三菱自動車、2005年発表予定のコンセプトモデルを披露

2005.02.02 自動車ニュース

三菱自動車、2005年発表予定のコンセプトモデルを披露

2005年1月28日、三菱自動車が新経営計画となる「三菱自動車再生計画」を発表したことは各マスコミで報じられたとおり。新人事や企業立てなおしへの取り組みなどに隠れてしまった感があるが、2005年リリース予定の2車種のコンセプトモデルもあわせて発表されていた。




「三菱自動車再生計画」とは、2006年度までの黒字化と、翌年度からの黒字体質定着化に向ける事業計画。主な内容は、顧客第一主義・信頼性の向上、無理のない販売計画の策定、資本・資金増強の方法、商品戦略についてなど多岐に渡った。
同日、岡崎洋一郎会長と多賀谷秀保社長、古川洽次副会長は退任。新会長の西岡喬と新社長の益子修が壇に上がった。


「パジェロ」の後継と思しきSUV

その商品戦略の説明では、2007年までの新車投入計画が発表された。日本国内では期間内に10モデルをリリース予定。そのうち2005年に発売される2車種がコンセプトモデルとしてお披露目された。

1台は、「パジェロ」の後継と考えられるSUV。もう1台は、2003年フランクフルトモーターショーに登場したコンセプトカー「i(アイ)」コンセプトを踏襲した軽乗用車だ。
展示車両の内装はダミーで市販化はもう少し先と思われるが、現行ラインナップで回復を目指すのには限度があるはずであり、ニューモデル投入が急がれる。


「i(アイ)」コンセプトのイメージを踏襲した軽乗用車

また、事業提携による商品のOEM供給も促進されるという。先に発表された日産自動車への軽乗用車供給を強化するほか、プジョー・シトロエングループ(PSA)へSUVのOEM供給を計画していることも発表された。

(webCG 本諏訪)

三菱自動車:
http://www.mitsubishi-motors.co.jp/japan/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

パジェロの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 三菱自動車、「RVR」のフロントマスクを一新 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、コンパクトSUV「RVR」に一部改良を実施し、同年2月16日に発売すると発表した。今回の改良ではフロントマスクを一新し、乗員とクルマを守る機能を力強く表現したフロントデザインコンセプトの「ダイナミックシールド」を採用した。
  • 三菱パジェロスポーツ 2015.8.3 画像・写真 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)をフルモデルチェンジしてタイで公開した。エンジンは新たに2.4リッターディーゼルターボを採用。燃費を先代比で約17%改善させた。その姿を写真で紹介する。
  • 三菱自動車、「アウトランダーPHEV」を一部改良 2017.2.9 自動車ニュース 三菱自動車は2017年2月9日、プラグインハイブリッド車「アウトランダーPHEV」に一部改良を実施し、販売を開始した。併せて新たな最上級グレードとなる「Sエディション」を追加設定し、同日販売を開始した。
  • 三菱がタイで新型パジェロスポーツを公開 2015.8.2 自動車ニュース 三菱自動車は2015年8月1日、ミドルサイズSUV「パジェロスポーツ」(日本未導入)を7年ぶりにフルモデルチェンジしてタイで公開した。今秋タイで販売を開始し、その後オーストラリア、アセアン、中東、ロシアなどに順次拡大してく予定。
  • 「シボレー・コルベット」にブルーが際立つ限定車 2017.2.7 自動車ニュース 「シボレー・コルベット」に特別仕様車「グランスポーツ コレクターエディション」が登場。よりレーシーなイメージで内外装をドレスアップした限定モデルで、販売台数は世界限定1000台。日本へは5台のみが導入される。
ホームへ戻る