【スペック】全長×全幅×全高=4755×1810×1450mm/ホイールベース=2755mm/車重=1510kg/駆動方式=FF/3リッターV6DOHC24バルブ(226ps/6150rpm、28.6kgm/4900rpm)/価格=430.5万円(テスト車=同じ)

フォード・モンデオST220(6MT)【試乗速報】

MTを楽しむ大人たちへ 2005.02.15 試乗記 フォード・モンデオST220(6MT)……430.5万円ヨーロッパ・フォードの高性能シリーズ「ST」に新たなモデルが登場した。特殊車両開発部門「SVE」が開発したハイパフォーマンスセダン「モンデオST220」に、『webCG』本諏訪裕幸が試乗した。

3リッターセダン+マニュアルの選択

魅力的なクルマが入ってきたものだ。「フォード・モンデオST220」、3リッター+6MTのセダンである。
3リッター以上のセダンでMTが選べる車種は非常に少ない。現行国内ラインナップでは「BMW330i」「日産スカイライン」「スバル・レガシィB4」ぐらいだ。webCG読者から「最近はマニュアル車が選べない」と投稿が多いのも、このクラスである。
たしかに、パワーにゆとりがある大排気量車であればATでも楽に走れる。AT自体も多段化するなど進化し、MTよりスムーズな運転になることも多い。とはいうものの、運転を楽しむ向きが多いwebCG読者においては、人と車の一体感という意味で物足りなさを感じておられるのだろう。

今回試乗した「モンデオST220」は、特殊車両の開発をも行う「スペシャルヴィークルエンジニアリング(SVE)」(現:フォード・チームRS)が手がけたハイパフォーマンスモデルだ。
搭載されるのは3リッターV6デュラテックエンジン。本国では従来よりあるユニットであるが、STに搭載するにあたり、吸排気系の見直しや、クランクシャフト、カムシャフトなどの軽量化が行われた。加えてピストンやコネクティング・ロッドのバランス取りまでされているというのは、モータースポーツに深く関わるフォードらしいチューニングだ。さらにはラジエーターの大型化、オイルクーラーの追加装備もなされている。
トランスミッションは、ゲトラク社と共同開発したという6段マニュアル。軽量化とコンパクト化に貢献する「ツインレイシャフト」設計は、2つのファイナルドライブシャフトを持つという凝った作りのものである。

「(フォーカスにある)RSグレードは、特別なコンペティションモデル。STはストリートでの高いパフォーマンスを目指した」という広報氏の説明通り、普段使いの装備をそのまま残している。8ウェイパワーシートとなる、バケットタイプのレカロ製レザーシート、シートヒーター、インダッシュタイプの6連奏CDチェンジャーなども標準だ。

軽いフィーリング

ボディカラーのラインナップは、フォードのイメージカラーでもあるブルー(ハイパフォーマンスブルー)一色となる。およそ15mm低められたという車高と、専用のバンパー、控えめなリアスポイラーなどが、他グレードとの外観上の違いである。

走り出すとまず感じるのは、フィールの軽さだ。このクルマの前に試乗した2.5リッターのV6GHIAは、ペダルやステアリングなどの操作系が重かった。しかし、ST220では、ステアリングギア比がクイックにされ、ベーシックモデルから1インチアップとなる225/40R18サイズの大径タイヤを装着しているにもかかわらず、操作が軽い。パワステのアシストが変更されたと思われる。さらに、アクセルペダルに対するレスポンスも良く、1510kgの車体をらくらくと引っ張っていった。唯一、ブレーキだけは重たいタッチで、しっかり踏まないといけないから、他車から乗り換えると若干とまどうこともある。とはいえ、ストッピングパワーは問題なく、100km/hからの急制動で37mという優れた性能を発揮するという。

