【スペック】全長×全幅×全高=4240×1750×1430mm/ホイールベース=2660mm/車重=1390kg/駆動方式=FR/2リッター直4 DOHC16バルブ(150ps/6200rpm、20.4kgm/3600rpm)/価格=366万5000円(テスト車=461万円※オプション装備は下記参照)

BMW 120i(6AT)【試乗記】

“1”より下に期待して 2005.02.03 試乗記 BMW 120i(6AT)……461万円BMWのエントリーグレードたるコンパクトハッチ「1シリーズ」。“1”の数字に、ちょっとした期待を抱いて試乗した『webCG』本諏訪裕幸は、たしかに“駆け抜ける歓び”を実感したのだが……。

想像と違った

「期待がはずれた」
BMWの新型「1シリーズ」が発表されたとき、そう思った。

2004年9月に発売された1シリーズは、「誰が見てもBMW」というルックス&スペックを持つ、BMWのボトムレンジを担うモデル。50:50の前後重量配分、FRレイアウトなど、BMW車には必ず目にするワードはもちろん、BMWらしい技術が惜しみなく使われている。すなわち、吸気量を制御するバルブトロニックや、バルブタイミングコントロールのダブルVANOS、可変インテークマニフォルドを持つ共鳴過給吸気システムをエンジンに投入(120i)。さらには、ステップロトニック付きの6段ATや、前ダブルジョイントストラット/後5リンクのサスペンションを持つ新開発のプラットフォームが奢られる。

「上級サルーンがすばらしいのは当たり前。コンパクトカーにこそ注目せよ」と教わったリポーターは、1シリーズにここまでの技術を注ぎこむ、BMWの意気込みに敬服した。

つまり期待はずれだったのは、クルマの性能のことではないのだ。120iの価格は366万5000円。「アウディA3 FSI Sport(347万円)」よりまだ高く、「ゴルフGT(299万2500円)」より50万円、「フォード・フォーカストレンド(265万6500円)よりおよそ100万円高いというプライスタグを付ける。試乗車はさらにオプションを装着し、461万円と、コンパクトカーとは思えない価格になった。
そろそろ市場に出まわる予定の、同2リッターの118i(129ps/18.4kgm)、と1.6リッターの116i(115ps/15.3kgm)でさえ、それぞれ324万5000円と288万8000円。プレミアムな価格に私は肩を落とした。

高級車に乗っている

深くえぐれた、ダイナミックな造形を持つサイドパネルを伺いながらドアを開ける。斜めにズバッとこれまた大胆にレイアウトされたグリップを握り、ドアを閉めると外の喧騒とは無縁の世界。BMWの室内密閉性はあいかわらず高く、プレミアムカーには欠かせない要素となる静けさがもたらされる。

シートに腰を下ろすと、髪の毛が天井に触る。ルーフラインを低くとったため、室内高もあわせて低くなり、身長176cmのリポーターが前席に座ると頭上が気になってしまう。上下はもちろん、前後に大きく動くステアリングで、スポーティなドライブも楽なドライブにも適した運転姿勢をとることができる。オプションで用意されるシートヒーターはお勧めだ。座面だけでなく背中まで温かくなり、冬にエアコンを付けなくても快適。喉を痛めやすいリポーターにはもってこいの装備である。

ステアリング、ペダル、セレクターレバー。すべての感触が重い。スポーティかつ、高級に感じる適度な重さである。シルバーのパーツを巧みに使ったインパネや、左右非対称のコンソール部分も魅力的で、現行3シリーズより質感は高級感にあふれている、と思った。
多少頭上の狭さが気になるものの、シートに着席するだけで「高級車に乗っている」という空気に包まれる、1シリーズ。ショールームで腰掛けるだけでも体感できるので、是非試して欲しい。

ボディカラーにはダークな色を中心に、11の色を用意。さらに11パターンの内装色を組みあわすことができる。BMWが推奨しないという、アンマッチの色合わせも選択できるそうだ。

プレミアムはいらない

走り出すと気がつくのは足まわりの硬さ。試乗車はオプションとなる17インチランフラットタイヤを装着しており、さらにノーマルより15mm車高を低くするスポーツサスペンションが装着されていた。16インチ+ノーマルサスペンションで不満がない人は、そのままの方がいいだろうと想像する。

