日産、「サニー」など4車種でパキスタン市場へ参入

2005.02.07 自動車ニュース

日産、「サニー」など4車種でパキスタン市場へ参入

日産自動車は、2005年2月下旬にパキスタン市場に参入することを、2月4日に発表した。拡大中の同国自動車市場に日産車を投入することで、次なる3カ年計画「日産バリューアップ」に弾みをつけたい考えだ。

現地販売会社であるガンダーラ日産社を通じ日本から輸入、パキスタンで販売されるのは、「サニー」「セフィーロ(日本名:ティアナ)」「パトロール(同サファリ)」「エクストレイル」の4車種。合計で月間約100台の販売を目論む。

日産によると、2004年のパキスタンの自動車全体需要は対前年比51%増の11万4843台。2000年時点と比較し3倍以上の伸びを見せており、2005年4月より実施される「日産バリューアップ」計画に含まれる、2007年度末までに年間グローバル販売台数420万台という目標達成に寄与することが期待されている。

(webCG 有吉)

日産自動車:
http://www.nissan.co.jp/

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・レヴォーグ/WRX S4/WRX STI【試乗記】 2017.7.21 試乗記 商品力を高めるべく、大幅改良が施された「スバル・レヴォーグ」「WRX S4」「WRX STI」。シンメトリカルAWDとターボエンジンが組み合わされた走り自慢の3モデルだが、実際に触れてみると、走り以外にも随所に“スバルらしさ”が見受けられた。
  • トヨタ・ハリアー プログレス“Metal and Leather Package”(ターボ車)(4WD/6AT)【試乗記】 2017.7.18 試乗記 トヨタのSUV「ハリアー」がマイナーチェンジ。高効率が追求された2リッターターボエンジンを得て、その走りはどう変わったのか。プレミアムな装備を充実させた新グレードの、4WDモデルでチェックした。
  • 第3回:ファミリーセダンとしての実力は?
    スーザン史子さんが語る「CTS」の日常性能
    2017.7.3 NewキャデラックCTSセダン日常劇場<PR> マイナーチェンジを受けてより魅力的に進化した「キャデラックCTS」。その実力をさまざまな角度から4回に分けてリポートする。第3回はモータージャーナリストのスーザン史子さんが登場。新しいCTSの日常性能を女性の目線で語ってもらった。
  • フォルクスワーゲン・ゴルフGTI(FF/6AT)【試乗記】 2017.7.4 試乗記 デビューから3年半を経て、7代目「ゴルフGTI」にマイナーチェンジが施された。伝統のホットハッチは、モデルライフ半ばのテコ入れでどう変わったのか。ワインディングロードを含むさまざまな道でチェックした。
  • 第48回:これは凄いぞ赤い玉号 2017.7.4 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第48回は「これは凄いぞ赤い玉号」。無敵の「フェラーリ458イタリア」を手放し、31年前の「328GTS」を購入した筆者。あえてパフォーマンスを落とすことで得られた新たなヨロコビとは? 
ホームへ戻る