新型「ホンダ・シビック」を示唆するスポーティなコンセプト、米国で披露

2005.02.15 自動車ニュース

新型「ホンダ・シビック」を示唆するスポーティなコンセプト、米国で披露

本田技研工業の米国現地法人アメリカン・ホンダモーターは、米国イリノイ州シカゴで開催中の「2005シカゴオートショー」(2005年2月9日から20日まで)で、2005年後半にリリースを予定しているニューモデル「シビックSiクーペ」の北米専用コンセプトカーを発表した。次期シビックを示唆するモデルとして注目を集めている。

開発も最終段階に入ったと見られる新型「シビック」の北米ラインナップは、2ドアクーペ、そして4ドアセダン(ガソリン車、ハイブリッド車、天然ガス車)である。
このうち、11月のSEMA(Specialty Equipment Market Association)ショーで量産版がデビューする、彼の地ではお馴染みの「シビックSiクーペ」は、もっともスポーティなモデルとなる。

従来からハッチバックやセダンなど、実用車として認知されてきたシビックは、「エモーショナルなスタイリングや高性能エンジンによる爽快な走り」(プレスリリース)という宣伝文句どおり、このクーペをイメージセッターにイメチェンを図る。

そのSiコンセプトは、200psの「i-VTEC」ユニット&6段MT、LSD、18インチアルミホイール、225/40R18タイヤ、ブレンボ製4ピストンキャリパー付き四輪ディスクブレーキなどを備えた仕様という。

(webCG 有吉)

本田技研工業「シビック」:
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/civic/

関連キーワード:
シビックホンダイベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック 2017.7.27 画像・写真 「ホンダ・シビック」がいよいよ日本で復活。スポーティーなキャラクターを特徴としている「ハッチバック」のディテールを写真でリポート。ブラックの装飾パーツやセンターマフラーなどでアグレッシブに仕立てられたスタイリングを紹介する。
  • ホンダ・シビックハッチバック(FF/6MT)【試乗記】 2018.1.16 試乗記 6年ぶりに日本市場に復活した「ホンダ・シビック」。発売後約1カ月間の受注比率で35%を占めたという「ハッチバック」の6段MT仕様は、あるいは今回の復活劇の、陰の主役と言えるかもしれない。高速道路を一路西へ、箱根のワインディングロードを目指した。
  • ホンダ・シビックセダン(FF/CVT)/シビックハッチバック(FF/CVT)【試乗記】 2017.11.24 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。イメージリーダーを務めるのはもちろんホットバージョンの「タイプR」だが、果たして“素”のモデルの出来栄えは? 「ハッチバック」と「セダン」、それぞれの魅力を探った。
  • ホンダがマイナーチェンジ版「ヴェゼル」の情報を先行公開 2018.1.25 自動車ニュース 本田技研工業は2018年1月25日、同年2月中旬にマイナーモデルチェンジを予定しているコンパクトSUV「ヴェゼル」に関する情報を、ホームページで先行公開した。
  • ホンダ・シビック タイプR(FF/6MT)【試乗記】 2017.12.13 試乗記 320psのパワーと400Nmのトルクを誇る新型「ホンダ・シビック タイプR」。その速さはもはや“FFのスーパーカー”と呼ぶべきものだ。ニュルブルクリンクの北コースを7分43秒80で駆け抜けたその次は、一体どこに向かおうとしているのだろうか?
ホームへ戻る