【スペック】1.5RS:全長×全幅×全高=3750×1695×1520mm/ホイールベース=2460mm/車重=1050kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(110ps/6000rpm、14.4kgm/4400rpm)/価格=159万6000円(テスト車=181万7550円/スマートエントリー&スタートシステム/バックドアオープナー+盗難防止システム/SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)&SRSカーテンシールドバッグ/ワイドマルチAVステーションII(GPS CDボイスNAVI付)&5.8型ワイドディスプレイ/CD一体AM/FMマルチ電子チューナー付ラジオ/ETC車載器=22万1550円)

トヨタ・ヴィッツシリーズ【試乗速報(後編)】

これが本命? 「トヨタが作った欧州車」(後編) 2005.02.09 試乗記 トヨタ・ヴィッツ1.5X(CVT)/1.5RS(5MT)……169万1550円 /181万7550円「ヴィッツ」のスポーティグレードである1.5RSも、最初からラインナップされている。シリーズ最強エンジンを搭載し、唯一マニュアルトランスミッションを選ぶことができる1.5リッターモデルに、『NAVI』編集委員鈴木真人が乗った。

CVTがコンパクトカーのトレンド

コンパクトカーにはCVTというのが、最近のトレンドになっている。出始めの頃は、「違和感がある」「回転数が変わらないままにスピードが上がるのが気持ち悪い」などとさんざんな評判だったCVTだが、制御の細やかさが増したこともあって、受け入れられるようになった。むしろシフトショックのないスムーズさを好感する向きも多くなったようで、燃費のことを考えれば合理的な選択である。

初代「ヴィッツ」では、マイナーチェンジでCVT搭載モデルが登場し、「フィット」との燃費競争に力を発揮した。新型ヴィッツに使われるSuper CVT-iはそれを受け継いだもので、さらに制御の質をアップさせたものだという。非力な1リッターエンジン車でも痛痒を感じないのには、この優秀なトランスミッションが貢献しているのだろう。

ただ、ヨーロッパで「ヤリス」として販売されるモデルには、ほとんどマニュアルトランスミッションが組み合わされることになるだろう。コンパクトカーにはMTという図式は、彼の地では揺るぎないものなのだ。
日本で乗れる唯一のMTモデルが、「1.5RS」である。1.5リッターモデルにはCVTが組み合わされる「1.5X」もあるが、こちらは1.3では物足りなく、さらに余裕のあるパワーを求める人向けのものといえる。

100kgの車重増が響いた?

1.5RSの内装は他のモデルとは異なる。特徴となっていたツートーンの配色ではなく、全体をブラック基調で覆いつくしてスポーティイメージを高めようとしている。シートやメーターも専用のものが使われ、本革巻きのステアリングホイールとシフトノブが奢られる。

エンジン音は低音が強調された力強いもので、「聞かせる」ことに重点が置かれているようだ。ほとんど新車だったせいかシフトフィールは渋く、あまりギアチェンジを楽しむことはできなかった。低回転でもトルクはあるので、クラッチミートにはさほど気を使わずにすむ。リミットまできっちり回すことをしなくても、街中では十分に素早い加速を味わえる。それほど回したくなるエンジンではないということでもあるが。
期待していたほどのパンチは感じられなかったのだが、先代とエンジンパワーは同じなのに、車重が100kgほど増えているのだから当然だろう。

ワインディングロードを走ったわけではないので、RSの実力を存分に試せたわけではない。その前提でいえば、電動パワーステアリングのフィールはとても素直なものだった。油圧パワステとほとんど区別がつかないと言っていいだろう。実は、先代のヴィッツにはヨーロッパ市場にノンパワステのモデルが少数残っていて、そのモデルにも対応することが求められていたので、その分詰め切れないところがあったのだそうだ。新型はすべて電動パワステなので、最適な設定を選ぶことができたわけである。

