第189回:「ダイハツ・ミラ ジーノ」試乗 MINIの“様式美の強さ”に驚きます

2005.01.31 エッセイ

第189回:「ダイハツ・ミラ ジーノ」試乗 MINIの“様式美の強さ”に驚きます

ミラ ジーノ」、ウケがよさそうな顔してます。
第189回:「ダイハツ・ミラ ジーノ」試乗 MINIの“様式美の強さ”に驚きます

第189回:「ダイハツ・ミラ ジーノ」試乗 MINIの“様式美の強さ”に驚きます

■進化した“なんちゃって”

「スバルR1」に続いて軽自動車ネタを。
2004 年末、「ダイハツ・ミラジーノ」の試乗に行ってまいりました。ミラにクラシカルな外観を与えたクルマで、その日本車的な完成度の高さに驚かされたんだけど、同時にミニの偉大さをつくづく実感しましたね。そう、「MINI」というクルマが生み出したデザイン・アイデンティティというか、ひとつの“クルマ様式美”の強さを。

ジーノは声高に主張しないけど、明らかにイギリスのコンパクトカー、初代MINIを参考にしている。俺はもはや、メッキグリルやメッキミラーを付けた“なんちゃってミニ”なんて、ほぼ需要なくなったと思ってたんだけど、そんなことは全然ない。需要があるどころか、逆に進化しているみたいね。

室内の広さや、豊富な小物入れなど、便利なトコロはミラ譲り。
第189回:「ダイハツ・ミラ ジーノ」試乗 MINIの“様式美の強さ”に驚きます
新しいムーヴから、ダイハツ軽のドアはほぼ90度開くようになった。ジーノもしかり、凄いね。
第189回:「ダイハツ・ミラ ジーノ」試乗 MINIの“様式美の強さ”に驚きます

■手軽にオシャレ

というのもミラジーノ、MINI風の軽自動車としては、初めて(?)エクステリア・デザインがフルオリジナルになってるのが最大のウリなのだ。ブームの火付け役ともいえる、1995年の「スバル・ヴィヴィオ ビストロ」にしろ、初代ミラジーノにしろ、せいぜいフロントマスクに大型メッキグリルが付き、各種メッキパーツが付いただけ。

一方、2代目ジーノはグリルはもちろん、フェンダー、ボンネット、リアパネルとすべてのアウターパネルがオリジナルデザイン。“ミニ風の軽”が生まれてはや10年、やっと本気モデルが登場したのだ。その点が一番評価できます。パチパチのパチ!
なかでも巧妙なのがリアのクォーターピラー。かなりナナメに寝かせてスタイリッシュになってるけど、良く見ると後部座席の頭まわりだけが膨らんでおり、居住性は十二分。この点、スタイルに振り切ったスバルR1やR2とは方向性が異なっており、見事、スタイルと実用性を両立させているのだ。

トランクもわりと広い。
第189回:「ダイハツ・ミラ ジーノ」試乗 MINIの“様式美の強さ”に驚きます

第189回:「ダイハツ・ミラ ジーノ」試乗 MINIの“様式美の強さ”に驚きます

一方、走りはまあまあ。足回りは若干硬めだが乗り心地良好で、ステアリングの剛性感もそこそこなんだけど、ミラ譲りのほぼ90度開くドアや、低いフロアにより、利便性はバツグン。正直、俺だったらR1かR2買っちゃうけど、コッチを買う現実派のが多いんではあるまいか。それは便利さもそうだけど、なによりそのミニ譲りのスタイルがポイント。老若男女、ほとんどの世代に手軽にカッコよさと高級感を与えてくれる気がする。

最近じゃ、本物の英国製MINIみて、「あー、マネしてる〜」とかいうジーノオーナーもいるとかいないとか。俺もBMW製の「MINIコンバーチブル」買ったし、このカタチ、つくづく日本に浸透し切っちゃってるみたいですねぇ。

(文と写真=小沢コージ/2005年2月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』