【スペック】全長×全幅×全高=4565×1695×1470mm/ホイールベース=2700mm/車重=1250kg/駆動方式=FF/2リッター直4DOHC 16バルブ(155ps/6000rpm、19.6kgm/4000rpm)/価格=218万4000円(テスト車=263万2350円)

トヨタ・アリオンA20“Sパッケージ”(CVT)【ブリーフテスト】

トヨタ・アリオンA20“Sパッケージ”(CVT) 2005.02.18 試乗記 ……263万2350円総合評価……★★★「コロナ」「カリーナ」の跡を継ぐ中型セダン「プレミオ/アリオン」。ミニバン顔負けのシートアレンジができる3BOXのトップグレード「アリオンA20“Sパッケージ”」に、自動車ジャーナリストの笹目二朗が試乗した。
自動車ジャーナリストの笹目二朗

苦悩する中堅

今はなき「コロナ」は、トヨタ車のなかでも良心的な造りだったことから、中堅車として高い評価が与えられてきた。しかし、「アリオン(プレミオ)」と名前が変わってから、ボディサイズ以外はカローラ並みの車種になってしまったように感じる。主に内外装を手直しした今回のマイナーチェンジを経て、より“廉価版”的な感覚を与えるよう堕落してしまった。こうなると、2リッター+CVTの存在価値は薄く、1.5リッターで十分。というか、むしろ1.5をメインに据えたがっているようでもある。世の中の流れをリードする立場のトヨタにとって、ミニバンに力を注ぐ気持ちも理解できるが、5ナンバーサイズの上級実用4ドアセダンは、自動車界の根幹車種とも言えよう。このまま縮小の道を辿るのは寂しい気もする。新たに魅力を取り戻せるように再起を望みたい。

【概要】どんなクルマ?

(シリーズ概要)
「カリーナ」の跡を継ぐミディアムセダンとして、2001年12月にデビュー。販売系列が異なる「プレミオ」とは兄弟車で、アリオンはちょっと若々しいイメージを持つ。
ビスタと共用するプラットフォームに、5ナンバー枠に収まる4ドアセダンボディを架装。ミニバンを意識してか、オーソドクスな3BOXスタイルながら、リアシートは20度のリクライニング機構に加え、6:4分割可倒&フォールディング機構を備える。前席ヘッドレストをはずせば、フロントシートを後席座面とフラットにできるなど、ミニバン顔負けのシートアレンジが可能だ。
エンジンは、1.5リッター1NZ-FE型、1.8リッター1ZZ-FE型と、筒内直噴「D-4」2リッター1AZ-FSE型の3種類。トランスミッションは、2リッターがCVT、他のエンジンは4段ATと組み合わされる。足まわりはフロントがマクファーソン・ストラット/コイルの独立、リアはFFがトーションビーム/コイル、4WDはダブルウィッシュボーン/コイル。
(グレード概要)
「アリオンA20」は、2リッターエンジンを積むアリオンの上級モデル。“Sパッケージ”は、ディスチャージヘッドランプやアルミホイールを付与した最上級グレードである。快適装備がグレードアップされ、プライバシーガラスや雨滴感知式ワイパーなどを標準装備。ステアリングホイールとシフトノブは本革巻きとなる。

【車内と荷室空間】乗ってみると?

