【スペック】全長×全幅×全高=4435×1770×1340mm/ホイールベース=2700mm/車重=1310kg/駆動方式=FR/水冷式直列654cc×2ローター(250ps/8500rpm、22.0kgm/5500rpm)/価格=315万円(テスト車=同じ)

マツダRX-8スポーツ・プレステージ・リミテッド TypeS(6MT)【試乗記】

プチゴージャスで、よく回る 2005.01.27 試乗記 マツダRX-8スポーツ・プレステージ・リミテッド TypeS(6MT)……315万円マツダのロータリースポーツ「RX-8」にドレスアップを施した特別仕様車「スポーツ・プレステージ・リミテッド」。発売当初以来の試乗となる『NAVI』編集部員の塩見智には、ある不安があった。

好印象

ロータリーといえば、「RX-7」に搭載されていた13Bターボと日立のエアコンくらいしか体験したことのない中途半端な若さの僕が、初めて「RX-8」に乗ったのは2003年4月の登場直後。同じ13Bながら、マツダがRENESISと呼ぶ新世代のNAロータリーエンジンが、シュルシュルと独特の音を伴いどこまでも回ろうとするので、「どこまでまわんねん!」とエンジンにツッコミを入れたのを覚えている。
その後、マツダのRE工場を見学した時、数値は忘れたが、エンジンの軽さをアピールする表示を見て驚いた。さらに、再び乗る機会があり、いくつかコーナーを抜けて感じたその鼻先の軽さに、工場で見たあの表示は嘘じゃないと確信したことも、さっき思い出した。
つまりRX-8にはいい印象しかない。僕ごときの印象はどうでもいいが、当時、評論家のセンセーたちも総じて高い評価を与えていた。

ある心配を胸に試乗

しかし、しばらく乗っていなかった最近はこう思っていた。RX-8が登場したのは、平成12年排ガス規制の猶予期間終了(02年8月末)に伴って、「トヨタ・スープラ」「日産スカイラインGT-R」「日産シルビア」「マツダRX-7」など、国産スポーティモデルが次々と消滅し、国産車派が「もう俺たちにはミニバンしかないのか……」と悲しみに暮れていた頃。久々のスポーツカー出現に僕らの評価のハードルは自然と少し低くなっていたんじゃないか……。

そういう心配を胸に、久々にRX-8と接した。今回乗ったのは、限定モデルのスポーツ・プレステージ・リミテッド。見た目の最大の特徴は、ベージュの専用本革シート(電動パワーシート)。試乗したチタニウムグレーメタリックIIのボディカラーだと黒いシートの方がいいと感じたが、あとで見た専用色のラディアントエボニーマイカ(茶色がかった濃いワインレッド)との組み合わせはかなりマル。

シートだけでなく、ステアリングホイール、パーキングブレーキレバー、前後コンソールボックスリッドなど、あらゆるところが革仕様。カタログに登場する金髪のお姉さんまで全身レザーのいでたちだ。お姉さんはオプション設定にもないので、自分で調達してほしい。
大人っぽい室内に呼応するように、外観も、ヘッドランプとリアコンビランプがセミグロスメッキで縁取りされ、シルエットを崩さない程度の控えめなリアスポイラーも装着される。また、アルミホイールが高輝度塗装されるなど、よく見るとちょい違う、『LEON』オヤジのようなドレスアップが施されている。


その心配、見事に吹き飛ぶ

内外装のチェックを終え、いよいよ試乗。セルを回すと、一瞬でエンジンスタート。初期のRX-8はセルのキュルキュルタイムが長く、ドライバーを不安にさせた。待っていれば必ずかかるのだが、心地いいものではなかった。いつの間にか改善されている。
しばらく乗って、人間の第一印象が結構正しいことを実感。やっぱりいいのだ、RX-8。エンジンは、相変わらずアクセルペダルを踏み続ける限りどこまでも回りたがる。8500rpmでピーと警告音が鳴るが、リミッターは作動せず。踏み続けるとメーター読みで9500rpm付近まで回る。ホントはこの時点でもリミッターは作動していなかったが、怖くなって“自分リミッター”作動。カタログ上の最高出力発生回転は8500rpmだが、9000rpmを超えてもパワー感は衰えない。ただ何年も大事に乗りたい乗りたいオーナーの皆さんは“ピー”までにしておくべきかも。

