「オペル・ベクトラ」GTSとワゴンに「IDSプラス」搭載

2005.02.24 自動車ニュース

「オペル・ベクトラ」GTSとワゴンに「IDSプラス」搭載

ゼネラルモーターズ・アジアパシフィック・ジャパンは、2005年モデルの「オペル・ベクトラGTS」と、同「ワゴン」の価格を、2005年2月23日に発表した。いずれにも、新型「アストラ」に採用されたアクティブダンパー「CDC」を備える「IDSプラス」シャシーが搭載された。


【写真上】ベクトラGTS
【写真下】ベクトラワゴン(いずれも海外仕様)

■アクティブダンパー「CDC」採用

「ベクトラGTS」「ベクトラワゴン」2005年モデルのトピックは、新型「アストラ」が採用した、アクティブダンパー「CDC」(コンティニュアス・ダンピング・コントロール)を備える「IDSプラス」シャシーを、3.2リッターV6モデルに採用したこと。走行状況に応じてダンパーセッティングが最適化されるほか、スイッチ操作でサスペンションやパワーステアリングマッピング、AT変速ポイントのセッティングをスポーティに変更できる。

車種別の変更点は、GTS 3.2のアルミホイールを、17インチから18インチに変更して、スポーティイメージを演出。GTS 2.2は、ヘッドライトをウォッシャー付きのキセノンタイプに改めた。全グレードに、オートライトやハイレベルオーディオを標準搭載するなど、装備のグレードアップが図られた。
ベクトラワゴンは、全グレードの助手席を可倒式とし、最長2.9mの長尺物が積めるようになったほか、カーゴルームにセーフティネットを標準装備し、使い勝手を高めた。ほかに、ワゴン3.2のヘッドライトをウォッシャー付きキセノンに、上級「3.2プレミアム」は、前席がパワーシートとなった。

価格は若干アップ。「GTS 2.2」が365.0万円、「GTS 3.2」は440.0万円。「ワゴン3.2」が415.0万円、「ワゴン3.2 プレミアム」は445.0万円となる。

(webCGオオサワ)

オペル:
http://www.opel.co.jp/

関連キーワード:
ベクトラワゴンベクトラGTSオペル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • オペル・オメガワゴン スポーツ(4AT)【試乗記】 2002.8.7 試乗記 オペル・オメガワゴン スポーツ(4AT)
    ……429.0万円

    オペルのフラッグシップ「オメガ」。日本での2002年モデルは、17インチタイヤにスポーツサスを組み合わせた「オメガワゴン スポーツ」のみがラインナップされる。フロントグリルが新しい大型ワゴンに、webCG記者が試乗した。


  • オペル・アストラワゴン1.8 Sport(4AT)/2.0 Turbo Sport(6MT)【試乗記】 2005.2.16 試乗記 オペル・アストラワゴン1.8 Sport(4AT)/2.0 Turbo Sport(6MT)
    ……299万9500円 /349万9500円

    新型ゴルフがハッチバックのみにとどまっているうちに、オペル・アストラのワゴンが登場した。ホイールベースを延長し、実用性とスタイリングを両立させようという意欲作に、自動車ジャーナリストの島下泰久が試乗した。


  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】
    2018.6.9 試乗記 マツダが「ロードスター」と「ロードスターRF」に“商品改良”を実施。中でもハードトップのRFは、デビューからわずか1年半のクルマには常識破りともいえるほど大規模な改修を受けている。正式発売前のプロトタイプモデルに試乗し、その進化の度合いを探った。
  • 「オペル・アストラ」の人気車種「アストラワゴン」登場 2005.1.20 自動車ニュース ゼネラルモーターズ・アジアパシフィック・ジャパンは、コンパクトハッチ「オペル・アストラ」のワゴンバージョン「アストラワゴン」を、2005年1月20日に発売した。ラインナップはハッチバックと同様、ベーシックな「1.8CD」、アクティブダンパーを備える「1.8 Sport」と、2リッターターボを積む「2.0 Turbo Sport」の3種類だ。
  • 「アルファ・ロメオ・ジュリア」にシルバーでドレスアップした限定車 2018.6.9 自動車ニュース FCAジャパンは2018年6月9日、「アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ」をベースとした特別仕様車「クアドリフォリオ アルジェント」を設定し、30台の台数限定で発売した。価格は1139万円。
ホームへ戻る