電動ガラスサンルーフ付き「ルノー・メガーヌツーリングワゴン」発売

2005.02.16 自動車ニュース
 

電動ガラスサンルーフ付き「ルノー・メガーヌツーリングワゴン」発売

ルノー・ジャポンは、「ルノー・メガーヌツーリングワゴン」に、電動ガラスサンルーフを備えた「グラスルーフシリーズ」2車種を追加設定、2005年2月14日に発売した。

 

2004年6月に日本上陸を果たした「メガーヌツーリングワゴン」。ハッチバックのホイールベースを60mm、全長を290mm延長し実用性を高めたステーションワゴンに、開放感がプラスされた。

ルーフの大半を覆う電動ガラスサンルーフは前後2分割され、前半部はチルト機構を持つ。ガラスは「メガーヌグラスルーフカブリオレ」と同様のフランスサンゴバン社「ヴィーナス40」と呼ばれるもので、赤外線を78%、紫外線を95%遮断。サンシェードも装備し、車内の快適性に配慮する。

より明るくなったインテリアには、ベージュの内装&シートを配置。ベーシックモデルの「2.0グラスルーフ」には本革+クロスの組み合わせ、上級「2.0グラスルーフプレミアム」には本革を与えた。

機関は2リッター直4+マニュアルモード付き4段ATで、価格は2.0グラスルーフが299万2500円、2.0グラスルーフプレミアムは325万5000円と、ノーマルルーフ車より17万8500円高い。

(webCG 有吉)

 

ルノー・ジャポン:
http://www.renault.jp/

関連キーワード:
メガーヌエステートルノー自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ルノー・メガーヌ スポーツツアラーGT(FF/7AT)【試乗記】NEW 2018.1.19 試乗記 新型「ルノー・メガーヌ」のワゴンモデル「スポーツツアラーGT」。205ps&280Nmの高出力ターボエンジンと、四輪操舵システム、そしてハッチバックよりちょっと長めのボディーとホイールベースが織り成す走りをリポートする。
  • スバル・レガシィ アウトバック リミテッド(4WD/CVT)【レビュー】NEW 2018.1.19 試乗記 30年を超える歴史を持つ“筋金入り”のクロスオーバーSUV「スバル・レガシィ アウトバック」が、マイナーチェンジで商品力をアップ。スバルのこだわりが詰まったフラッグシップモデルの実力を、スキーシーズンを迎えた冬の霧ヶ峰で確かめた。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る