第60回:枯れゆくブナの山、檜洞丸(その9)(矢貫隆)

2005.01.29 エッセイ

第60回:枯れゆくブナの山、檜洞丸(その9)(矢貫隆)

■自動車が酸性雨を降らせている

硫黄酸化物の排出量がピークに達したのは1970年代の中頃だった。日本の各地で公害が問題になった時代である。

この頃の出来事について、人々の記憶に残るのは「交通戦争」という言葉であり「モータリゼーション」という言葉なのだろうと思う。
だが公害もまた、この時代に顕在化してきた出来事だった。「高度成長」の名のもとに見過ごしにされてきた大気汚染に代表される様々な公害が一気に表面化してきたのである。

この時代、大気汚染と言えば、その原因物質の多くは工場の煙突から排出される硫黄酸化物だった。光化学スモッグが発生し、公害メーデーなど大規模な公害反対運動が巻き起こり、総理府の世論調査では「工場すべての排出物を厳しく規制する」という考え方に対し90%の人が賛成していた。

1970年11月に開催された第64回臨時国会は、いくつもの公害関連法案が集中的に審議されたところから「公害国会」とも呼ばれたのである。新たに「環境庁」が設置されたのは、翌年のことであり、時代を象徴するように、映画『ゴジラ』シリーズには、公害怪獣「ヘドラ」が出現した。

こうして一連の流れを振り返ってみると、檜洞丸のブナの森が、1980年代に入っていっせいに成長阻害を受けたとの先の報告は、硫黄酸化物による大気汚染が原因だったと考えれば説明がつく。

今はどうか?
硫黄酸化物の総排出量は1970年を境に激減し、今も減り続けている。公害対策が講じられ、脱硫装置を用いることによって大気中に放出される硫黄酸化物の量はピーク時の4分の1にまで減ってきた。

にもかかわらず、大気の汚染は止まることなく、pH4.8前後の“欧米並み”の酸性雨が今も降り続いているのはなぜか。

硫黄酸化物に代わり、大量の窒素酸化物が大気中に放出されるようになったからなのである。現在、窒素酸化物の総排出量は硫黄酸化物の総排出量の約3倍。そのうちの約半分が自動車から排出されているのだ。

「自動車が酸性雨を降らせている」---これは決して大袈裟な表現とは言えないだろう。

「クルマで登山、やめましょうか!?」
そうだな、A君。(つづく)

(文=矢貫隆/2005年1月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

矢貫 隆

矢貫 隆

1951年生まれ。長距離トラック運転手、タクシードライバーなど、 多数の職業を経て、ノンフィクションライターに。 自動車専門誌「NAVI」(二玄社)に「交通事件シリーズ」(終了)、 同「CAR GRAPHIC」(二玄社)に「自動車の罪」「ノンフィクションファイル」などを手がける。 「自殺-生き残りの証言」(文春文庫)、「通信簿はオール1」(洋泉社)など、著書多数。