日産フェアレディZ 35th Anniversary(6MT)【試乗記】

いつも心に筑波の2ヘアを 2005.01.28 試乗記 日産フェアレディZ 35th Anniversary(6MT)……388.5万円1969年に販売が開始され、35周年を迎えたフェアレディZ。2005年2月末までの限定販売となるアニバーサリーモデルに、筑波サーキットで『NAVI』編集委員鈴木真人が試乗した。
ブラックシートに加え、シートメイン部にタン色の本革を配した2トーンのシートも選べる。



わざわざサーキットを借りたわけ

北米では「350Z」として販売されているわけだし、搭載するエンジンはVQ35DEである。「35」という数字は「フェアレディZ」にとって大きな意味を持っている、ということで、35周年記念車の登場となった。

試乗会は筑波サーキットを貸し切りにして行われた。CPS(チーフ・プロダクト・スペシャリスト)の湯川伸次郎さん、“名工”テストドライバーの加藤博義さんの姿も見える。Zは日産復活の象徴的存在でもあるし、さすがに力の入れようが違うぞ……ということも確かに事実なのだが、サーキットを使ったのにはもうひとつ理由があった。

アニバーサリーモデルとはいっても、外観が大きく異なるわけではない。新形状の18インチアルミホイールが採用され、エンブレムが特別なもの(リングの色がビミョーに違う)に替えられるだけである。最も大きな変更点は、エンジンに加えられたものなのだ。しかも、北米モデルでは300psというわかりやすい指標が与えられたものの、日本では諸般の事情でピークパワーは従来の280psに抑えられたままである。数字の上では、レブリミットが6600rpmから7000rpmへと、400回転上げられただけということになる。まことに地味というかマニアックな改良で、一般公道ではなかなか違いがわかりにくいだろうとの配慮で、筑波が選ばれたのだ。

マックスパワーの発生する回転数は、ノーマルより200rpm上の6400rpm。最大出力はノーマルのより1.3kgm下がって35.7kgmとなった。

【スペック】
全長×全幅×全高=4310×1815×1315mm/ホイールベース=2650mm/車重=1450kg/駆動方式=FR/3.5リッターV6DOHC24バルブ(280ps/6400rpm、35.7kgm/4800rpm)/価格=388.5万円(テスト車=同じ)

ボルトもスペシャル

わずか400回転、と思ってはいけない。なにしろ、3.5リッターというデカい図体だから、耐久性を犠牲にしないことを前提にして400回転余計に回すのは大ゴトなのだ。いちばん大きな変更点は、e-VTC(電磁式バルブタイミングコントロール)をエグゾースト側に採用したことである。これにより、吸気側だけの制御に比べ、低回転から高回転までの出力特性をよりスムーズに移行させることができるというわけだ。

そのほかの変更点は、カム動作角拡大、インテークマニフォールド形状変更、ピストンリング張力アップ、コンロッドボルト変更、クランクシャフト油圧経路変更というもの。ディーラーのセールストークでは使えそうにないものばかりだ。しかし、Zファンたるもの、メカニズムのディテールに凝るのが正しい態度であろう。

ノーマルモデルと一緒に走っているのを見ていると、エグゾーストノートがいくぶん高い音質になっているように思われた。マフラーは替えられていないので、高回転まで伸びることによってもたらされたものと考えられる。スポーツカーにとっては、大切な要素である。

6スポークのアルミホイールに替えて、立体感のあるデザインの5スポークが採用された。4本で6.4kg軽量化されているだけでなく、リアのリム幅が8.0JJから8.5JJに拡大されている。



2速100km/hの快感

走行前の説明では、筑波サーキットを走る上での400回転のメリットが図解で示された。ダンロップコーナーを抜けて3速全開で第2ヘアピンに向かうと、ノーマルモデルではどうしても一瞬4速にシフトアップすることになる。それが、レッドゾーンに入るギリギリのところまで粘ることができるので、リズムを崩すことなくコーナーをクリアできるというのだ。

実際走ってみると、全開で加速していくかぎり、400回転の差というのは結構大きく感じられる。アクセルを踏み込んでどこまでも回転が上がっていく感覚は、クルマを走らせる快感に大きく寄与しているのだ。2速で100km/hに達してしまい、メインストレートが短く思えてしまった。

もちろん、そんな性能を公道で発揮するのは困難だろう。400回転のメリットを感じるのは、ごくたまのことで、そしてほんの一瞬だ。しかし、スポーツカーを構成しているのは、そういう一瞬の快感との遭遇、あるいは予感なのだ。ノーマルモデル(Version ST)の10万5000円増しというのは、なかなかにお得な設定なのではないか。筑波を走らなくとも、気分を味わうことはできる。5スポークのアルミホイールとオプションの2トーンシートを得られるだけでも、かなり魅力的だと思う。

(文=NAVI鈴木真人/写真=河野敦樹/2005年1月)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フェアレディZの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 日産フェアレディZ バージョンST/フェアレディZロードスター バージョンST【試乗記】 2012.9.5 試乗記 日産フェアレディZ バージョンST(FR/6MT)/フェアレディZロードスター バージョンST(FR/7AT)
    ……490万1400円/568万8900円

    日産のFRスポーツ「フェアレディZ」がマイナーチェンジを受け、よりスポーティーな装いになった。クーペのMTとロードスターのATを駆ってその走りを試した。
  • マツダが「ロードスターRF」の予約受け付けを開始 2016.11.10 自動車ニュース マツダがリトラクタブルハードトップのスポーツモデル「ロードスターRF」の予約受け付けを開始した。ルーフの開閉は、ロックの解除も含めボタンひとつで操作可能。ロードスターとしては日本初導入の2リッターエンジンも特徴となっている。
  • メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ(4WD/7AT)【試乗記】 2016.11.28 試乗記 メルセデス・ベンツのトップエンドモデルに、44年ぶりとなる「カブリオレ」が復活。ぜいたくなオープン4シーターが実現する世界とは……? パワフルな5.5リッターV8ツインターボを積む「メルセデスAMG S63 4MATICカブリオレ」で確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF VSプロトタイプ(FR/6AT)【試乗記】 2016.11.19 試乗記 「マツダ・ロードスター」に、スイッチひとつでルーフが開閉する電動ハードトップモデル「RF」が追加された。開発者のこだわりがつまったリトラクタブルハードトップの出来栄えと、ソフトトップ車とは一味違う走りをリポートする。
  • トヨタC-HR【開発者インタビュー】 2016.11.15 試乗記 東京モーターショー2015で国内初披露されてから1年。間もなくトヨタの新型クロスオーバーモデル「C-HR」が発売される。その開発のポイントはどこにあるのか、同車の開発に関わったキーマン3人に話を聞いた。
ホームへ戻る