電動ガラスサンルーフ付き「ルノー・メガーヌツーリングワゴン」発売

2005.02.16 自動車ニュース
 

電動ガラスサンルーフ付き「ルノー・メガーヌツーリングワゴン」発売

ルノー・ジャポンは、「ルノー・メガーヌツーリングワゴン」に、電動ガラスサンルーフを備えた「グラスルーフシリーズ」2車種を追加設定、2005年2月14日に発売した。

 

2004年6月に日本上陸を果たした「メガーヌツーリングワゴン」。ハッチバックのホイールベースを60mm、全長を290mm延長し実用性を高めたステーションワゴンに、開放感がプラスされた。

ルーフの大半を覆う電動ガラスサンルーフは前後2分割され、前半部はチルト機構を持つ。ガラスは「メガーヌグラスルーフカブリオレ」と同様のフランスサンゴバン社「ヴィーナス40」と呼ばれるもので、赤外線を78%、紫外線を95%遮断。サンシェードも装備し、車内の快適性に配慮する。

より明るくなったインテリアには、ベージュの内装&シートを配置。ベーシックモデルの「2.0グラスルーフ」には本革+クロスの組み合わせ、上級「2.0グラスルーフプレミアム」には本革を与えた。

機関は2リッター直4+マニュアルモード付き4段ATで、価格は2.0グラスルーフが299万2500円、2.0グラスルーフプレミアムは325万5000円と、ノーマルルーフ車より17万8500円高い。

(webCG 有吉)

 

ルノー・ジャポン:
http://www.renault.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

メガーヌエステートの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る