欧州フォードのトップ「モンデオ」のスペシャルバージョン「ST220」上陸

2005.02.01 自動車ニュース

欧州フォードのトップ「モンデオ」のスペシャルバージョン「ST220」上陸

フォード・ジャパン・リミテッドは、ヨーロッパ・フォードの旗艦「モンデオ」ベースのハイパフォーマンスセダン「モンデオST220」の日本導入を、2005年1月31日に発表、3月1日に発売する。販売台数は20台で、価格は430.5万円。

■もうすぐSTシリーズ完成

「モンデオST220」は、2003年5月に一足先に投入された「フォーカスST170」に続く高性能シリーズ「ST(Sport Technologies)」のうちの1台。フォード・ジャパンは2005年上半期にスポーティ・コンパクトカー「フィエスタST」導入を予定しており、これでブルーオーヴァルのヨーロッパカーラインSTシリーズを完成させたい考えだ。

ヨーロッパでは2002年にリリースされたモンデオST220は、フォードの特殊車両開発部門「SVE」(2003年5月からは「フォード・チームRS」)が、ノーマル車のエンジン、サスペンション、ブレーキをチューンした「グランドツアラー」を標榜するスポーティモデルである。

パワーユニットは、「デュラテックST」こと3リッターV6。軽量化や吸排気効率の向上を図るなどし、最高出力226ps/6150rpm、最大トルク28.6kgm/4900rpmというアウトプットを得た。ノーマルの2.5リッターと比べると、それぞれ56psと6.2kgmのアップだ。ちなみにフォーカス同様、車名は馬力からとられた。

トランスミッションは、ゲトラク社との共同開発という6段マニュアルトランスミッション。パフォーマンスは、0-100km/h加速が7.1秒、最高速度は250km/hという。

四輪独立懸架のサスペンションは、前マクファーソンストラット、後4リンク。前後ともスプリングレートやダンパーの減衰力などを高性能チューニングしたものという。足もとには、225/40R18サイズのロープロファイルタイヤを履く。

四輪独立制御のABSは標準。加えて、前後ともに大型ブレーキ(前57mmのシングルポット・キャリパー+ベンチレーテッドディスク、後はソリッドディスク)を採用し、ストッピングパワーを強化した。

さらにトラクションコントロールやESP(エレクトロニック・スタビリティ・プログラム)も標準で与え、コーナリング時のスタビリティや操縦安定性の確保に努めている。

エクステリアは、ブラックメッシュのエアインテークホール、ブラックベースのプロジェクタータイプ・フロントフォグランプに加え、ブラックメッシュのフロントグリル、左右分割デュアルエキゾーストパイプなどでスポーティさをアピール。
インテリアもブラックで、装備面ではチルト&スライド電動サンルーフ、レカロ製8ウェイ・フルレザースポーツシート、インダッシュ6CDプレイヤーなどを採用した。

(webCG 有吉)

フォード・ジャパン・リミテッド「モンデオ」:
http://www.ford.co.jp/mondeo/

関連キーワード:
モンデオセダンフォード自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォード・モンデオST220(FF/6MT)【試乗記】 2006.7.7 試乗記 フォード・モンデオST220(FF/6MT)
    ……450.0万円

    2006年からカタログモデルとなった、「チームRS」が手がけたフォードのスポーティスペシャル「ST」シリーズ。ミドルサルーン「モンデオST220」は、派手さこそないが、随所にプロの業が感じられるクルマだった。


  • フォード・モンデオST220(6MT)【試乗速報】 2005.2.15 試乗記 フォード・モンデオST220(6MT)
    ……430.5万円

    ヨーロッパ・フォードの高性能シリーズ「ST」に新たなモデルが登場した。特殊車両開発部門「SVE」が開発したハイパフォーマンスセダン「モンデオST220」に、『webCG』本諏訪裕幸が試乗した。


  • アルファ・ロメオ・ジュリア ヴェローチェ(4WD/8AT)【試乗記】 2018.1.24 試乗記 いよいよ日本にも導入されたファン待望のスポーツセダン「アルファ・ロメオ・ジュリア」。そのラインナップのなかから、今回は280psを発生する「ヴェローチェ」の4WDに試乗。その走りの特徴を、アルファの4WDの歴史とともに紹介する。
  • 「ボルボV90クロスカントリー オーシャンレースエディション」限定発売 2018.4.19 自動車ニュース 「ボルボV90クロスカントリー」に、特別仕様車「オーシャンレースエディション」が登場。世界一周ヨットレース「ボルボ・オーシャンレース」をモチーフにした限定モデルで、日本では全15台がボルボ スタジオ青山のみで販売される。
  • 装備充実の2018年型「ランドローバー・ディスカバリー」受注開始 2018.4.3 自動車ニュース ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2018年4月2日、定員7人のフルサイズSUV「ランドローバー・ディスカバリー」の2018年モデルについて概要を発表。同日、受注を開始した。
ホームへ戻る