【スペック】23S:全長×全幅×全高=4555×1745×1615mm/ホイールベース=2750mm/車重=1500kg/駆動方式=FF/2.3リッター直4DOHC16バルブ(165ps/6500rpm、21.4kgm/4000rpm)/価格=228万9000円(テスト車=299万2500/ミュージックHDD本体=5万7750円/ボイスコントロールDVDナビゲーションシステム=27万3000円/電動両側スライドドア=10万5000円/DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム:横滑り防止機構)+TCS=5万2500円/205/50R17 89Vタイヤ+17インチアルミホイール=2万6250円/リアエンターテインメントシステム=18万9000円)

マツダ・プレマシー23S(4AT)/ 20S(4AT)/ 20C(4AT) 【試乗速報】

Zoom-Zoom!なミニバンは「+One」? 2005.02.23 試乗記 マツダ・プレマシー23S(4AT)/20S(4AT)/20C(4AT)……299万2500円/279万3000円 /239万4000円マツダの新型「プレマシー」は、引き算の発想でミニバンのユーティリティを向上させようという野心作である。「7」から「6」へと座席を一つ減らすことで、自由な空間を得た。『NAVI』鈴木真人が速報する。
20Sのインパネ。

20Sのインパネ。
【スペック】
20S:全長×全幅×全高=4555×1745×1615mm/ホイールベース=2750mm/車重=1470kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(145ps/6000rpm、18.5kgm/4000rpm)/価格=205万8000円(テスト車=279万3000円/電動両側スライドドア=10万5000円/ミュージックHDD本体=5万7750円/ボイスコントロールDVDナビゲーションシステム=27万3000円/DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム:横滑り防止機構)+TCS=5万2500円/リアエンターテインメントシステム=18万9000円/205/55R16 89Vタイヤ+16インチアルミホイール=2万6250円/特別塗装色=3万1500円)

【スペック】20S:全長×全幅×全高=4555×1745×1615mm/ホイールベース=2750mm/車重=1470kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(145ps/6000rpm、18.5kgm/4000rpm)/価格=205万8000円(テスト車=279万3000円/電動両側スライドドア=10万5000円/ミュージックHDD本体=5万7750円/ボイスコントロールDVDナビゲーションシステム=27万3000円/DSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム:横滑り防止機構)+TCS=5万2500円/リアエンターテインメントシステム=18万9000円/205/55R16 89Vタイヤ+16インチアルミホイール=2万6250円/特別塗装色=3万1500円)

「センターオープンスペース」から発想

Zoom-Zoom-Zoom! 走る歓び
Zoom-Zoom-Zoom! 道は遥かに
Zoom-Zoom-Zoom! 退屈なんて
Zoom-Zoom-Zoom! 置き去りにして

マツダといえば「Zoom-Zoom」(子供の時に感じた動くことへの感動を意味する)であるが、ついに日本語歌詞がついてしまったのには驚いた。もう後戻りはできないのである。だから、ミニバンの「プレマシー」だって「Zoom-Zoom」が注入されているのだ。
それは具体的には何のこと? と問うと、「楽しいクルマ」という答えが返ってきた……もうちょっと気の利いた言い方がないもんだろうか。

ともあれ、新型プレマシーのいちばんのウリは、「6+One」と呼ばれる室内空間のパッケージングである。ミニバンは7人乗りが常識であるところをあえて6人乗りを基本とし、真ん中にウォークスルーの空間を置いたのだ。1999年にデビューした初代プレマシーが「5ナンバーサイズ」を最優先に開発されたのに対し、新型はこの「センターオープンスペース」から発想されている。だから、必然的に幅は広がって3ナンバーサイズとなった。

20Sの1列目、2列目シート。

20Sの1列目、2列目シート。
写真をクリックすると「カラクリ7thシート」と「カラクリ収納ボックス」の展開するさまが見られます。

写真をクリックすると「カラクリ7thシート」と「カラクリ収納ボックス」の展開するさまが見られます。

「カラクリ」でスペース拡大

7人乗りとはいっても、ミニバンの2列目センターのシートは大人が快適に過ごすには無理があった。そこでニュープレマシーは、2列目は通常2名乗車と割り切ってしまう。それによって1列目と2列目にはセンターに人が通り抜けることのできる空間が確保され、運転席から3列目まで車外に出ることなく行き来することができるというわけだ。1列目のシート幅が510mmなのに対し、2列目3列目でも500mmという数字である。