いい仕事をしている

「いい仕事をしているなぁ」
同行した『NAVI』中村が、サスペンションの細やかな動きを感じるたびにつぶやく。機械式のダンパーでこの感触を得るためには、研究開発に多くの時間をかけたに違いない。また、レースシーンからのノウハウも注ぎこまれているのだろう。「いい仕事」という言葉は、サスペンションの動きだけではなく、エンジニアをも褒めているのだと思い、深くうなずいた。
事実、スプリングレート、ダンパー減衰力の改良はもとより、フロントセクションはアーム類やストラットのマウント位置を変更するなど、サスペンションには大きく手が加えられた。単にエンジンを載せ替えただけの上級グレードではないのだ。

排気音、エンジン音も控えめであり、おおっぴらにハイパフォーマンスモデルであることを主張していない。あくまでジェントルなセダンであった。ペダルがアルミになっていないのは、革靴でも滑らないためであると、勝手に判断。スーツを着ていても、MTで運転を楽しみたいという大人にうってつけである。

このモンデオST220は20台限定の販売となるが、フォーカスST170同様に、人気に応じて追加投入もあると予想される。日本でのMT需要は一部に限られるが、少数ながらも確実に存在するということは事実。クルマのデキはもちろんであるが、MT限定車を投入したというインポーターそのものも評価したくなる。

(文=webCG本諏訪裕幸/写真=高橋信宏/2005年2月)

関連記事
  • フォード・モンデオST220(6MT)【試乗速報】 2005.2.15 試乗記 フォード・モンデオST220(6MT)
    ……430.5万円

    ヨーロッパ・フォードの高性能シリーズ「ST」に新たなモデルが登場した。特殊車両開発部門「SVE」が開発したハイパフォーマンスセダン「モンデオST220」に、『webCG』本諏訪裕幸が試乗した。


  • フォード・モンデオST220(FF/6MT)【試乗記】 2006.7.7 試乗記 フォード・モンデオST220(FF/6MT)
    ……450.0万円

    2006年からカタログモデルとなった、「チームRS」が手がけたフォードのスポーティスペシャル「ST」シリーズ。ミドルサルーン「モンデオST220」は、派手さこそないが、随所にプロの業が感じられるクルマだった。


  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • フォード・モンデオセダン V6ギア(5AT)【試乗記】 2002.6.21 試乗記 フォード・モンデオセダン V6ギア(5AT)
    ……323.0万円

    「ジャガーXタイプとプラットフォームを共用する」といった、モデル政策上のニュースが先走った感のあるフォード・モンデオ。しかしドライブすると、Xタイプとはまた違ったクルマに仕上がっていた。webCGエグゼクティブディレクターが報告する。


  • フォード・フォーカスST170(6MT)【試乗記】 2003.7.30 試乗記 フォード・フォーカスST170(6MT)
    ……300.0万円

    エンジンに“スペシャルヘッド”が奢られ、最高出力173psにチューンされた2リッターツインカムを積む「フォーカスST170」。6段MTが組み合わされたスペシャルモデルに乗った自動車ジャーナリスト河村康彦は、ST170のパフォーマンスとライドコンフォートのバランスに満足するも……。


  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • 第40回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    まるでV8サウンド!? プジョー308に一踏みぼれ
    2017.5.9 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第40回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! まるでV8サウンド!? プジョー308にひと踏みぼれ」。加速良し! 価格良し! サウンド良し! プジョー308はディーゼル車に思いを寄せる筆者の大本命となるか!?
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • 「アルファ4C/4Cスパイダー」に創業107周年記念の特別仕様車 2017.4.25 自動車ニュース FCAジャパンは2017年4月25日、アルファ・ロメオの創業107周年を記念した特別仕様車「4C/4C Spider 107th Edition」を設定し、2017年5月1日から6月30日までの期間限定で注文を受け付けると発表した。
  • プジョー308SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.25 試乗記 ディーゼルの本場フランスのプジョーが日本に導入したクリーンディーゼルモデル「308SW GT BlueHDi」で、東京から名古屋までのロングツーリングを実施。往復735kmの道のりで見えてきた、このクルマの魅力と欠点とは?
ホームへ戻る