三菱&プジョー・シトロエン、新型SUVに関する覚書を締結

2005.02.05 自動車ニュース

三菱&プジョー・シトロエン、新型SUVに関する覚書を締結

三菱自動車とPSAプジョー・シトロエンは、2005年2月4日、両社が新型SUVの提携に関する覚書を締結したと発表した。最終的な契約は2005年春に締結する予定。

この覚書によると、三菱は現在開発中のプラットホームをベースにした日本で生産される新型SUVを、PSAに向けて年間3万台供給する。同車は2007年に導入予定で、プジョー及びシトロエン用の衣(デザイン)を纏い、心臓部に微粒子除去フィルターを備える最新のPSA製HDiディーゼルエンジンを載せる。

PSAにとっては2ブランドのラインナップ拡充が実現でき、また三菱にとっては工場の稼働率を高め生産性の向上を図れるのがメリットとされる。

当面は欧州市場に投入されるが、他地域への参入や提携関係拡大についても検討を進めるという。

(webCG 有吉)

三菱自動車:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/

PSAプジョー・シトロエン:
http://www.psa-peugeot-citroen.com/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。