「フォード・モンデオV6 GHIA」がより豪華に

2005.02.01 自動車ニュース
 

「フォード・モンデオV6 GHIA」がより豪華に

フォード・ジャパン・リミテッドは、「モンデオ」の上級グレード「V6 GHIA」の装備を一部変更。内外装の質感を高め、2005年3月1日に発売する。



 

2005年のモンデオV6モデルは、セダン、ステーションワゴンとも、アルミホイールを16インチから17インチにサイズアップ。デザインは6本スポークからツイン9本スポークになり、外観がスポーティに演出された。

インテリアは、ステアリングホイールをウッドと本革のコンビに、シフトノブにもウッドアクセントを加えて質感を向上。シートは、運転席に加え助手席にも8ウェイパワーシートを採用した。



 

価格は、セダン、ワゴンとも従来より9万4500円アップ。「モンデオセダンV6 GHIA」が361万2000円、「モンデオワゴンV6 GHIA」は376万9500円。なお、全国のフォードディーラーでは、3月12日〜13日に店頭展示会を開催する。

(webCGオオサワ)

フォード・ジャパン「モンデオ」:
http://ford.co.jp/mondeo/

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

モンデオセダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スズキ、「バレーノ」に装備充実の「XS」グレードを設定 2016.11.17 自動車ニュース スズキは2016年11月17日、小型乗用車「バレーノ」に新グレード「XS」を設定し、販売を開始した。エクステリアにディスチャージヘッドランプやアルミホイール、室内装備にはフルオートエアコン、助手席シートヒーターなどが採用されている。
  • 「スズキ・イグニス」にSUVらしさを強調した特別仕様車 2016.11.16 自動車ニュース 「スズキ・イグニス」に特別仕様車「Fリミテッド」が登場。「ハイブリッドMZ」をベースによりSUVテイストを強調する内外装を採用したもので、汚れを拭き取りやすいレザー調表皮のシートや、防汚タイプのラゲッジフロアなども装備している。
  • フォード・クーガ タイタニアム(4WD/6AT)【試乗記】 2015.9.7 試乗記 エンジンのラインナップを見直して、2リッターと1.5リッターの2本立てとなったフォードのミドルサイズSUV「クーガ」。今回は、従来の1.6リッターより60psも強化された2リッターエンジン搭載車「タイアニアム」に試乗し、その実用性能を探った。
  • ルノー・メガーヌ エステートGT220(FF/6MT)【試乗記】 2013.6.9 試乗記 レーシングカーの開発を手がけるルノースポールがチューンした、ルノーのワゴン「メガーヌ エステートGT220」に試乗。その走りやいかに?
  • フォード・モンデオセダン V6ギア(5AT)【試乗記】 2002.6.21 試乗記 フォード・モンデオセダン V6ギア(5AT)
    ……323.0万円

    「ジャガーXタイプとプラットフォームを共用する」といった、モデル政策上のニュースが先走った感のあるフォード・モンデオ。しかしドライブすると、Xタイプとはまた違ったクルマに仕上がっていた。webCGエグゼクティブディレクターが報告する。


ホームへ戻る