現行「3シリーズ」の“最後のアルティメート”、BMWから

2005.02.03 自動車ニュース

現行「3シリーズ」の“最後のアルティメート”、BMWから

BMWジャパンは、現行「3シリーズ・セダン」で最後という“アルティメート(究極)”な特別仕様車「320i M-Sport Ultimate(Mスポーツ・アルティメート)」を設定、2005年2月12日に発売する。販売台数は250台限定、価格は517.0万円。

1998年に発表・発売された現行「3シリーズ」も、この春から夏にかけて新型の第5世代目にバトンタッチする。

今回の特別仕様車は、最後の究極という意味を込めて、スポーツセダン「M5」でも採用されている「M Individual」のボディカラー(カーボン・ブラック)と車内トリム(「アンスラサイト」のウッド)でお化粧した仕様だ。さらに「Special Edition」ロゴ入りサイドシルプレートが特別感をアピールする。

加えて、シート・ヒーティング(前席左右)、マルチファンクション・ステアリングホイール(クルーズコントロール付き)、バイキセノン・ヘッドランプ、18インチアロイホイールなどを盛り込んだ。

約94万円相当の特別装備を与えながら、価格は25.6万円高に抑え、お買い得感を出したという。

(webCG 有吉)

BMWジャパン「3シリーズ」:
http://www.bmw.co.jp/Product/Automobiles/3/

関連キーワード:
3シリーズ セダンBMW自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • BMW 523dラグジュアリー(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.2 試乗記 全方位的進化を遂げた新型「BMW 5シリーズ」。部分自動運転を可能とし、燃費も大幅に改善するなど話題に事欠かないが、実際に運転してひしひしと伝わってきたのは車体の“軽さ”だった。「523dラグジュアリー」に試乗した。
  • BMWの新型SUV「X2」が日本デビュー 2018.4.16 自動車ニュース BMWジャパンは2018年4月16日、新型のSUV「BMW X2」を発表し、同日、受注を開始した。基本設計を「X1」と共有しつつも、クーペタイプのスタイリッシュなデザインを特徴としている。
  • メルセデス・ベンツS450エクスクルーシブ(FR/9AT)【試乗記】 2018.4.11 試乗記 メルセデスのフラッグシップセダン「Sクラス」に、高効率を追求した直6エンジン搭載モデル「S450」が登場。試乗してみると、その走りは意外なほど、運転好きなドライバーを満足させてくれる楽しみに満ちたものだった。
  • ホンダ・レジェンド ハイブリッドEX(4WD/7AT)【試乗記】 2018.3.29 試乗記 モデルライフ半ばのマイナーチェンジが施された、ホンダのフラッグシップセダン「レジェンド」に試乗。ボディー剛性の強化や4WDシステムの制御変更により追求された、“意のままになる走り”を確かめた。
ホームへ戻る