SUVってまだ流行ってるの? (ランドローバー・ディスカバリー3)


月刊webCGセレクション8月号

SUVってまだ流行ってるの?






【スペック】
全長×全幅×全高=4850×1920×1890mm/ホイールベース=2885mm/車重=2570kg/駆動方式=4WD/4.4リッターV8SOHC32バルブ(299ps/5500rpm、43.3kgm/4000rpm)/価格=759万円(テスト車=789万円/DVDナビゲーションシステム<7型ワイドスクリーン/4×4インフォメーションシステム含む>=30万円)









悠然、洗練、されど道具である



ランドローバー・ディスカバリー3(4WD/6AT)
……789万円

ゴツいピュアオフローダーのイメージが強かった「ディスカバリー」だ が、モデルチェンジを受けた新型はプレミアム感、ラクシュリー性をま とって登場した。オフロードの走りは捨ててしまったのだろうか?

ディスカバリー、お前もか!?

生まれ変わったディスカバリーの姿を最初に見た時の印象は、「やっぱりこうなっちゃうんだなぁ」というものだった。正直に言えば、ちょっとだけ落胆したわけだ。と言っても、それはデザイン云々という話ではなく、むしろ見るからにハイグレード感が強まっていたせい。普通ならそれは歓迎すべきことなんだろうけれど、要するにそこで、ディスカバリーも性質が変わってしまったかなと早合点してしまったのだ。

最近のSUVを見ていると、どれもこれもオンロード性能ばかりを追求して、アクセルをもっと踏ませる、もっと踏まないとキモチよくないクルマになってしまっている感が強い。あのレンジローバーだって、その程度は相対的には大きくないものの、明らかにその傾向はある。けれど、そもそもSUVを買う意味って何なのかと考えると、それではあまりにツマラナイ。求めるものがセダンやワゴンとの差別化だったり威圧的なデカさだったりというだけなら、それでいいのだろう。けれどSUVには、ゆったり走る気持ち良さが、かつてはもっと濃厚にあったはず。追い越し車線を全開でカッ飛んでいくクルマに「せわしないねぇ」と呆れながら、こちらは自分のペースで移動の時間そのものを楽しむような、とても贅沢な……。















オフロードを捨てなかった

ところが実際に乗ってみたら、ディスカバリーはちっとも変わってはいなかった。あの悠然とした走りの魅力が、そこにはしっかり継承されていたのである。それも昔のままの姿ではなく、きちんとアップ・トゥ・デートされて。

その決め手は、おそらくオフロードを捨てなかったことだ。フルモノコックではなくビルトインフレーム型の堅牢なシャシー、驚異的なストローク量を誇るサスペンションと、ギア比はさほど速くないが正確な反応を示すサスペンション、敏感すぎないレスポンスを誇るジャガー製V8エンジン等々は、すべてディスカバリーの名にふさわしい本物のオフロード性能のため。しかし考えてみれば、それらの要素は、どれもオフロードに限らずすべてのクルマにとっての基本でもあるはずだ。

しかもそのハードウェアは、おそらくレンジローバーのノウハウが生きているのだろう、昨今のオンロード派SUVに倣い、格段の洗練ぶりを身につけている。その新しいボディ構造は、モノコックでは味わえない路面からの振動や騒音の小ささを実現しながら、フレームと上屋がバラバラに動くような悪癖をキッチリ抑えている。エアサスペンションはゆったりと長いストロークをうまく制御して過大なロールを抑え、ダンピングの効いた上質な乗り心地をもたらす。そしてウォームでマイルドなエンジン特性は、ヘヴィウェイトなボディを悠然と走らせることを可能にする、といった具合だ。

そうしてディスカバリー3は、オフロードでのパフォーマンスを犠牲にするどころかさらに引き上げる一方で、オンロードでも実にナチュラルで気持ちのいい走りをモノにしたというわけである。















「プレミアム」にどう向き合う?

そうやって先入観から解き放たれた目で見ると、スクエアなボディは質実剛健さと今っぽさのバランスが絶妙だし、豪華ではないがクオリティは高い室内も、気張らず、でも気持ちよく使えるイイ道具という感覚が心地よい。3列シートを備えた室内の使い勝手も上々。走りも中身もすべての要素が一本ピシッと筋が通っていて、なんとも清々しいのだ。

そんなわけで、この新しいディスカバリー3は、いわゆるSUVの中では個人的に断トツでオススメの1台。チャンスがあれば自分でも所有して使い倒してみたいと思うホドの存在である。けれど、レンジローバーに引きずられるかたちで一気に高まってしまった価格は、そんな思いをシュンと萎えさせるのも確か。これだと、プレミアムSUVを望む人はディスカバリーの名では目を向けず、ディスカバリーのファンはその価格に驚いて敬遠するという最悪の構図となる可能性は充分あり得る。

価格を下げるのは、まあ簡単ではないだろう。となると、その価格にふさわしい存在感、陳腐な言い方をすればプレミアム感をいかに身につけていくかが、きっとディスカバリー3の成否を決めることになるに違いない。もちろん一番いいのは、今のまま支持が高まっていくことなのだが……そうなってこそ、SUV市場はいよいよ成熟期に入ったと言えるような気がするのだ。

(文=島下泰久/写真=郡大二郎/2005年8月)




戻る

次へ



トップへ戻る
| TOP | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 |


  • mixi
  • linkedin
  • rss
注目の記事
Editor's Pick Up
メールマガジン「webCG通信」配信中!