トヨタの世界戦略車「ヴィッツ」一新、広さ、走り、クオリティ……すべての満足を目指す

2005.02.01 自動車ニュース

トヨタの世界戦略車「ヴィッツ」一新、広さ、走り、クオリティ……すべての満足を目指す

トヨタ自動車は、ワールドワイドな戦略車でもあるコンパクトカー「ヴィッツ」を6年ぶりにフルモデルチェンジし、2005年2月1日に発売した。


「6年で70万台を販売した初代より、さらに一段上のクオリティに仕上がった」と語る、トヨタ自動車の張富士夫社長。

■すべての人に誇りを

トヨタを代表するコンパクトカー「ヴィッツ」が、1999年1月のデビュー以来初のフルモデルチェンジを受けた。
欧州をはじめとする20カ国以上で販売された世界戦略車であり、国内では「カローラ」に次ぐ量販車種。初代プラットフォームは「プラッツ」や「イスト」「ファンカーゴ」など幅広く使われ、トヨタの小型セグメントを担う大黒柱として活躍した。

新型ヴィッツが目指したのは、「速さ、楽しさ、広さ、扱いやすさ、安全性、経済性」のすべてを満足させるコンパクト。小さい=安物という概念が過去のものとなり、ユーザーがクルマの価値を決める時代背景を鑑みて、小さくてリーズナブルでありながら、乗る人すべてが誇りに思えるクオリティを与えたとトヨタは主張する。




プラットフォームは新開発。エンジンは1リッター、1.3リッター、1.5リッターの3種類で、トランスミッションは、FFがCVT、4WDは4段ATが基本。スポーティグレード「RS」には、5段MTが設定される。

バリエーションは、1リッターモデルの「B」から、中核「F」、豪華装備の「U」、そして「RS」が従来と同じ。新たに、パワーに余裕を持たせた1.5リッターモデル「X」が加わり、全5グレード展開となった。
価格は、105.0万円から159.6万円まで。月の目標販売台数は1万台に設定する。




■“新コンパクトカーパッケージ”

エクステリアでは、躍動感と質感の追求が謳われる。塊感のあるハッチバックフォルムはまさしくヴィッツ。グリルを一体化したフロントバンパーが、力強いフロントマスクを形成する。ドアパネルをS字に湾曲させてサイドビューに陰影をつけ、ショルダーラインをリアに回り込ませてボリューム感を演出したという。

プラットフォームはもちろん新開発。広い室内と走行性能の向上を実現するため、ホイールベースとトレッドを拡大し、ボディサイズは全長×全幅×全高=3750×1695×1520mm(Fグレード、FF)、ホイールベースは2460mmとなった。先代と較べて幅は35mm広く、ほぼ5ナンバー枠いっぱい。全長は110mm、ホイールベースは90mm長い。




インテリアは、天井からAピラー、そしてアームレストが織りなす「ループスタイル」が広さを表現。細長いセンターコンソールとエアコンスイッチ、オプティトロンメーターを全車標準装備するなど、スポーティで上質なデザインを目指したという。

“新コンパクトカーパッケージ”により、前後席間距離は880mm(先代比+45mm)、フラットフロア(FF)による後席の足もとスペース拡大、リアドアの開口幅を70mm増やして乗降性を高めるなど、リアシートの居住性が高められた。

荷室容量は69リッター大きい274リッター(5名乗車、VDA方式)。後席スライド&チルトダウン機構を使えば、最大738リッター(2名乗車)に拡大できる。




■低燃費と走りを両立

エンジンは、1リッター直4(71ps、9.6kgm)「1KR-FE型」を新開発。可変バルブタイミング機構の採用などにより中低速トルクを高め、使い勝手と燃費の両立が謳われる。
1.3リッター、1.5リッターは先代からのキャリーオーバーだが、触媒やフリクション低減などにより、燃費や環境性能の向上が図られた。FF車のトランスミッションは、すべて「CVT-i」とし、スムーズな走りと燃費を両立したという。

燃費は、1リッターFFの10・15モードで22km/リッター。2005年4月発売予定の「インテリジェントパッケージ」は、新しい「トヨタ・インテリジェント・アイドリングストップシステム」を採用し、24.5km/リッターまで省燃費化を推し進めた。

サスペンションは、フロントがマクファーソンストラット、リアはトーションビーム式。形式は従来と同じだが、ジオメトリーの最適化、各部の剛性アップ、ダンパーの改良などを施した。タイヤは従来より、いずれも一回り大きいサイズを履く。




安全性が高まったことも、新型ヴィッツのポイント。「セルシオ」を想定したCar to Car衝突試験は、速度を従来より5km/h高めた55km/hで実施し、全方位でクリアしたという。
安全装備として、前席SRSエアバッグやEBD付きABSを全車標準装備する。

なお、福祉車両「ウェルキャブ」も同日発売。「助手席リフトアップシート車」と「助手席回転スライドシート車」に加え、足の不自由な方が手だけで運転できる手動運転補助装置の後付けに対応した「フレンドマチック取付用専用車」も用意する。

(webCGオオサワ)

トヨタ自動車「ヴィッツ」:
http://toyota.jp/vitz/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ヴィッツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • トヨタ・ヴィッツ1.3F(FF/CVT)【試乗記】 2014.6.12 試乗記 デビュー4年目を迎えた「トヨタ・ヴィッツ」が大幅にマイナーチェンジ。刷新された1.3リッターエンジンや25.0km/リッターの低燃費ばかりが注目を集めているが、それ以外にも見落とせない進化のポイントがあった。
  • トヨタ・ヴィッツRS“G's・スマートパッケージ”(FF/5MT)【試乗記】 2014.7.1 試乗記 マイナーチェンジされた「トヨタ・ヴィッツ」の中で、ひときわ異彩を放つスポーティーモデル「ヴィッツRS“G's”」。こだわりの専用パーツやチューニングで磨いたという、走りの質をリポートする。
  • シトロエン、「C4ピカソ」にディーゼルモデルを投入 2016.11.21 自動車ニュース プジョー・シトロエン・ジャポンは2016年11月21日、「シトロエンC4ピカソ」と「シトロエン・グランドC4ピカソ」に、一部内外装と装備の変更や、ディーゼルエンジン「BlueHDi」搭載モデルの追加などのマイナーチェンジを実施した。
  • ホンダ・フリード+ ハイブリッドEX(FF/7AT)【試乗記】 2016.11.24 試乗記 ホンダの小型ミニバン「フリード」シリーズが2代目にモデルチェンジ。ハイブリッドシステムの刷新と新プラットフォームの採用により、その走りはどう変わったのか? 2列シート車の「フリード+」に試乗し、進化のほどを確かめた。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
ホームへ戻る