【スペック】プレミオ1.8X“Lパッケージ”:全長×全幅×全高=4600×1695×1470mm/ホイールベース=2700mm/車重=1170kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(132ps/6000rpm、17.3kgm/4200rpm)/価格=195万3000円(テスト車=241万7100円/195/65R15 91Sタイヤ&6JJアルミホイール+ディスチャージヘッドランプ+ウォッシャー連動間欠フロントワイパー+音声案内クリアランスソナー+G-BOOK対応DVDボイスナビゲーション付ワイドマルチAVステーション+音声ガイダンス機能付カラーバックガイドモニター+TVアンテナ=46万4100円)

プレミオ1.8X“Lパッケージ”/アリオンA20“Sパッケージ”/カルディナZ“S-edition”【試乗速報】

「走り」より、魅力的なものって? 2005.02.05 試乗記 プレミオ1.8X“Lパッケージ”/アリオンA20“Sパッケージ”/カルディナZ“S-edition”……241万7100円/263万2350円/243万6000円 ミディアムサイズのセダンとワゴン、「プレミオ/アリオン」と「カルディナ」がマイナーチェンジを受けた。厳しい状況の続くセグメントに、トヨタはいかなる策を用意したのか。『NAVI』編集委員鈴木真人が、速報インプレッションをお届けする。

トヨタの「走り」が変わった時期

「プレミオ/アリオン」は、2001年12月にデビュー。プラットフォームを同じくする「カルディナ」は、2002年9月に販売が開始された。その頃は、トヨタの各モデルが「走り」の質を飛躍的にアップさせていた時期だった。正直なところ、トヨタのこういったクルマには「走り」の部分はあまり期待していなかったので、試乗するたびに驚きがあったのを覚えている。

クルマの根幹となる部分に力を入れることで、魅力的なモデルに仕上がったのだが、残念ながらこういったミディアムサイズのセダン/ワゴンの市場は、あまり活発とはいえない状況が続いている。今回のモデルチェンジにあたって示された月販目標台数も、プレミオ/アリオンが各3000台、カルディナが2000台と、控えめな数字となっている。

プレミオ/アリオンには「高級感」を

プレミオ/アリオンは、伝統ある車名の「コロナ/カリーナ」を継ぐモデルとして誕生した。5ナンバーサイズは堅持しつつ、車内空間を広くしてユーティリティを充実させたのがウリである。リアシートはリクライニングするし、フロントシートをフルフラットにすることも可能だ。ミニバンの便利さに慣れてしまった人をセダンに呼び戻すためには、このぐらいの機能は不可欠というわけだ。

今回のマイナーチェンジでは、内外装のデザイン変更が主な変更点である。フロントバンパー、グリル、ヘッドランプ、リアコンビネーションランプなどの意匠を変え、プレミオはエレガント指向、アリオンはスポーティ指向という方向性の差を明確にしたという。
ただ、内装ではブラックのパネルが使われていたアリオンにも、プレミオと同様の「木目調」が採用され、むしろ差異は小さくなったように感じられる。販売に効くのはやはり「高級感」ということで、日本人の感性に響く木目をふんだんに使うことになったのだろうか。ATのシフトゲートがストレートからゲート式に改められたのも同じ文脈からだが、シルバーのパネルの質感があまりに安っぽいものだったのは残念だった。

試乗したのは、1.8リッターエンジンに4段ATのSuper ECTを組み合わせた「プレミオ1.8X“Lパッケージ”」と2リッターエンジンにCVTを組み合わせた「アリオンA20“Sパッケージ”」で、ともにFFモデルだった。ともに実用域での使いやすさは申し分なく、静粛性も高い水準だ。ただ、ちょっとスポーティな走りを試みると、やや興醒めなエンジン音が室内を席巻する。1.8リッターで動力性能は十分だが、CVTの恩恵か2リッターでも燃費にさほど差がないのは立派である。足まわりではダンパーの減衰力を変更することで、より乗り心地を重視する設定にしたそうだ。

カルディナはスポーティ+「上質感」

カルディナがデビューした時には、実用ワゴン然とした先代と打って変わってスポーティイメージを打ち出したことに目を見張ったものである。特に「ターボ+4WD」のモデルは山道でも目覚ましい能力を発揮し、「スバル・レガシィ」の牙城を崩すことが期待されていたはずである。しかし、スバリストとは頑固な気質を備えた人々なのだ。

カルディナの変更点も、内外装が中心だ。ヘッドランプ、グリル、リアコンビネーションランプなどのデザインを変え、スポーティなイメージに「上質感」をプラスすることを目指したという。明るめのカラーを採用したプレミオ/アリオンとは逆に、インストゥルメントパネルやシートの色をダークにすることで、質感の向上を図っている。

