「スバル・フォレスター」、細かに改良

2005.01.28 自動車ニュース

「スバル・フォレスター」、細かに改良

富士重工業は、スバルのクロスオーバーSUVこと「フォレスター」に改良を施し、2005年1月27日に発売した。内外装の変更に加え、シャシーやエンジンなど各所に手が入れられた。

まずは外観。フロントバンパーの張り出しをおさえ、ボンネットとの一体感を強調。大型グリルと相まって、“SUV然”とした顔つきとなった。
さらに、リアゲートガーニッシュのサイズを拡大するとともに光輝モールを追加するなどした。

車内においては、トリムの変更と、使い勝手を向上するアイテムの採用。シートに撥水加工を施したほか、荷室に傷や汚れに強いというハードマット&リアシートバックハードマットを配した。
さらに、12V電源ソケットも付くマルチセンターコンソールや、保冷機能付きマルチボックス、ハードディスクナビゲーション、ランバーサポート付き運転席8ウェイシートなどを採用した。

エンジンでは、2リッター水平対向4気筒SOHCユニットを等長等爆エキゾーストシステム付きとし、吸排気効率を高め、実用域の加速性能を向上。市街地などでの出足のよさや軽快感を重視した特性とした。
一方、2リッターDOHCターボエンジンには、大型のエンジンカバーを採用し、エンジンルーム内の質感を高めるとともにエンジン音低減を図るなどした。

シャシー面では、リアクロスメンバーを補強しリアサスペンション取り付け部分の剛性を強化。サスペンションでは、リバウンドスプリングを内蔵したフロントダンパーやフロントサブフレームの採用に加え、フロントのジオメトリーを変更することにより、ピッチングやロールの抑制を狙った。

価格は、SOHCユニット搭載車が197万4000円(5MT)から232万500円(4AT)まで、DOHCターボモデルは、235万2000円(5MT)と242万5500円(4AT)。なお同車ベースの福祉車両「フォレスター・トランスケアウイングシートリフトタイプ」も同時にリリースした。

(webCG 有吉)

「スバル・フォレスター」:
http://www.subaru.co.jp/forester/

「スバル・フォレスター」、細かに改良の画像

撥水加工したシート(イメージ)

撥水加工したシート(イメージ)

保冷機能&イルミネーション付きマルチボックス

保冷機能&イルミネーション付きマルチボックス



「スバル・フォレスター」、細かに改良の画像
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】
    2017.7.17 試乗記 新型へとフルモデルチェンジした「スバルXV」。新開発の2リッターエンジンを搭載した最上級グレード「2.0i-S EyeSight」に試乗し、スバルの人気クロスオーバーの実力と、従来モデルからの進化のほどを確かめた。
  • スバルXVハイブリッド 2.0i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2015.12.14 試乗記 足まわりの改良、燃費の改善、安全装備や運転支援システムの強化と、2012年のデビュー以来、度重なる改良を通して進化を遂げてきた「スバルXV」。ハイブリッドシステムを搭載した上級グレードの試乗を通し、今日におけるその実力を測った。
  • スバルXV【開発者インタビュー】 2017.4.27 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能に至るまで、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。新型に込めた思いを、開発を率いたスバルの井上正彦プロジェクト ジェネラル マネージャーに聞いた。
  • スバルXV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.6.27 試乗記 デザイン、走破性能、そして安全性能と、全方位的な進化を遂げた「スバルXV」。優れたコストパフォーマンスが自慢の1.6リッターモデルを加えた新型は、ヒットの予感に満ちている。装備充実のグレード「1.6i-L EyeSight」に試乗した。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
ホームへ戻る