最新の997型「ポルシェ911カレラカブリオレ」受注開始、1211.0万円から

2005.02.04 自動車ニュース

最新の997型「ポルシェ911カレラカブリオレ」受注開始、1211.0万円から

ポルシェ・ジャパンは、最新の997型「ポルシェ911カレラカブリオレ」の受注を、2005年2月1日に開始した。価格は1211.0万円から。

既報のとおり、ブランニュー「911」のオープンモデルは、クーペ版と同じ、3.6リッターエンジン(325ps)搭載の「カレラカブリオレ」と、3.8リッター(355ps)を積む「カレラSカブリオレ」の2種類で構成される。

価格は、3.6リッターモデルが1211.0万円(6段MT)と1274.0万円(5段ティプトロニックS)、3.8リッター版は1413.0万円(6段MT)と1476.0万円(5段ティプトロニックS)となる。ステアリング位置は、マニュアル車が左、ティプトロは左右どちらかを選べる。

最高速度290km/h(カレラSカブリオレ)のハイパフォーマンスを支える足もとには、四輪4ピストン対向式モノブロックキャリパー&ドリルホール付きベンチレーテッドブレーキを標準で付与。オプションとして、従来型ブレーキより優れるというポルシェ自慢の「ポルシェ・セラミック・コンポジット・ブレーキ(PCCB)」が用意される。

アクティブダンパー「ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)」はカレラSカブリオレに標準、カレラカブリオレではオプション扱いとなる。

(webCG 有吉)

ポルシェ・ジャパン:
http://www.porsche.co.jp/

関連キーワード:
911カブリオレポルシェ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ718ボクスターGTS(MR/6MT)/718ケイマンGTS(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.9 試乗記 4気筒ターボエンジンを搭載するポルシェのスポーツカー「718ボクスター/718ケイマン」に、新たな高性能モデル「GTS」が登場。スペックだけでは伝わらない走りの質を、スペイン南部の都市・マラガから報告する。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ(4WD/7AT)【試乗記】 2017.12.26 試乗記 好戦的なエアロパーツで身を包んだ「ランボルギーニ・ウラカン ペルフォルマンテ」。独ニュルブルクリンクの北コースを量産車最速(計測当時)のタイムで駆け抜けたと聞けば、その走りはさぞや“レーシー”と誰もが思うだろう。しかしてその実体は……?
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • ロータス・エリーゼ(MR/6MT)【試乗記】 2018.1.17 試乗記 「ロータス・エリーゼ」に試乗。最新装備の使い勝手を……と思いきや、テスト車は、エアコンなし、オーディオなし、さらにはフロアマットまで省かれた超硬派仕様。「エリーゼ大好き」を公言してはばからない下野康史は、このパートナーとどう付き合う?
ホームへ戻る