エンジンバリエーションは、1.8リッターと2リッターの自然吸気、2リッターターボの3種類。2リッターと2リッターターボには四駆モデルも用意される。乗ったのは1.8リッターのFFモデルで、組み合わされるのは4段ATのSuper ECTである。リアサスペンションメンバーを補強して操縦性を向上させたと謳われるが、街中だけの試乗ではその効果までは体感できなかった。

高級感、上質感が、この3台のモデルチェンジのキーワードになっている。確かに、購入の動機としては、そういった要素が大きな意味を持つのだろう。「走り」の実力も備えたモデルだけに、見た目の要素ばかりが強調されるのはもったいない気もするが、それも商品の魅力の一つではある。まだまだこのセグメントのマーケットに明るさは見えないが、真面目なクルマ作りを続けていれば必ず日のあたる時は来る、と信じたい。

(文=NAVI鈴木真人/写真=高橋信宏/2005年2月)

【スペック】
アリオンA20“Sパッケージ”:全長×全幅×全高=4565×1695×1470mm/ホイールベース=2700mm/車重=1240kg/駆動方式=FF/2.0リッター直4DOHC16バルブ(155ps/6000rpm、19.6kgm/4000rpm)/価格=218万4000円(テスト車=263万2350円/音声案内クリアランスソナー+リアフォグランプ+SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)&SRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)+G-BOOK対応DVDボイスナビゲーション付ワイドマルチAVステーション+音声ガイダンス機能付カラーバックガイドモニター+TVアンテナ+ボディカラー(ホワイトパールクリスタルシャイン)=44万8350円)
 
【スペック】
	アリオンA20“Sパッケージ”:全長×全幅×全高=4565×1695×1470mm/ホイールベース=2700mm/車重=1240kg/駆動方式=FF/2.0リッター直4DOHC16バルブ(155ps/6000rpm、19.6kgm/4000rpm)/価格=218万4000円(テスト車=263万2350円/音声案内クリアランスソナー+リアフォグランプ+SRSサイドエアバッグ(運転席・助手席)&SRSカーテンシールドエアバッグ(前後席)+G-BOOK対応DVDボイスナビゲーション付ワイドマルチAVステーション+音声ガイダンス機能付カラーバックガイドモニター+TVアンテナ+ボディカラー(ホワイトパールクリスタルシャイン)=44万8350円)
	 
アリオンのインパネ
 
アリオンのインパネ
	 
アリオンの内装
 
アリオンの内装
	 
プレミオ1.8X“Lパッケージ”
 
プレミオ1.8X“Lパッケージ”
	 
【スペック】
カルディナZ“S-edition”:全長×全幅×全高=4510×1740×1445mm/ホイールベース=2700mm/車重=1250kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(132ps/6000rpm、17.3kgm/4200rpm)/価格=210万円(テスト車=243万6000円/G-BOOK対応DVDボイスナビゲーション付ワイドマルチAVステーション=33万6000円)
 
【スペック】
	カルディナZ“S-edition”:全長×全幅×全高=4510×1740×1445mm/ホイールベース=2700mm/車重=1250kg/駆動方式=FF/1.8リッター直4DOHC16バルブ(132ps/6000rpm、17.3kgm/4200rpm)/価格=210万円(テスト車=243万6000円/G-BOOK対応DVDボイスナビゲーション付ワイドマルチAVステーション=33万6000円)
	 

 
プレミオ1.8X“Lパッケージ”/アリオンA20“Sパッケージ”/カルディナZ“S-edition”【試乗速報】の画像

 
プレミオ1.8X“Lパッケージ”/アリオンA20“Sパッケージ”/カルディナZ“S-edition”【試乗速報】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

プレミオの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・プレミオ2.0G“EXパッケージ”/アリオンA15“G-plusパッケージ”【試乗記】 2016.7.22 試乗記 内外装のデザインを大きく変更、装備の充実も図られた、トヨタのセダン「プレミオ/アリオン」。「ライバル車は存在しない」といわれるロングセラーの、クルマとしての見どころは? 最新型に試乗して確かめた。
  • トヨタ、「マークX」をマイナーチェンジ 2016.11.22 自動車ニュース トヨタ自動車は2016年11月22日、FRセダン「マークX」にマイナーチェンジを実施し、販売を開始した。“洗練された格好良さと遊び心を両立した大人のスポーティセダン”をテーマとして、フロントを中心にデザインが一新されている。
  • 日産ノートe-POWER X(FF)【試乗記】 2016.11.21 試乗記 外部充電機能を持たないシリーズハイブリッド車ながら、静かで加速のよい“EV風味”を持つ「日産ノートe-POWER」。200万円を切る手ごろな価格で実現した“ワンペダルドライビング”がもたらす走りとは? 中間グレードの「e-POWER X」に試乗した。 
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • ホンダNSX(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.1 試乗記 初代の生産終了から10年あまりの時を経て、ようやく現実のものとなった新型「NSX」。ホンダ渾身(こんしん)のハイブリッド・スーパースポーツの走りと、それを支える技術的ハイライトについて詳しく報告する。
ホームへ戻る