モデル末期の「キャデラック・ドゥビル」にヤナセ仕様の限定車

2005.01.28 自動車ニュース

モデル末期の「キャデラック・ドゥビル」にヤナセ仕様の限定車

米ゼネラルモーターズの輸入代理店であるヤナセは、キャデラックブランドの上級セダン「ドゥビル」の特別仕様車を、2005年2月5日から30台限定で販売する。

1915年の創業当時よりキャデラックブランドを扱うヤナセが、今回90周年を記念して販売するモデルが「キャデラック・ドゥビルDHSアニバーサリーエディション」だ。

ベース車は4.6リッターV8エンジンを搭載する「ドゥビルDHS」。主な特別装備は、クロームグリルやディッシュタイプのクロームアルミホイール、ウッドダッシュパネルなど。オールドキャデラックをイメージしたという外装と、豪華な内装に仕上げたのがポイントだ。

さらに購入の際に、歴代キャデラックエンブレムのピンバッジもプレゼントされる。

およそ50万円相当という装備を与えながらも、価格はベース車より10.0万円高い835.0万円に設定された。
ヤナセ系のディーラーでのみ扱われ、30台の限定販売となる。

なお間もなくドゥビルは、先のアメリカ大統領就任式で大統領専用リムジンとしてデビューした新型「DTS」に、キャデラックのトップの座を明け渡すことになる。

(webCG 本諏訪)

ヤナセ:
http://www.yanase.co.jp/

モデル末期の「キャデラック・ドゥビル」にヤナセ仕様の限定車の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • キャデラックCTS-Vセダン スペックB(FR/8AT)【試乗記】 2016.7.23 試乗記 “コルベットの心臓”を持つキャデラックのハイパフォーマンスセダン「CTS-V」。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmを発生するV8ユニットに目を奪われがちだが、実際の走りはどうなのか? パワーだけにとどまらない同車の魅力を紹介する。
  • キャデラック・エスカレード プラチナム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.8.11 試乗記 キャデラックが誇るフルサイズSUV「エスカレード」が、パワートレインの変更を伴う大幅な改良を受けた。新たに8段ATを得たプレミアムSUVの走りは、どう進化を遂げたのか? 日欧のハイエンドモデルに比肩する、その出来栄えをリポートする。
  • キャデラックCTS-Vセダン(FR/8AT)【海外試乗記】 2016.3.3 試乗記 ライバルを凌駕(りょうが)する出来栄えに脱帽。過給機付き6.2リッターV8エンジンを搭載した「キャデラックCTS-V」にロサンゼルスで試乗。最高出力649ps、最大トルク87.2kgmという怪力を誇る、高性能スポーツセダンの実力を試す。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICクーペ スポーツ(4WD/9AT)【試乗記】 2017.8.3 試乗記 スリーポインテッドスターにとって最新の2ドアモデルである、新型「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」。代々受け継がれてきた伝統のピラーレスハードトップがもたらす開放感に浸りながら、メルセデス自慢の先進装備の出来栄えを試した。
  • キャデラックATS/CTS/CT6【試乗記】 2017.4.17 試乗記 キャデラックのセダンを乗り継いで、都内と群馬県を往復するツアーに参加。オールラインナップに一気乗りしたことでわかった、今のキャデラックセダンの実力とは? そしていまだ三分咲きの桜を眺め、リポーターは何を思う?
ホームへ戻る