乗り心地は第一印象よりさらによかった。舗装の変化や道路の継ぎ目といった小さな入力があった場合、ストロークたっぷりのサスペンションによって不快な振動や衝撃が取り除かれ、路面の変化だけを伝える。ただこれは印象の変化ではなく、限定モデルは、サスペンションクロスメンバーに発泡ウレタンを注入したり、ダンパーのロッド径を太くするなどして剛性アップを図っているほか、今回RX-8全モデルのボディ各所に、プレート追加やスポット増しなどが施されたため、乗り心地は実際に改善されているのだろう。

RX-8は僕らを待ってくれている

RX-8には、よりスパルタンなチューンのマツダスピードバージョンもあるが、スポーツ・プレステージ・リミテッドは、コンフォート系もしくはプチゴージャス系。より大人っぽいバージョンで、価格はベース車比25.2万円高(TypeS)。特別装備やボディ剛性アップなどは、いずれカタログモデルへも拡大採用されるはず。つまりRX-8はRX-7同様、年々進化し、「いつかは俺も」というユーザー予備軍を待っていてくれるありがたい存在でいてくれるのだろう。しかもエイトなら4ドアだから先に結婚して子供ができちゃっても大丈夫。さあ今日からエイト貯金開始!

(文=NAVI塩見智/写真=荒川正幸/2005年1月)

関連記事
  • マツダRX-8 SPIRIT R(FR/6MT)【試乗記】 2012.5.1 試乗記 マツダRX-8 SPIRIT R(FR/6MT)
    ……325万円

    2012年6月に生産中止される「RX-8」。最後の特別仕様車「SPIRIT R(スピリットアール)」に乗り、RX-8の、そしてロータリーエンジンの来し方に思いをめぐらせた。
  • マツダRX-8 タイプS(FR/6MT)【試乗記】 2012.1.17 試乗記 マツダRX-8 タイプS(FR/6MT)
    ……327万750円

    「RX-8」の生産を2012年6月で終了すると、マツダが発表したのは昨年秋のこと。ロータリースポーツの到達点を記憶するために、最後の「タイプS」で箱根を目指した。
  • マツダRX-8 Type S(FR/6MT)【ブリーフテスト】 2008.6.19 試乗記 ……327万750円
    総合評価……★★★

    2008年3月に大がかりなマイナーチェンジをうけ、生まれ変わった「RX-8」。外観のみならず、中身にも大幅に手が入った新型に試乗した。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • マツダ、「RX-8」最後の特別仕様車を増産 2012.4.26 自動車ニュース マツダは2012年4月26日、2011年11月に発売した「マツダ RX-8」の特別仕様車「SPIRIT R」を、当初予定していた1000台に加え、さらに1000台を追加生産すると発表した。
  • 最高出力460psの限定車「BMW M4 CS」発売 2017.5.10 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月10日、上海モーターショーでデビューした高性能モデル「BMW M4 CS」の日本導入を発表。同日、60台限定で受注を開始した。納車時期は、同年の秋以降になる見込み。
  • BMW、「M3」と「M4」をマイナーチェンジ 2017.5.9 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月9日、「M3」と「M4」のマイナーチェンジモデルを発表し、同日発売した。また今回の一部改良に合わせて、走行性能を高めた仕様「M3コンペティション」と「M4コンペティション」を追加設定した。
  • 第501回:あなたの愛車も文化遺産に!?
    ドイツでヒストリックカーに“モテ期”到来!
    2017.5.12 マッキナ あらモーダ! 「ポルシェ911カレラ2.7RS」が1億円!? ヒストリックカーの価格が高騰するドイツでは、良質な旧車を文化遺産として保護するためのシステムも存在する。今週は、そんな“Hナンバー”に関する話題をお届けしよう。
ホームへ戻る