それでもどうしても7人乗りたい、という時のために用意されたのが、「+One」たる補助席である。なにやら小学校の遠足のバスを思い出させる言葉だが、これは2列目左側シートの下に隠されている。座面を跳ね上げると「カラクリ7thシート」を取り出すことができ、センターアームレストを背もたれとして使用することで7人目の乗員スペースが誕生するのだ。

右側シートの下には「カラクリ収納ボックス」があって、こちらをセットすれば物入れスペースが大幅に拡大する。無理して7人乗りであることをやめたので、使い勝手のいい空間が出現したわけだ。物を付加するのではなく、発想を逆転させるだけで自由度を高めたのだから、これは拍手ものである。

開発担当主査を務めた福永賢一さん。

20Sのエンジンルーム。

【スペック】
20C:全長×全幅×全高=4505×1745×1615mm/ホイールベース=2750mm/車重=1460kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC16バルブ(145ps/6000rpm、18.5kgm/4000rpm)/価格=184万8000円(テスト車=239万4000円/電動両側スライドドア&アドバンストキーレスエントリー&スタートシステム=13万6500円/Cパッケージ(イモビライザー+オートライト&レインセンサーワイパー+ディスチャージヘッドランプ)=7万8750円/ミュージックHDD本体=5万7750円/ボイスコントロールDVDナビゲーションシステム=24万1500円/特別塗装色=3万1500円)

運転席が特上席

初代に続いて開発担当主査を務めた福永賢一さんによると、2列目シートで母親が赤ちゃんのおむつを替えてゴミを処理し、そのまま運転席に戻ることもできるんだそうだ。わざわざ宣伝で取り上げたりはしないが、こういう実用性がミニバンのようなクルマでは大きな意味を持つのだろう。ちなみに、そんなカユいところに手の届くような配慮ができたのは、出産から間もない娘さんのアドバイスによるのだとか。思わぬところで親孝行をしたものである。

エンジンのバリエーションは2リッターと2.3リッターの2種類で、どちらも4段ATが組み合わされる。パワーでいえば20psの差なのだが、高速に乗って加速した時にはかなりの違いを感じた。2リッターでは結構もどかしいし、エンジン音も盛大だ。7人乗車ではもっとツラくなるだろう。
ただ、最近のミニバンではいつも感心させられることだが、後ろを振り向かないかぎりはセダンを運転していると錯覚してしまう身のこなしである。少なくとも、運転するのが苦痛というようなことは一切ないと言っていい。

特筆すべきなのは乗り心地だ。西湘バイパスのやたらに継ぎ目の多い路面を走っても、ドライバーに不快感を覚えさせることはない。実にしなやかに突き上げをいなしていく。気をよくして2列目を試してみたら、いきなりガツンと腰にショックがくるのには閉口した。明らかに運転席の乗り心地がひとクラス上なのだ。ミニバンがこれでいいんだろうかと思ったが、これでいいのだ。さすが「Zoom-Zoom」のマツダ、ミニバンといえどもドライバーズカーなのである。

(文=NAVI鈴木真人/写真=荒川正幸/2005年2月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プレマシーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • マツダ・ビアンテ グランツ-SKYACTIV(FF/6AT)【試乗記】 2013.6.25 試乗記 マツダのミドルサイズミニバン「ビアンテ」がマイナーチェンジ。スカイアクティブの2リッター直噴ガソリンエンジンと6段ATを得て、走りはどう変わった?
  • ホンダ・フリード/フリード+【試乗記】 2016.11.7 試乗記 ホンダのコンパクトミニバン&ハイトワゴンの「フリード」シリーズがフルモデルチェンジ。ハイブリッドのFF車、ハイブリッドの4WD車、そしてガソリンエンジンのFF車と、3つの仕様に一斉試乗し、2代目となった新型の実力を確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • ホンダ・フリードG Honda SENSING(FF/CVT)【試乗記】 2016.10.21 試乗記 8年ぶりのフルモデルチェンジで2代目となった、ホンダのコンパクトミニバン「フリード」に試乗。7人乗り仕様のガソリンエンジン車を連れ出して、新型の走りや乗り心地、使い勝手をチェックした。
  • マツダ・プレマシー 2010.7.1 画像・写真 フルモデルチェンジでNAGAREデザインを採用した新型「プレマシー」を写真で紹介する。
ホームへ戻る