160万円で「アウディ顔」

1.3リッターモデルを試乗していた時、背後から迫るRSをバックミラーで認めてギクッとした。結構獰猛な顔つきをしているのだ。RSのフロントグリルはブラックのハニカムメッシュになっていて、2本の縦のラインが上下の部分を結びつける働きをする。その結果、大きな一つの口のように見えてしまうのだ。そう、あのアウディの「シングルフレームグリル」を思わせる形なのである。いや、どちらかというと、「フォルクスワーゲン・ゴルフGTi」のほうが似ているかもしれない。

もちろん意図的にやっているのではないだろう。さすがに時間的に間に合わない。それに、ローバー75の新しい顔や、フィアットのニューバルケッタを見ても、同じような意匠が取り入れられている。たぶん、これが今の自動車デザインのトレンドなのだろう。アウディの「シングルフレームグリル」を手に入れようとすると、いちばん安い「A3スポーツバック」の2リッターNAモデルでも300万円以上だ。ヴィッツRSなら半額、というものでもないだろうけれど。

(文=NAVI鈴木真人/写真=河野敦樹/2005年2月)


「ヴィッツ」が見える!写真でわかる!

【スペック】
1.5X:全長×全幅×全高=3750×1695×1520mm/ホイールベース=2460mm/車重=1050kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(110ps/6000rpm、14.4kgm/4400rpm)/価格=140万7000円(テスト車=169万1550円/185/60R15タイヤ&5.5Jアルミホイール+スマートエントリー&スタートシステム/バックドアオープナー/盗難防止システム+SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)&SRSカーテンシールドバッグ/ワイドマルチAVステーションII(GPS CDボイスNAVI付)&5.8型ワイドディスプレイ/CD一体AM/FMマルチ電子チューナー付ラジオ/ETC車載器=28万4550円)

【スペック】1.5X:全長×全幅×全高=3750×1695×1520mm/ホイールベース=2460mm/車重=1050kg/駆動方式=FF/1.5リッター直4DOHC16バルブ(110ps/6000rpm、14.4kgm/4400rpm)/価格=140万7000円(テスト車=169万1550円/185/60R15タイヤ&5.5Jアルミホイール+スマートエントリー&スタートシステム/バックドアオープナー/盗難防止システム+SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)&SRSカーテンシールドバッグ/ワイドマルチAVステーションII(GPS CDボイスNAVI付)&5.8型ワイドディスプレイ/CD一体AM/FMマルチ電子チューナー付ラジオ/ETC車載器=28万4550円)
1.5RSの内装

1.5RSの内装
1.5RS

1.5RS


トヨタ・ヴィッツシリーズ【試乗速報(後編)】の画像
1.5RS

1.5RS
写真は、「RS」エアロパーツ装着車。フロントスポイラー、リヤバンパースポイラー、スポーツグリル、サイドターンランプ付ドアミラー、クリアコンビネーションランプ(リヤ)、アルミホイール(ドレスアップ/16インチ)がセットになった「Styling Package ver.C」とTRDサスペンションセット、TRDハイレスポンスマフラーを装着する。

写真は、「RS」エアロパーツ装着車。フロントスポイラー、リヤバンパースポイラー、スポーツグリル、サイドターンランプ付ドアミラー、クリアコンビネーションランプ(リヤ)、アルミホイール(ドレスアップ/16インチ)がセットになった「Styling Package ver.C」とTRDサスペンションセット、TRDハイレスポンスマフラーを装着する。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィッツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • スズキ・スイフト ハイブリッドRS(FF/CVT)【試乗記】 2017.3.23 試乗記 「スズキ・スイフト」に初設定された、マイルドハイブリッド車に試乗。プラットフォームを一新し、高い走行性能や低燃費、最新の安全性をうたう新型の走りとは? 欧州仕様の足まわりを持つ「ハイブリッドRS」の出来栄えをチェックした。
  • ボルボV90 T6 AWDインスクリプション(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.6 試乗記 ボルボのフラッグシップエステート「V90」に試乗。新世代プラットフォーム「SPA」の上に“スウェディッシュ・ラグジュアリー”を体現した新型は、ドイツのライバルとはひと味違う、北欧の良心にあふれていた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
ホームへ戻る