現行「3シリーズ」の“最後のアルティメート”、BMWから

2005.02.03 自動車ニュース

現行「3シリーズ」の“最後のアルティメート”、BMWから

BMWジャパンは、現行「3シリーズ・セダン」で最後という“アルティメート(究極)”な特別仕様車「320i M-Sport Ultimate(Mスポーツ・アルティメート)」を設定、2005年2月12日に発売する。販売台数は250台限定、価格は517.0万円。

1998年に発表・発売された現行「3シリーズ」も、この春から夏にかけて新型の第5世代目にバトンタッチする。

今回の特別仕様車は、最後の究極という意味を込めて、スポーツセダン「M5」でも採用されている「M Individual」のボディカラー(カーボン・ブラック)と車内トリム(「アンスラサイト」のウッド)でお化粧した仕様だ。さらに「Special Edition」ロゴ入りサイドシルプレートが特別感をアピールする。

加えて、シート・ヒーティング(前席左右)、マルチファンクション・ステアリングホイール(クルーズコントロール付き)、バイキセノン・ヘッドランプ、18インチアロイホイールなどを盛り込んだ。

約94万円相当の特別装備を与えながら、価格は25.6万円高に抑え、お買い得感を出したという。

(webCG 有吉)

BMWジャパン「3シリーズ」:
http://www.bmw.co.jp/Product/Automobiles/3/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

3シリーズ セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • BMW 540i(FR/8AT)【海外試乗記】 2017.1.11 試乗記 注目すべきは、シャシー性能と先進運転支援システム(ADAS)の大幅な進化。BMWの基幹モデル「5シリーズ」が7代目にフルモデルチェンジ。G30系と呼ばれる新型の実力を、3リッター直6ターボモデルで試した。
  • BMW 5シリーズ セダン 2016.10.19 画像・写真 独BMWは2016年10月13日、7代目となる新型「BMW 5シリーズ セダン」を発表した。2リッターガソリンエンジン搭載車からプラグインハイブリッド車まで、多岐にわたるラインナップの一部を画像で紹介する。
  • BMW、通算7代目となる新型「5シリーズ」を発表 2017.1.13 自動車ニュース BMWジャパンは2017年1月12日、新型「5シリーズ」を発表した。発売は2月11日。部分自動運転を可能とした運転支援システムの採用や、ライバル車をしのぐ燃費を実現するなど、ベンチマークとしての地位を堅持したのが自慢だ。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
ホームへ戻る