(インパネ+装備)……★★★★
木目パネルの仕上がりは上々。一見するとプラスチックには見えず、叩いた時の乾いた音でようやくそれと知れるほどだ。ダッシュボード周辺の仕上がりは、つなぎ目の隙間が狭いうえ、バラつきも少なく、見事の一言につきる。オプティトロンメーターを備えるが、視認性などは普通。格別な仕上げや技術的に新しい試みなどはなされていないが、初見評価では相当高得点が期待できる。トヨタの得意分野で実力発揮。
(前席)……★★★
サイズや形状は良好なのに、クッションに腰がなく座り心地は茫洋としている。リクライニングの調整は、このクラスならば電動またはダイヤル式の微調整が望ましい。テレスコピック機構はないが、着座の高さはまずまずでポジションはとれる。しかも、ヘッドクリアランスは高めで圧迫感はない。
サイドブレーキの2度踏みリリース方式は要改善だ。同じ操作でまったく逆の仕事をさせるのは間違いのもと。イザというとき反復使用できない不安も大きい。せめて、「クラウン」のように、シフトレバーとサイドブレーキリリースを連動させるといった工夫が欲しい。
(後席)……★★★
シートアレンジが盛り込まれた後席は、座り心地もまずまず。背もたれは段階的にリクライニングするが、一番立たせた状態でも少し寝過ぎに感じた。さらに、リクライニングするのはシートバックの一部。ドア横の帯部分が少し残ってしまうため、寝かした時に邪魔だった。ヘッドレストもやや遠め。
後席はダブルフォールディング機構を備え、トランクと繋げることができる。アイディアは欧州車っぽく、ラゲッジスペースを広く使える。
(荷室)……★★★
リアシートの背もたれは6:4の分割可倒式。トランクと繋げれば広大な荷物スペースが出現する。トランク部のデッキそのものが高いため、単体でも十分に広いといえるが、たくさん積める感覚はある。少ない荷物を置くときに転がらないよう、抑えるネットなどがあれば便利だろう。荷室にアクセスするには、いちいち前席足元のレバーを操作しなければならない。外からはカギがないと、開けることができないのは不便だった。

【ドライブフィール】運転すると?

(エンジン+トランスミッション)……★★★
「D-4」は以前より静かになった。ガソリン直噴エンジンが登場した時は、ディーゼルっぽい硬質な音が聞こえたが、今は十分な静粛性をもつ。4000rpm辺りから硬質な音が少し高まるとはいえ、変な音質ではない。CVTはマニュアルシフトできるタイプではないが、Dレンジのほかに、「S」と「B」レンジを搭載。ギア(?)を落とせばエンジンブレーキが期待できる。Sレンジはエンジン回転数があがり、レスポンスも向上。その気で飛ばせば結構速いクルマだ。
(乗り心地+ハンドリング)……★★
期待に反して、乗り心地はあまりよくない。コロナのようなフラットさは見られず、上下動が気になる。目地段差のような路面からの入力に対しても、ガツンと直接的ではないにしろ、変位は大きめだ。操縦安定性については、直進性が以前のレベルになく、微修正を要するしピシッとした落ちつきがない。“200万円のクルマ”がもたらす感覚というより、安物っぽい雑な乗り味。トヨタ製中級車らしくない。

(写真=峰昌宏)

【テストデータ】

報告者:笹目二朗
テスト日:2005年2月9日
テスト車の形態:広報車
テスト車の年式:2005年型
テスト車の走行距離:846km
タイヤ:(前)195/65R15 91S(後)同じ(いずれもブリヂストンB340)
オプション装備:音声案内クリアランスソナー(4万2000円)/リアフォグランプ(1万500円)/SRSサイド&カーテンシールドエアバッグ(6万3000円)/G-BOOK対応DVDボイスナビゲーション付きワイドマルチAVステーション+音声ガイダンス付きバックガイドモニター+TVアンテナ(30万1350円)/ボディカラー「ホワイトパールクリスタルシャイン」(3万1500円)
形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2):高速道路(6):山岳路(2)
テスト距離:216.3km
使用燃料:23リッター
参考燃費:9.4km/リッター

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • DS 3パフォーマンス ブラックスペシャル(FF/6MT)【試乗記】 2016.11.4 試乗記 「DS 3」史上最強の1.6リッターターボエンジンを搭載する限定車「DS 3パフォーマンス」に試乗。ビジュアル系にして体育会系でもあるスペシャルDS 3が“意味するところ”、それは山道でわかるだろう。
  • 日産GT-R NISMO(4WD/6AT)【試乗記】 2016.11.3 試乗記 日産の高性能スポーツモデル「GT-R」の中でも、特に動力性能を突き詰めた「NISMO」。クローズドコースはもちろん、一般道でも感じられる標準車との違いとは? NISMOだけが持ち合わせる“研ぎ澄まされた気持ちよさ”をリポートする。
ホームへ戻る