然とは言える。なにしろ「閉じれば」クローズドと同等の耐候性、快適性が得られ、「開けば」フルオープンならではの爽快感を満喫できる。まったく異なる2つのスタイリングを、スイッチひとつでモノにできる意外性も大きな魅力だろう。ルーフを閉じれば、ソフトトップとは比較にならない防盗性が得られるのも、物騒な話が多いご時勢には無視できないアピールポイントであるはずだ。



ポルシェ911カレラカブリオレ/カレラSカブリオレ【海外試乗記】の画像
風の巻き込みなどを考慮して、リアスポイラー上昇時の位置はクーペよりも20mm高い。CD値はクーペカレラSと同じ0.29。

風の巻き込みなどを考慮して、リアスポイラー上昇時の位置はクーペよりも20mm高い。CD値はクーペカレラSと同じ0.29。

スポーツカー屋の意地!?

それでもポルシェは、911にそんなシステムを採用しなかった。「ある程度まで検討したのは事実」だというし、実現すれば「ボクスター」との差別化を、より明確に打ち出すことができたはずである。なのに、ポルシェは敢えてソフトトップにこだわったのだ。

その理由について、ポルシェは「911にとって、軽量かつ低重心であることを実現するのが最重要課題であったため」と述べている。
新しい911カブリオレに採用されたルーフ・システムは、総重量がわずかに42kgだという。これは同クラスの“クーペ・カプリオレ”と比べておよそ半分で、「軽量であるのはもちろん、そのぶん重心を低くすることができた」と説明する。ちなみに、クーペと同時進行的な開発プロセスを採ったことにより、カブリオレ特有のボディ補強を重量の増加を最小限に抑えたという。実際、ボディシェルの重量増は「クーペ比でわずか7kgに収まった」という。このあたりに、“生粋のスポーツカー屋”としての考え方(と意地!?)がにじみ出ているというわけだ。



ソフトトップは996と同様、50km/hまで開閉可能。20秒で変身する。



あと2つにも期待

とはいえ、走りを厳しくチェックすれば「クーペよりもボディの剛性感が劣るかな?」というシーンが皆無とはいえない。ウォッシュボード状に荒れた路面を通過すると、ボディの共振周波数が低下してルームミラーの像が細かく振動する場面にも遭遇した。とはいえ、オープンボディとしてのしっかり感は世界トップレベルといえるのは、間違いない。もちろん、本格スポーツカーとしても十分納得のレベルにある。

走りのテイストは、どこをとっても「カレラ」「カレラS」クーペとほぼ同等。コレがぼくの偽らざる感想である。シビアにみれば、クーペ+85kgの重量増加は動力性能を低下させているはずだし、重さの変化はフットワークにも影響を及ぼしているはずだ。
が、そんな情報を念頭に置いたうえでも、「違いはほとんど無視できるレベル」という印象を受けた。開発陣によれば、「重量増を踏まえて、スプリングを同一型番ながら多少長めにして使っている」。さらに、PASM搭載車のフロントバネ定数は「(3.6リッターのAT仕様をのぞいて)10%小さい」などのリファインが施された。

「2005年は3つのサプライズを用意している!」というポルシェ。その第一弾たる911カブリオレは、おおよそ“予想通り”であり、“期待通り”の一台だった。となると、残り2台は一体どんな代物なのか!? そういえば、噂されてきた「ボクスター・クーペ」の名称が「カイマン」に決定! なる報も飛び交っている。

(文=河村康彦/写真=ポルシェジャパン/2005年2月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ポルシェ718ボクスターS(MR/7AT)【試乗記】 2016.11.17 試乗記 350psの2.5リッターフラット4ターボエンジン搭載の「718ボクスターS」に試乗。パワーはもちろん、乗り心地もハンドリングも抜かりなしの718ボクスターSだが、ポルシェにだってできないことはある。それは……。箱根の山道を目指した。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • BMW M240iクーペ(FR/6MT)【試乗記】NEW 2016.12.8 試乗記 コンパクトなボディーに、最高出力340psを発生する3リッター直6ターボエンジンを搭載した「BMW M240iクーペ」。MT仕様の試乗を通し、同門の高性能スポーツモデル「M2」に対するオルタナティブとしての実力を試す。
  • 「ポルシェ718ケイマンS」フォトギャラリー 2016.11.15 特集 往年の名車「718」の伝説を継承する、ポルシェの新たなプレミアムスポーツ「718ケイマンS」。新開発のターボエンジンがもたらす卓越した動力性能はもちろんのこと、先進感あふれるスタイリングや上質なインテリアも特長となっている。そのディテールを写真で紹介する。
ホームへ戻る