「フォード・エクスプローラー」に日本仕様初の左ハンドル車

2005.02.04 自動車ニュース

「フォード・エクスプローラー」に日本仕様初の左ハンドル車

フォード・ジャパン・リミテッドは、SUV「エクスプローラー」に、日本仕様では初という左ハンドル・コラムシフトを採用した限定車「リミテッド」を設定、2005年2月3日に発売した。販売台数は200台。

ステアリング位置に加え、電動ガラスサンルーフやクロームルーフレール、クロームメッキアルミホイール、本革シート、そして電動可動式のアジャスタブルペダルにより、ベース車との差別化を図る。
ベースモデル「XLT」(4リッターV6+5AT)の52万5000円高、467万2500円。

(webCG 有吉)

フォード・ジャパン・リミテッド「エクスプローラー」:
http://www.ford.co.jp/explorer/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • フォード・エクスプローラー タイタニアム(4WD/6AT)【レビュー】 2016.3.18 試乗記 フォードの3列7人乗りSUV「エクスプローラー」に新グレード「タイタニアム」が登場。3.5リッターV6ツインターボエンジンがかなえるパワフルな走りやいかに? 日本での販売は“在庫限り”という、最上級モデルの魅力を報告する。
  • フォード・クーガ タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.7 試乗記 エンジンのラインナップを見直して、2リッターと1.5リッターの2本立てとなったフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今回は、従来の1.6リッターより60psも強化された2リッターエンジン搭載車「タイアニアム」に試乗し、その実用性能を探った。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • 【ジュネーブショー2017】スバル、クロスオーバーモデルの新型「XV」を世界初公開 2017.1.23 自動車ニュース 富士重工業が、クロスオーバーモデルの新型「スバルXV」を、第87回ジュネーブショーで世界初公開すると発表した。日本での受注開始は3月9日の予定で、スバルでは特設ウェブサイトで順次情報を公開していくとしている。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る