高速道路では一転、その硬さは気にならなくなる。150ps/6200rpmのエンジンパワーは、豪快な加速を見せることはないが、6段ATのスムーズなシフトアップで、じゅうぶん早く希望の速度に到達する。エンジン音、排気音ともにスポーティモデルを強調した大げさなものではなく、ジェントル。移動中はオーディオを存分に楽しむことができる。なお、オプションとなるプロフェッショナルHiFiスピーカーシステムが奏でる音は独特で、ミニバンなどの大きな空間にいるかのような音響を演出していた。

山道では、予想に反さない素直なライントレースができる。やはりFRというレイアウトがもたらす恩恵が大きかった。FRを採用する多くの高級サルーン同様に、上質なステアリングフィールをもたらし、同セグメント他車では決して味わえないものを与えてくれる。ロール量は少な目。スパッと切れ込むコーナリングでも、スタビリティの高いリアサスペンションがふんばってくれる。路面への追従性が良く、凹凸などを敏感にステアリングへ伝えてくれるのも、運転を楽しむドライバーには格好だ。

1シリーズの性能は、期待以上のものだった。が、それでも私は「駆け抜ける歓びに、プレミアムはいらない!」と心で叫んでいた。価格がひっかかっている。

ここしばらく7、6、5、3というシリーズで落ち着いていたラインナップ。その下の数字を待ち望んでいた庶民にとっては、痛いプライスだ。まあだからこそ“プレミアム”なわけではあるが。
“1”を使ってしまったからには、その下に期待を持つこともできない。やはりプレミアムブランドであるBMWには、ボトムレンジでも手が届かないのか……。どうしても“1”の下が欲しい。
しかし、「Z3」よりベラボーに高い「Z1」なんてクルマもあったっけ。そんなわけで“2”あたりに、まだお安いモデルが出るのでは……と、どんでん返しに期待する自分がいる。

(文=webCG本諏訪裕幸/写真=荒川正幸/2005年1月)

【オプション内容】
スポーツ・サスペンション=5万2500円/マルチファンクション・スポーツ・レザー・ステアリングホイール=2万1000円/アロイホイール(Vスポーク・スタイルNo.141)=7万3500円/電動ガラスサンルーフ(チルト&スライド)=13万6500円/ETC=4万7250円/スキーバッグ=2万1000円/フロントシート・ランバーサポート=4万2000円/フロント・シート・ヒーティング=5万2500円/ヘッドライト・ウォッシャー=3万6750円/PDC(パーク・ディスタンス・コントロール)(フロント&リヤ)=10万5000円/バイキセノン・ヘッドライト=7万8750円/クルーズ・コントロール=4万2000円/MDプレーヤー付きAM/FMステレオ(MDLP対応)=2万1000円/BMWプロフェッショナルHiFiスピーカー・システム=14万1750円/メタリック・ペイント=7万3500円)











この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

1シリーズの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 118dスタイル(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.8 試乗記 6年目を迎えた現行「BMW 1シリーズ」のラインナップに、クリーンディーゼルエンジンを搭載する「118d」が登場した。遅れてやってきたこの小型FRディーゼルハッチには、ファンもあるしエコもある。お宝ディーゼルになる気配に満ちている。
  • シンプル・モダンな「BMW 1シリーズ」の特別限定車発売 2016.10.6 自動車ニュース BMWジャパンは2016年10月5日、BMWの創立100周年記念モデルシリーズの第10弾となる特別仕様車「BMW 1シリーズ セレブレーションエディション マイスタイル」を、同年10月15日に発売すると発表した。400台限定で価格は373万円。
  • BMW M135i(FR/8AT)【試乗記】 2015.8.27 試乗記 3リッター直列6気筒ターボエンジンを搭載する「BMW 1シリーズ」の高性能モデル「M135i」に試乗した。BMW M社の血統を受け継ぐ1シリーズのフラッグシップモデルは、マイナーチェンジを受けてどこまで洗練されたのだろうか?
  • BMW 320d Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2016.8.24 試乗記 BMWの新世代ディーゼルエンジンを搭載した最新型の「320d」に試乗。低速トルクに満ち、スポーティーなフットワークを備えた「320d Mスポーツ」の仕上がり具合は上々。まさに「3シリーズ」の真打ちといえる実力の持ち主だった。
  • 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」にコネクティビティーを強化した特別仕様車NEW 2016.11.29 自動車ニュース フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2016年11月29日、ハッチバックの「ゴルフ」と、ステーションワゴンの「ゴルフヴァリアント」に特別仕様車「ゴルフ コネクト」「ゴルフ ヴァリアント コネクト」を設定し、販売を開始した。
ホームへ戻る