第194回:コージのロールス日記(その2)驚き!運転で人格変わっちゃいます!?

2005.02.18 小沢コージの勢いまかせ!

第194回:コージのロールス日記(その2)驚き!運転で人格変わっちゃいます!?

■セクシャル・ドライビング
ちょっと空いちゃったけど、ロールス日記の続きをば。(前回の日記はこちら)さて、とうとう買ってしまった“コージの動く城”(!?)こと「ロールスロイス・シルバースピリットII」。停まってても楽しめる絶大な別世界観もイイけど、もうひとつ気に入ったのが意外な運転の楽しさだ。よく「ロールスは運転するもんじゃない、後ろに乗るもんだ!」とか「ロールスにドライビングプレジャーはない」とか、したり顔で言う人がいますけど、よく言いますよねぇ。「アンタ、ホントにロールス運転したことあんの?」な〜んて、イヤミな反論したくなります。

たしかにロールスは後ろに乗る方が楽しくて、運転するとわりとゴツゴツした振動を感じて興ざめするのも事実(らしい。というのも俺、後ろに乗ったことないから!)。
でもね。運転しても意外と楽しいんですよ。まずステアリングフィール。そりゃあスポーツカーみたいなダイレクトさや、ボディとの一体感はない。ただ、そのひたすら重くて硬めのボディに、パワーアシスト効きまくりでなおかつ細めグリップのステアリングホイールの感触もいい。なんつーかなぁ。ほどよく硬いチーズをメチャクチャ切れるナイフでシュルシュル削ってく、っていうの? もしくは滑らかなビロードの服を来た女のカラダを、ゆっくりなぞるように触るっていうのかな。重いものを、思いっきりフリクションの少ないなかで丁寧に動かす感じがキモチよい。
やはり性的な楽しさですな。あえてじんわり、ゆっくり動かすという行為が非常にいやらしくキモチよい。


第194回:コージのロールス日記(その2)驚き!運転で人格変わっちゃいます!?

■恐るべし、イギリス様式

でね。これは意外なる副産物をもたらすのだ。一緒に乗った女性が鋭いこと言いました。「ねぇ、運転丁寧になったね」。
つまり結果、期せずしてGが急激に立ち上がるような乱暴なステアリング操作をしなくなったのだ(別にそれまでも乱暴じゃなかったけど)。と同時に、ATを含むドライブトレインがユルく、壊れやすそうな感じだから、2トンを越えるボディをゆっくり動かすべくアクセル&ブレーキ操作も自ずと丁寧になる。それが結果的に“ジェントリー・ドライビング”を生み出すのだ。これが「クルマが運転を矯正するってことか!」と初めて気づきました。

具体的には、乗る人にすごく気を使った運転になるわけだけど、ロールスの場合、それも不思議とイヤじゃない。自然にショーファー気分といいますか、クルマを停めたら思わず小走りでリアドアを開けに行きたくなるような、ちょっとしたシモベ気分になる。いやー、怖いわ〜イギリス様式って!

シルバースピリットIIは、ロールス&ベントレー専門店の『くるま道楽』さんで購入。ご主人はこのヒト、涌井さん。かなりのクルマバカなんで今度またご紹介いたします。
シルバースピリットIIは、ロールス&ベントレー専門店の『くるま道楽』さんで購入。ご主人はこのヒト、涌井さん。かなりのクルマバカなんで今度またご紹介いたします。

第194回:コージのロールス日記(その2)驚き!運転で人格変わっちゃいます!?の画像

■ミニバンを超えられる

それからね。もうひとつ思ったのが「これならミニバンを越えられるかなぁ」ってこと。現在、俺たち自動車ジャーナリズムの世界では、今やファミリーカーで日本を席巻しつつあるミニバンを否定する動きがあって、要するに「ミニバンよりセダンの方がいい」とか「スポーツカーに乗れ!」って言わせたがるんだけど、個人的には難しいと感じてたのよ。

だってさ。日本みたいなスピードを出せない国で、売れるクルマの主流がミニバンやコンパクトカーになるのは極自然なことじゃない。日常的に使う上では加速にしろ、快適性にしろ、豪華さにしろ、どれをとってもミニバンがセダンに劣るものはほぼない。だったら大勢乗れて便利な方がいいに決まってる。
でもね。ロールスならばファミリーカーとしてミニバンを越えられると思いました。この様式美、快適性、別世界観は、絶対ミニバンじゃ出せません。しかも意外とコイツを、じいさんばあさんから子供まで結構喜ぶのだ。そしてロールスにはセダンという形式が一番相応しい。

この問題はまた今後考えますけど、いろんな意味でロールス、気に入ってます! また報告するんでよろしくね。

(文と写真=小沢コージ/2005年2月)

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

あなたにおすすめの記事
新着記事
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー NEW

    トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー

    2017.6.23画像・写真
    モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • CAR LIFE with Dyson NEW

    CAR LIFE with Dyson

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんとwebCG編集部員が愛車を徹底的に掃除する!ダイソンが2017年5月に発売したコードレス・ハンディークリーナー、Dyson V6 Car + Boat Extraの実力やいかに?
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4 NEW

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    webCG編集部内において、いつの間にやらすっかり少数派となった独身男子。数少ない“生き残り”のひとりである編集ほったが、「Dyson V6 Car + Boat Extra」とともにマイカーである「ダッジ・バイパー」の清掃に臨む。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3 NEW

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    「Dyson V6 Car + Boat Extra」の吸引力を確かめるべく、家族5人、2泊3日のキャンプを行った後に掃除を行った。想像以上のコードレス掃除機体験やいかに。webCG編集部きってのキャンプ名人、折戸がリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2 NEW

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    楽しい家族ドライブ。しかしその後には、菓子の食べこぼしに、土、砂、ホコリと、車内の掃除が待っている。「Dyson V6 Car + Boat Extra」があれば車内清掃も楽しくなる? webCG編集部のSAGがリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1 NEW

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんは、取材で東奔西走する毎日を過ごしている。愛車の「アウディS1」は休む間もなく走り回り、本格的に掃除をする時間がなかなかとれないのが悩みだそうだ。わかりました、それでは今日は「Dyson V6 Car + Boat Extra」で、徹底的にS1をきれいにしてあげてください!