独BMW、「1シリーズ」にトップグレード「130i」を追加

2005.02.14 自動車ニュース

独BMW、「1シリーズ」にトップグレード「130i」を追加

独BMW AGは、エントリーモデル「1シリーズ」に、3リッター直6を載せたトップグレード「130i」を追加設定する。2005年3月のジュネーブショーで披露し、9月には市場へ投入する予定という。




「3シリーズ」よりさらに小さな「BMW 1シリーズ」は、2004年9月にデビュー&日本上陸。BMWがいわゆる“Cセグメント”市場に割って入らんとする、このクラスでは珍しいFRを採用したハッチバックモデルは、昨年末までに3万9247台がラインオフしたという。

日本で正規販売される「116i」(1.6リッター)、「118i」&「120i」(2リッター)に加え、欧州ではディーゼルユニット搭載モデル2種類も用意されるが、これにトップグレード「130i」が仲間入りする。




心臓部は「630iクーペ」と同様の3リッター直6エンジン。258psの最高出力、30.6kgmの最大トルクを発生し、乗員を0-100km/h加速=6.2秒、最高速度=250km/hの世界へ誘う。

デザイン上のアピールは控えめ。ランフラットタイヤを履く専用のVスポークデザインの17インチホイールや、BMWの印たるキドニーグリルのクロームメッキフィン、あるいはドライバーの目前にある新意匠のメーター&ディスプレイなどがトップモデルの証である。

(webCG 有吉)




BMWジャパン:
http://www.bmw.co.jp/

関連キーワード:
1シリーズBMWイベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • BMWの新型SUV「X2」が日本デビュー 2018.4.16 自動車ニュース BMWジャパンは2018年4月16日、新型のSUV「BMW X2」を発表し、同日、受注を開始した。基本設計を「X1」と共有しつつも、クーペタイプのスタイリッシュなデザインを特徴としている。
  • 第3回:ディーゼル車「V40 D4」で駆ける 2018.4.17 ボルボV40 解体新書 クリーンディーゼルエンジンを搭載する、ボルボのコンパクトハッチバック「V40 D4」。2015年夏の発売以来、国内で人気を集めてきたのはなぜか。装備充実のグレード「インスクリプション」に試乗してその理由を探った。
  • ボルボXC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション(4WD/8AT)【試乗記】 2018.4.13 試乗記 ボルボが初めて手がけたプレミアムコンパクトSUV「XC40」とは、どんなクルマなのか。装備満載の限定車「XC40 T5 AWD R-DESIGN ファーストエディション」に試乗して、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る