独BMW、「1シリーズ」にトップグレード「130i」を追加

2005.02.14 自動車ニュース

独BMW、「1シリーズ」にトップグレード「130i」を追加

独BMW AGは、エントリーモデル「1シリーズ」に、3リッター直6を載せたトップグレード「130i」を追加設定する。2005年3月のジュネーブショーで披露し、9月には市場へ投入する予定という。




「3シリーズ」よりさらに小さな「BMW 1シリーズ」は、2004年9月にデビュー&日本上陸。BMWがいわゆる“Cセグメント”市場に割って入らんとする、このクラスでは珍しいFRを採用したハッチバックモデルは、昨年末までに3万9247台がラインオフしたという。

日本で正規販売される「116i」(1.6リッター)、「118i」&「120i」(2リッター)に加え、欧州ではディーゼルユニット搭載モデル2種類も用意されるが、これにトップグレード「130i」が仲間入りする。




心臓部は「630iクーペ」と同様の3リッター直6エンジン。258psの最高出力、30.6kgmの最大トルクを発生し、乗員を0-100km/h加速=6.2秒、最高速度=250km/hの世界へ誘う。

デザイン上のアピールは控えめ。ランフラットタイヤを履く専用のVスポークデザインの17インチホイールや、BMWの印たるキドニーグリルのクロームメッキフィン、あるいはドライバーの目前にある新意匠のメーター&ディスプレイなどがトップモデルの証である。

(webCG 有吉)




BMWジャパン:
http://www.bmw.co.jp/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 120iスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.28 試乗記 「BMW 1シリーズ」に、新たに2リッター直4ガソリンターボエンジンを積んだ「120i」が登場。“バイエルンのエンジン工場”が送り込んだ、新世代モジュラーエンジンのフィーリングを確かめた。 
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • 第3回:話題のモデルが続々登場!
    輸入車チョイ乗りリポート~400万円から600万円編~
    2017.2.28 特集 ディーゼルの魅力とスポーティーな走りを追求した「ボルボV40」に、話題の新型「フォルクスワーゲン・ティグアン」、3気筒の「BMW 3シリーズ」、そして四駆の「アウディTT」。webCG編集部員が注目した、400万円から600万円のオススメモデルを紹介する。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • 第2回:王道と個性派の競演!
    輸入車チョイ乗りリポート~300万から400万円編~
    2017.2.21 特集 300万円台のオススメインポートカーはこれだ! webCG編集部員が「アウディA3スポーツバック」と「フォルクスワーゲン・ザ・ビートル」「シトロエン・グランドC4ピカソ」「アバルト124スパイダー」の走りをリポートする。
ホームへ戻る